狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

メア発言は正論だが、何か

2011-03-09 09:10:46 | ★メア発言

人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへ。

三日連続で沖縄のメディアは「集団発狂」したようだ。

今朝の沖縄タイムスは1、2,3、27、28各面のトップを「メア発言」への抗議の記事が占め、それだけでは足らず、社説やコラムまで動員するという念の入れようである。

いかにも発狂したことを示すような、コラム「金口木舌」の冒頭が爆笑を誘ってくれる。

「怒り、憤り、いら立ち、失望、あきれ、嫌悪・・・。 県民を馬鹿にしたメア発言。・・・」(沖縄タイムス・大弦小弦)

紙面に大田昌秀元県知事を筆頭におなじみの左翼識者が怒りに油を注いでいる。

 

メア発言が誇張して伝えられているとはいえ、問題の本質を鋭く突いており、「ゆすり云々」の同じような意見はネット上では特に珍しい意見でもない。

多くの沖縄の良識ある県民を含む、かなりの数の多くの国民心の中では「ゆすり云々」と似た感情を持っていることは事実である。

だが沖縄戦による「沖縄への負い目」が口を硬くし、だれも沖縄問題の本質を表立って語らなかっただけの話である。

それをメア氏がザックリと指摘しただけであり、それが何か・・・というところである。

 筆者は「沖縄の新聞だけで沖縄を理解しようとすると大きな誤解に陥る」とこれまで何度も書いてきた。  例えば雑誌『WILL』(2010年11月11月増刊号)では、タイトルもズバリ「沖縄の新聞で県民の民意はわからない」としたくらいだ。

今回の「メア発言」に対する沖縄2紙の狂乱振りを見ると、まさに沖縄の新聞のみで沖縄を理解しようとする人は大きな誤解の陥穽に落ち込むことになる。 

今回の場合、大きな誤解とは何か。

「沖縄中が島ぐるみでメア発言に怒り狂って抗議のこぶしを突き上げている」という誤解である。

沖縄紙がメア騒動に火を点けて全国紙に飛び火をし始めた8日、メア氏の直属の上司であるキャンベル国務次官補が来日し早速部下の発言を謝罪いさせられた。

米国務省日本部長「沖縄はゆすり名人」発言問題 キャンベル国務次官補「極めて遺憾」
lアメリカ国務省のケビン・メア日本部長が、沖縄県民は「ごまかしとゆすりの名人」などと発言したとされる問題に対し、キャンベル国務次官補は8日、「極めて遺憾」と述べた。
キャンベル国務次官補は「(今回の事態は)残念なことで、深く失望している。報道は正確でなく、政府の立場を反映したものでないことを強調したい」と述べた。
メア日本部長は8日、キャンベル次官補とともに日本を訪れ、日米高官協議に出席する予定だったが、今回の事態を受け、急きょ出張をキャンセルした。
一方、問題となったメア日本部長の講義を聞いていた生徒は、FNNの取材に対し、「発言を聞いてショックを受けた」と話した。
トリ・ミヤギさんは「アメリカの外交官が、同盟国を『ゆすり』や『怠惰』という言葉で表現したことに衝撃を受けた」と語った。
一方、メア日本部長はFNNの取材に対し、自らの発言とされる内容について「正確でもないし、完全でもない」と否定している。
(03/09 06:19)

メア氏の沖縄に関する発言は、佐野眞一氏がいうところの「大文字言葉」でこびるのではなく「小文字言葉」で本音を直言することで沖縄在任中からしばしば沖縄左翼とバトルとんり新聞種となっていた。 だが、そのたびごとにメア氏の理詰めの反論に左翼の批判は粉砕され、感情的に「差別だ」とか「沖縄人を馬鹿にしている」といった常套句を叫ぶ以外に抗する手段は無かった。

それが今頃米国高官が日米同盟の信頼感の再構築のため来日するのを見計らったように、大騒動が起きたのはたのは何故か。

問題の「メア発言」は実はキャンベル氏来日の3ヶ月以上も前になされていた。

それがキャンベル氏の来日を狙い撃ちするように3月7日になって沖縄紙が大騒ぎしたのは何故か。

普通では問題にもならないネタを、入手した沖縄紙が発表の機会をねらって懐に暖めていた。 それを米高官の来日に照準を合わせて、「さも重大問題のように大騒ぎした」。

これは石原正光さんの御指摘だが、おそらくその通りだと思う。

その点で言えば沖縄紙の作戦は一応成功したことになる。

 

米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、首都ワシントンのアメリカン大の学生ら14人に対し、彼らが東京と沖縄へ約2週間の研修旅行に出発する直前の昨年12月3日、大学側の要請で行われた。

メア氏は沖縄在任中と同じ歯に衣着せぬ何時もの調子で沖縄の問題を直言したつもりだったが、メア氏にとって不幸だったのは、聴講した米大学生のなかに沖縄出身の四世の学生がいたことである。

「沖縄差別」のDNAを受け継ぐミヤギという学生は、メア氏の率直な「小文字言葉」による問題指摘に敏感に反応し、」「人種差別的発言と感じた」などと話している。 報道のなかには「黄色人種に対する白人の差別意識の現われ云々」といった極端なものまであるが、ちなみにメア氏の奥さん旧姓奥平という日本人であり、三人の子持ちでもある。 沖縄紙の報道を真に受ければメア氏は己が差別する黄色人種を妻にして、愛する子供たちにまで差別すべき黄色人種の血を入れたことになる。 差別意識の被害妄想もここまでくると、病膏肓に至るで、爆笑する以外になすすべを知らない。

メア氏の講義の録音は無く、専ら学生の講義録を沖縄紙が翻訳したものを根拠に大騒ぎしているが、沖縄タイムスの訳文を見ても表現に多少の誇張をあるが、言っていることは沖縄問題の本質を語っており、むしろ日本の大学でも講義してほしいくらいの内容である。

ただ惜しむらくは「沖縄人は・・・・」という箇所を「沖縄のプロ市民は・・・」と、誤解の無いように強調すべきであった。

メア氏が語った沖縄問題の核心を赤裸々に実名を挙げて、詳述した告発の本がある。

森屋武昌元防衛事務次官著の『「普天間」交渉秘録」』である。

「普天間」交渉秘録
守屋 武昌
新潮社

長きに渡り沖縄問題に関わってきた森屋氏の告白によると、ゆすりたかりは沖縄左翼に止まらず保守系政治家も根っこでは沖縄二紙と繋がっており、ゆすりたかりに加わっているというから驚きである。

沖縄紙もメア氏の「正論」に馬鹿騒ぎする暇があれば守屋氏の告白でも取り上げて大騒ぎすべきだが、沖縄紙は何時もの通り、同書に関してては完全黙殺を貫いている。

メア発言に関しては目下のところ、専ら沖縄タイムスの訳文に拠って論じる以外に手は無いのだが、同紙に拠っても「ゆすり」等の感情的表現の部分は除いて、日米同盟の重要部分に直裁に切り込んでいtる。

例えば次の引用だ。
≪ 09年の選挙が民主党に政権をもたらした。これは日本では初の政権交代だ。鳩山首相は左派の政治家だ。民主党政権下で、しかも鳩山首相だったにもかかわらず、米国と日本は2+2(外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会)の声明を(昨年)5月 に発表することができた。≫

≪ 日本の民主党政権は実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。ほかに海兵隊を持っていく場所はない。日本の民主党は日本本土への施設移設も言ってきているが、日本本土には米軍のための場所はない。≫

≪ 私は日本国憲法9条を変える必要はないと思っている。憲法9条が変わるとは思えない。日本の憲法が変わると日本は米軍を必要としなくなってしまうので、米国にとってはよくない。もし日本の憲法が変わると、米国は国益を増進するために日本の土地を使うことができなくなってしまう。日本政府が現在払っている高額の米軍駐留経費負担(おもいやり予算)は米国に利益をもたらしている。米国は日本で非常に得な取り引きをしている。≫

どの国でも最重要に考えるのは、自国の国益である。 

アメリカにとっても日米安保はアメリカの国益に寄与するからこそ最重要視するわけであり、日米安保が総合的に見てアメリカの国益に寄与しないと判断したらさっさと米軍機を撤去し「モンロー主義」に走るだろう。

勿論日米安保は日本にとっても国益だからこそ普天間異説で苦労するわけであり、メア氏の指摘するとおり、憲法9条を仮定し、自主防衛ができるようになれば米軍基地など一日も早く撤去するにこしたことは無い。

                ★

 第1回 沖縄戦を考える集いのご案内

 

           記

 

講演者:  伊藤玲子-建て直そう日本女性塾幹事長
            「沖縄県平和祈念資料館を糺す

         :  上原正稔-ドキュメンタリー作家 
            「赤松・梅澤両氏の汚名を晴らさねば沖縄県民は人間としての尊厳を失う」


         :  徳永信一-パンドラの箱掲載拒否訴訟主任弁護士
            「裁判の経過報告」

 

日時: 3月20日(日曜日) 午後1時30分開場 2時開演

開場:  総合結婚式場・ジュビランス 2階 会議室

宜野湾市野嵩736番地 (宜野湾市役所・市民会館の道向い)

会費:1,000円

主催:沖縄戦を考える会・共催:三善会

問い合せ:070-5536-3868 當山正範・090-9780-7272ニシコリまで

  人気blogランキングへ クリックお願いします

  ブログセンターランキングへ。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄タイムスが発狂?メア発... | トップ | 5日連続の沖縄紙の集団発狂... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
米国国務省高官発言 (菊の兵隊)
2011-03-09 11:21:27
沖縄人が怒ってますが彼の発言はもっともな正しい理解。悪口を言われたのだから怒るのは当然でしょうが、人間は痛いところを突かれる怒るもの。ゴーヤの作り方さえ知らないとは例え。私も沖縄で仕事をした事がありますが彼が感じたことと同じです。
沖縄から本土へ出てもすぐUターン、この比率は他県に比べ断トツに高い統計あり。
既に復帰して40年、いい加減保障経済、乞食根性から脱すべき。
外国人献金問題を打ち消すため? (ヒロシ)
2011-03-09 11:40:16
メアさんの発言が昨年12月で、ミヤギさんはその後沖縄訪問をしていた訳ですね。

沖縄メディアにはそのときに情報が入っていて今回キャンベルさんの訪日にあわせて花火を上げた。
前原さんの外国人献金問題を打ち消すためなのかもしれません。

「沖縄人は」という言葉になったのは「ミヤギさん」が聞き、それを「沖縄メディア」が訳したからなのかもしれません。
言語ロンダリングが得意な「沖縄メディア」ですから実際には「プロ市民」という意味で発言されたかもしれませんね。
光が見えません (ayataro04)
2011-03-09 12:05:48
狼魔人さま
毎日欠かさず拝見していますが、国際情勢も国内情勢も
全く光が見えません。

前原が京都地検に告発された様です。
裁判次第では5年間の公民権停止です。

正しい歴史認識
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4169.html

銀色の侍魂
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-839.html

民主党は確実に崩壊へ向かっている様ですが、・・・

解散後、真太郎の衆議院復活を切望しています。
彼は今、1キロの重りを足に巻いて歩いている様です。
何か期する所があると思うのですが・・・

左翼マスコミのコメンテーターをどうしたら良いのか、民主主義の最大の課題です。
ズバリ、本音を言われてキレている人達、、 (義挙人)
2011-03-09 13:49:35
メア氏の発言で、一番怒ってのは、本音を言われた、名護市の稲嶺市長をはじめ、支持派と住民移動して、爆音訴訟を勝ち取ったプロ市民だと、思いますが、、、違いますか?

発言撤回決議は建前論者で、殆どが、、教科書問題撤回と同じ思いますが、、、、
たかりはアメリカの得意技。 (sunspot)
2011-03-09 15:52:43

 某評論家によれば、日本がアメリカに貢いだお金は既に、1000兆円にも上るそうだ。

 買わされているアメリカ国債はもう二度と日本には戻ってこないし、アメリカが没落すればただの紙屑だ。

 今度の発言はそっくりお返しすべきでしょう。笑うしかありません。
また話の本論を逸らそうと (KOBA)
2011-03-09 17:17:49
 必死になってる方が約一名医いらっしゃいますね(爆笑)。
毎度お馴染県民大会パターン (石原昌光)
2011-03-09 18:31:41
狼魔人さま、こんばんは
県議会に続き那覇市議会、さらに名護市議会と抗議決議の輪が広がりはじめました。
義挙人さまのご指摘の通り、これ、2007年の歴史教科書検定の時の県民大会(ヒステリック・フェスティバル)のパターンと全く同じです。
メア氏が謝罪し発言を撤回しない限り、確実にまた県民大会でしょう。
Unknown (Unknown)
2011-03-09 18:34:08
米国大使館に連絡して、メア部長を、沖縄での会合に招待して講演をしてもらうのは、どうでしょう?
たぶん、米国としても、火に油を注ぎたくは無いので、断ってくるでしょうが、沖縄には、左翼・マスコミの「ゆすり名人」ばかりでは無いということを米国に知ってもらうと同時に、東京のマスコミに、沖縄は左翼だけの連中とは違うと認識させる良い機会です。
Unknown (とおる)
2011-03-09 18:35:47
上記の「米国大使館に連絡して、メア部長を、沖縄での会合に招待して」は、私の投稿です。
またやった沖縄ブサヨ (安仁屋正昭)
2011-03-09 18:41:09
これまでも、ブサヨ共が騒ぐほど、真実が露呈し、彼らは自ら墓穴を掘ってきた。
集団自決・教科書問題しかり、靖国訴訟然りだ。

SACOの合意から、普天間の県内移設を条件にもらった金額はどれだけなのか?
おそらく、400~500億は下るまい。
しかし、その約束は果たされるどころか「県外しかない」となれば、ゆすり、たかりどころか詐欺行為そのもの。
我々一般県民を犯罪者の片割れにしないためにも、仲井間知事が責務を果たすべきだ。
これから何が露呈するのか・・待ってろよ、ブサヨ共。 
Unknown (涼太)
2011-03-09 21:30:16
狼魔人様

教師などが基地撤去を叫びながら、資産運用に軍用地を買うのは公然の秘密ですし、辺野古で座り込みやっている反日団体に日当を出している悩ましい人たちもいますし、2チャンネルなどでも沢山のスレが立っていますが、沖縄を擁護する声はほとんどありません。私があえて沖縄と書きましたのは、私は沖縄に住んだ経験がありますので沖縄の空気は知っていますが、ほとんどの国民は沖縄の左翼団体=反日=沖縄県民と捉えます。
もし、中国などが侵攻してきて沖縄が再び戦場となったとき、今度は責任転嫁は出来ませんよ。
中国は脅威ではない。日本より中国に親近感を覚えると言い続けたのは沖縄の左翼団体ですから。
確かにメア氏が言うように、アメリカの国益のために日本に米軍基地をおいているのかも知れません。しかし日本もそれ以上の恩恵を受けているし、今の世界でアメリカに代わって世界に君臨できる国は無いと思います。
日本の憲法をどうこう言うのは (八目山人)
2011-03-09 23:32:55
沖縄がごね得なのは当たり前ですが、憲法9条を変えないほうが良いというのにはNOと言うべきでしょう。
アメリカが言うべきは「日本に任せる」でしょう。
こんな事を言うものだから宮沢喜一のようなヘタレは、このままでいいんだと思ってしまいます。
http://kojima-ichiro.net/2001.html
国家を考える (ayataro04)
2011-03-10 01:04:15
八目山人さま

翻訳文をじっくり読ませて頂きました。
メアが言う事は全くその通りです。

復帰前の沖縄ではサトウキビを栽培しながら基地で働き
サトウキビしか無い奄美との収量は圧倒的な差がありました。

基地を利用して日本政府を「ゆすり」だしたのは、太田が知事に成ってからです。
当時は「像の檻」といわれるアンテナ施設を巡り、
基地内に墓のある男のニュースと普天間の名護への移設のニュースが
繰り返し流れていました。

名護への移設が決まったら、反対派と賛成派で市長選挙があり
賛成派の候補者が通ったのにまたもめて、結局、辺野古へ決まりました。
その後も、滑走路の位置を巡ってもめ、やっとV字に落ち着きましたが
政権が変わり白紙に戻ってしまいました。

その間に、北部振興策として年間100億づつ、すでに750億が投じられ、
道路の整備や最新設備の沖縄工専や大学院大学などが建てられました。

沖縄のゆすり体質は、随分こちらでも知られる様に成ってきました。
中国は沖縄を独立させ、自治区にしようと明確に動き出した様です。
沖縄のマスコミと左翼は、それに手を貸そうとしているのか
沖縄をどうしようとしているのか全く見えません。
気が付いたら、チベットやウイグルの様になっているのでしょう。

中東がどのように変わるのか解りません。
石油が高騰すれば、元を低く抑えている中国は途端に困るでしょう。

その時、中国は尖閣の海底に眠ると言う石油を狙って数年以内に、
空母と原潜とで力でとりに来るでしょう。

沖縄の左翼は、中国に沖縄と、そして日本を売る気なのでしょうか。
それとも、彼らは何処かの帰化人なのでしょうか?

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ゆすり」発言より土肥の竹島領有権放棄発言の方が重大だと思うが・・・ (ひこの「アルマアタからふくしまへ」(旧:草の根から日本を考える))
尊敬する櫻井よしこさんの論考を抜粋引用します。  米国務省日本部長で元沖縄総領事のケビン・メア氏の発言が非難されている。昨年12月、アメリカン大学での講演の重要点はざっと以下のとおりだ。  (1)日米安保は非対称。米国が攻撃されても日本には米国...