狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

北の核実験!「戦争と平和」、「対話と圧力」

2009-05-26 07:32:59 | 普天間移設

 

人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 



「対話と圧力」・・・対北朝鮮政策に何度この言葉が使われてきたことか。

「相手の嫌がることはしない」という脳テンキな首相は論外としても「対話と圧力」ほど北朝鮮に不向きな政策はない。

何しろ自国民を飢えさせながら核実験には莫大な金を使う国だ。

 

「戦争と平和」が必ずしも外交の対極ではなく、圧倒的優勢な武力により戦争を和平(pacify)した状態を平和というなら、平和も戦争も同じ外交政策の線上にあるとも定義できる。

「衣の下の鎧」とは日本では否定的な意味で使用されるが、

外交交渉では「対話」も衣の下に隠した「圧力」なしにはその有効性を発揮できない。 つまり程度の差こそあれ、圧力をなくした対話は、実りのない「外交辞令」の応酬に終わってしまう。

「対話と圧力」も相手によって各々の比率を変えねば効果はない。

現在の北朝鮮には「対話と圧力」ではなく「圧力と制裁」しかない。

この期に及んで「対話が足りない」とか「制裁しても効果がない」として圧力や制裁に躊躇する人は、こう言うのだろうか。

「そっちが核実験するなら、こっちは対話するぞ!」とか。(笑)

【北朝鮮情勢】 「北とまともに交渉できるのか」被爆・拉致関係者が非難写真付き (5月25日 14:38)

麻生首相発言要旨=北核実験
 麻生太郎首相が25日、北朝鮮の核実験を受け、記者団に語った内容の要旨は次の通り。
 -受け止めは。
 北朝鮮が核実験を実施したと発表した。核不拡散体制に対する重大な挑戦だ。
国連安全保障理事会決議に明確に違反している。断じて容認できない。国際社会が一致して対応しなければならない大事な局面だ。
 先ほど、李明博韓国大統領とも電話で会談した。今後、日米韓で緊密に連絡して毅然(きぜん)と対応しなければならない。
 -安保理緊急会合で追加制裁の決議を求めるか。
 今回の核実験は、この前行われた安保理決議への明確な違反だ。従って決議を求めていくのは当然だ。
 -日本独自の制裁は。
 
核実験を実施したときちんと確認した上で、どのように対応していくか検討していく。
 -わが国の安全に重大な影響を与える周辺事態に認定するか。
 今の状況は、極めて地域の緊張感を高める事態だと思っているが、直ちに周辺事態法を適用すべきものとは考えていない。
 -核実験を国際社会はなぜ止められないか。
 わたしが答えられる限界を超えている。(2009/05/25-18:09)

                    ◇

 

最終的に自国を護るのは自国であり、他国任せには出来ない。

となると「非核三原則」なるお題目が屁のツッパリにもならないことが分かる。

「持ち込まず」と叫んでみたとて、相手が撃ち込んでくる核の脅威には屁のツッパリの役目も果たせないというのだ。

同盟国と協調するの当然だが、米国は、北朝鮮が米国や中国、ロシアのように長距離ミサイルに搭載可能な核兵器を生産するまでには、依然「何年もかかる」と予想している。

従って北の核は現下の危機とは捉えていないし、日本ほどの深刻さはない。

ヨーロッパ諸国にとっては所詮は対岸の火事であり、中東紛争の方が自分の庭で起きた火事の脅威を感じている。

同じアナの狢の中国とロシアが安保理制裁決議に賛成するかどうか、そしてどのような種類の制裁決議をするのか・・・注目の的である。

 ⇒独裁国に囲まれた日本

対話を信じる「プロ市民」の方々も、怒っているようだが拳を天に突き上げて怒るだけでは核は止められない。

北朝鮮核実験 市民団体など怒りの声

 

さて、国連が全会一致で北への制裁決議をしたとしよう。

それでも北が強行したらどうなる?

制裁しても陰で中国とロシアが援助する、いつものパターンになれば制裁決議もただの紙切れ。

結果的には北の核実験強行が国連第一主義のインチキ性が暴露したことになる。

その意味では将軍様が、戦勝国だけの会員制クラブ・国連の本質を炙り出した、という皮肉な結果にならぬよう祈るしかない。

 

テレビコメンテーターたちが北朝鮮の核実験に対し口を揃えて「絶対許せない!」と叫んでいるが、それでも実験強行したらどうするつもりだろう。

 

麻生首相がここで断固たる制裁を実行すれば、支持率は上がる!

と思う方クリックお願いします。

人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 

 

関連記事:

北朝鮮核実験、広島や長崎の被爆者らは強く非難写真付き

 短距離ミサイルも発射か 北朝鮮、舞水端里から (5月25日 14:41)

                 ◇

 

田母神沖縄講演会告知前航空幕僚長田母神俊雄氏 沖縄講演会

 

【集団自決の真相解明のための三点セット】

沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

 

あばかれた「神話」の正体
鴨野 守
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

 

 

 

 

この三点セットをご購読いただいたら、沖縄戦の「集団自決」に軍の命令も強制も無かったということがよくわかり、『鉄の暴風』や『沖縄ノート』がデタラメなウソ塗れの本であることがよくわかる。

 

人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンザイクリフの投身自殺も... | トップ | 北朝鮮と「1000円カットサロ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-05-28 03:10:20
狼魔人様

日本はインフルエンザなどには過敏に反応しますが、国防に関しては相変わらず「9条」擁護論です。国民の命を守る意味からすれば、インフルエンザも国防も同じです。インフルエンザは直接自分に被害が及ぶかも知れないから、過敏に反応するのでしょう。核に関しては中国も北朝鮮も日本に向けているというのにのんきな話です。
Unknown (狼魔人)
2009-05-28 09:42:21
涼太さん

>核に関しては中国も北朝鮮も日本に向けているというのにのんきな話です。

友愛を叫んでも国防には屁の突っ張りにもなりません。

次の党首討論では是非とも民主党の安全保障論を聞いて見たいものです。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL