狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

一括交付金が藪蛇!杉田副長官、沖縄県副知事と協議

2015-08-25 06:34:32 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 
 
 
 
本日午後7時よりチャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」に出演します。よろしくお願いします。
↓↓↓
 


 

県と政府の事務レベルの協議は、何の合意点も見いだせずに終わった。

予想通りである。

そもそもトップ同士の協議が全くかみ合わず平行線のままで、事務レベルの協議をしても合意を見いだせるわけがない。

 

辺野古集中協議 杉田副長官、地元協力で安慶田副知事に回答

 

 
沖縄タイムス 2015年8月24日 15:46


 杉田和博官房副長官は24日午前、米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止で「地元の協力がなければ実現しない」という政府の考え方について、「いろいろな意味がある」と述べ、具体的に言及しなかった。名護市辺野古の新基地建設に関する政府と沖縄県の3回目の集中協議で、安慶田光男副知事が「地元の協力とは普天間の辺野古移設を前提にしているのか」と質問したことに答えた。非公開の協議後、安慶田副知事が記者団に語った。

 安慶田氏によると、協議では県から辺野古沿岸の臨時制限区域内での立ち入り調査が台風の影響で遅れているため、集中協議期間の終わる9月9日以降にずれ込む可能性があることを説明。またうるま市の津堅島訓練場水域で米軍が事前通報なしに実施したパラシュート降下訓練などで日本側の主体的な対応を求めた。

 政府は沖縄の基地負担軽減や、日米地位協定に関する取り組みを説明。北部訓練場の一部伴う返還に伴う県の協力、国庫支出金に関する理解を求めた。

 辺野古問題をめぐる県と政府の見解の違いに、安慶田副知事は「翁長雄志知事と菅義偉官房長官で話し合っている。私たちは事務レベルなので、政治的な話はない」と語った。

 また、安慶田氏は集中協議の期間が終わった後も、「協議会は残っていくものだと思って国に要望している。(菅)長官も内々、そのへんは理解してるものだと解釈していて、この1カ月が終わったから協議会そのものが解散だということにはならないと理解している」との考えを示した。

                  ☆

トップ同士の協議が平行線のまま、無意味なパーフォーマンスを強いられる担当者は、さぞかし閉口しただろう。

安慶田副知事の「(見解の相違は)翁長雄志知事と菅義偉官房長官で話し合っている。私たちは事務レベルなので、政治的な話はない」とのコメントがこの協議の性格を表している。

以下は東子さんのコメント。

抜くに抜けない竹光「取り消し」を抜かないために「工事再開していないから、まだ竹光「取り消し」を抜くべきでない」とかわしたい

そこで、工事が再開させない理由が必要
  ・潜水調査が完了していない
     ←調査に差し障ると工事中断続行を強要
  ・協議終了していない
     ←協議には静かな環境が必要だが、工事を再開すれば静寂が破られるから協議ができない、国が協議の環境を破壊したと国を悪者にして工事中断続行を強要


はい、はい、布石打ってきましたよ。

「辺野古集中協議 杉田副長官、地元協力で安慶田副知事に回答 2015年8月24日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129961

>安慶田氏によると、協議では県から辺野古沿岸の臨時制限区域内での立ち入り調査が台風の影響で遅れているため、集中協議期間の終わる9月9日以降にずれ込む可能性があることを説明。
>また、安慶田氏は集中協議の期間が終わった後も、「協議会は残っていくものだと思って国に要望している。(菅)長官も内々、そのへんは理解してるものだと解釈していて、この1カ月が終わったから協議会そのものが解散だということにはならないと理解している」との考えを示した。

考えを示したwww
願望、勝手解釈、屁理屈につなげる準備。

                ☆

竹光は一旦抜いてしまったら刀としての威圧力が消滅してしまう。

抜くぞ、抜くぞ、と叫んでいるうちが花。

翁長知事は「辺野古埋め立てはさせない」と叫んでいるうちが花。

実りのない合計5回の協議を終えた時点で、「埋め立て承認」の撤回をしてしまったらどうなるか。

第三者委員会の「法的瑕疵あり」が、竹光であることがばれてしまう。

安慶田副知事は、協議会が終った後も「協議会は残っている」と勝手に解釈している。

だが、菅官房長官は協議の延長戦を否定している。

⇒ 菅氏、辺野古協議延長に否定的 「あくまでも1カ月」2015年8月9日  

事務レベルの協議とは、安慶田副知事による延長戦の打診が主なる目的だったのではないか。

それを裏付けるような本日の沖縄タイムス第二面トップの見出し。

辺野古の協議無風

県、事務レベルを意識

政府関係者「拍子抜け」

県の矛盾探る政府

辺野古以外 知事は明確化必要

 

■一括交付金が藪蛇

沖縄タイムス2面にはこんな「不都合な真実」の掲載もある。

一方、沖縄経済は米軍基地に依存しているのではないかーという五回に対する県の見方に、政府側が「反論」する場合も。 沖縄振興特別措置法に基づく効率補助のある国庫支出金は人口一人当たり1位で、杉田氏は「その辺の努力は認めてほしい」と発言した。 県は地方交付税は17位、合計は6位と、突出して多いわけではないとの認識。県幹部は「国努力を否定していない。基地があるから予算面で優遇されているのは誤解だと説明している」と話した。 杉田氏の発言には前段がある。 18日に首相官邸での協議で、翁長知事が「本県と他府県の国からの財政移転の比較」との資料を提示。「沖縄が過度に優遇されているのではない」と強調した。 これに政府関係者は「知事の思いもわかるが、内閣府として県の要望に応えるような額を確保してきたとの自負がある」

財務省からの交付金は17位かもしれないが内閣府から交付される一括交付金が群を抜いて一位なのは周知の事実。 

財務省と内閣府。 金の出所は違っても国民の血税であることに違いはない。

翁長知事はとんだ藪蛇をしてしまったようだ。

辺野古以外 知事は明確化必要

翁長知事は辺野古反対を叫ぶが、その一方で辺野古以外の代替案を問われると「日本の政治の堕落」などとわけのわからない文言で誤魔化してきた。

「日本の政治の堕落だ」沖縄県の翁長雄志知事 国と対決姿勢 ...

こんな感情的文言で辺野古移設の当否をまじめに議論できるはずはない。

沖縄タイムスも、「辺野古以外の明確化」などと、翁長知事に要求し始めたのではないか。

これも翁長知事に対する一種の圧力である。

 

普天間の危険除去を確認 杉田副長官、沖縄県副知事と協議

 産経

 杉田和博官房副長官と沖縄県の安慶田光男副知事は24日午前、沖縄県庁で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐる3回目の集中協議に臨み、普天間の危険性除去に取り組む方針を確認した安慶田氏は、翁長雄志知事による名護市辺野古での移設作業停止指示を不服として沖縄防衛局が農相に取り消しを求めた審査請求を取り下げるよう求めたが、杉田氏は「国の立場は変わらない」と拒否した。

 杉田氏は冒頭で「忌憚ない意見をお願いしたい」と要請。安慶田氏は「互いに主張は違うが、良い形で協議がまとまればいいと希望する」と応じた。これに先立ち、杉田氏は翁長知事と約10分間、非公開で面会した。

 政府から外務省の冨田浩司北米局長、防衛省の黒江哲郎防衛政策局長、中島明彦地方協力局長、内閣府の関博之政策統括官(沖縄政策担当)が出席。県からは町田優知事公室長が同席した。

 政府は8月10日から9月9日までの1カ月間、普天間飛行場の名護市辺野古移設の関連工事を中断し、その間に計5回程度の集中協議を開く。

                                                    ☆

 >普天間の危険性除去に取り組む方針を確認した

これが普天間移設の出発点であり、翁長知事もこれに同意するはずだった。

とろがが、翁長知事は沖縄の歴史にさかのぼって協議するという。

スタート時点が異なっては協議が平行線で終わるのも当然である。

 >安慶田氏は、翁長雄志知事による名護市辺野古での移設作業停止指示を不服として沖縄防衛局が農相に取り消しを求めた審査請求を取り下げるよう求めたが、杉田氏は「国の立場は変わらない」と拒否した。

国の方針は事務方が勝手に変更できるわけがない。

 

「協力前提」、国側の具体的説明なし 第3回辺野古集中協議

琉球新報 2015年8月24日 12:22 

 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画をめぐって政府との第3回集中協議で杉田和博官房副長官らと会談した安慶田光男副知事は24日午前11時32分、県庁で記者団の取材に応じた。安慶田氏によると、5年以内の運用停止について「県の協力が前提」とした菅義偉官房長官の発言についてただしたところ、政府側からは具体的な返答はなかったという。
 安慶田氏は5年以内運用停止への協力について「それぞれの立場で取り組むということだと理解した」と述べた。
 第3回協議で県側は(1)臨時制限区域内の調査(2)国の行政不服審査請求(3)普天間飛行場の5年以内の運用停止(4)パラシュート降下訓練、米軍関係事件、事故発生時の対応について―の各項目で要望した。
 政府側からは(1)負担軽減策(2)環境面についての日米地位協定の見直し(3)北部訓練場の返還についての協力(4)国庫支出金―の項目で説明があったという。
 普天間飛行場に配備されている機体数について、今後の負担軽減のために両者の認識をすり合わせ、73機あったものが、空中給油機15機の岩国移駐によって、現在は58機が残っていることを確認した。
 第3回協議は県側から安慶田副知事のほかに町田優知事公室長、末吉幸満土木建築部長、島田勉農林水産部長が出席した。政府は外務省の冨田浩司北米局長、防衛省の黒江哲郎防衛政策局長、中島明彦地方協力局長、内閣府の関博之政策統括官(沖縄政策担当)が出席した。
 杉田氏は協議に先立ち、県庁で翁長雄志知事にもあいさつのためとして5分程度、非公開で面談した。【琉球新報電子版】

             

>安慶田氏によると、5年以内の運用停止について「県の協力が前提」とした菅義偉官房長官の発言についてただしたところ、政府側からは具体的な返答はなかったという。

菅官房長官の発言がすべてであり、事務方がこれに口を差し挟む権限はない。

普天間飛行場の移設には「県の協力が前提」という官房長発言は当然の発言である。

              ☆

協議が終了したら、否応なしに竹光を抜く羽目に陥る翁長知事。

事務方レベルの協議で延長戦を模索したが、どうやら安慶田副知事の勝手な思い込みであり、実現は無理の様子。

サヨクブログでは、こんな書き込みも。

⇒ <検証>政府との協議終了後、辺野古はどうなるのか?---協議延長と引換に承認取消しを延ばしてはならない

 

竹光を抜くべきか、ぬかざるべきか。

翁長知事の悩みは尽きない。

 

ヤジ馬として興味津々の第四幕の開演を首を長くして待つ今日この頃である。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論より証拠、オスプレイ出動... | トップ | 土下座鳩もビックリ!「何百... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えて下さい (パパドプーロス)
2015-08-25 08:23:14
財務省からの交付金は17位かもしれないが内閣府から交付される一括交付金が群を抜いて一位なのは周知の事実。 

とありますが、財務省から少なくても内閣府から大きいから沖縄は優遇されていると言う意味なんでしょうか?
もちろん、県の資産には思いやり予算や各種税制優遇が抜けているのて優遇はされているのはわかってますが
国庫支出金やら地方交付税の違いが全然わかりませんU+E108
Unknown (狢)
2015-08-25 08:50:19
パパドプーロス様

参考までにどうぞ。

国庫支出金と地方交付税
http://okwave.jp/qa/q1702469.html
Unknown (東子)
2015-08-25 09:42:56
>協議が終了したら、否応なしに竹光を抜く羽目に陥る翁長知事。
>事務方レベルの協議で延長戦を模索したが、どうやら安慶田副知事の勝手な思い込みであり、実現は無理の様子。

2015.8.9のコメントに

 >「取り消し」を温存したまま工事中断を勝ち取った県の勝利。
 >辺野古移設強行のイメージを払拭して支持率アップを狙う安倍政権。
 >本当にそうでしょうかねぇ。
 >私は、県を「取り消し」回避できないところ追い込むための工事中断期間に見えるんですけれどねぇ。
 >沖縄に何かまだ要望があるなら、言ってみよ。
 >もしかしたら、叶えてあげられるかもしれないから。
 >でも、沖縄がごちゃごちゃ言えるのは、この1ヶ月限定よ。
 >以後は、受け付けないから。
 >文句あるなら、「取り消し」をせよ。
 >(国に理があるので)国はかまわん。
 >裁判しながら、粛々と工事進める。
 >と言うのを、丁寧に言ってるだけのように聞こえる。

と書いたが、2週間経って、増々この確信を強める。
Unknown (東子)
2015-08-25 09:44:45
>辺野古の協議無風
>県、事務レベルを意識
>政府関係者「拍子抜け」
>県の矛盾探る政府
>辺野古以外 知事は明確化必要

沖縄の要望、それを言って移設容認に転向したら、仲井真前知事追い落としに使った「沖縄を売った!」と同じことになるから、口が裂けても、振興策のお強請りはできない。
言えるのは、「歴史を鑑みればーー」だけ。
「歴史を鑑みてーー」普天間の返還が夢なんだろうが、「県内移設の合意」は「あった」ことがはっきりしているし、「県内移設の合意」前提でいままで振興策をしてきたこともはっきりしているから、「合意をどうするのか」という話になる。

「(埋立)取り消し」は「(県内移設)合意破棄」を意味する。
「(埋立)取り消し」して「(県内移設)合意破棄」となると、どうなるか。
それについて、昨日、杉田和博官房副長官から事務方に直接レクチャーがあったでしょう。
行政職にいる者は、一発で理解したことでしょう。

「建白書」の精神に照らし合わせれば、「(埋立)取り消し」をして「(県内移設)合意破棄」となるのは歓迎すべきこと。
だが、沖縄としては、今までのように「合意」は温存したまま「取り消し」だけするつもりだったとしたら、真に不都合なことになる。
辺野古移設を止める、普天間閉鎖問題を長引かせるだけに目が行って、「合意」を温存したまま「取り消し」だけする矛盾に気づかなかったのか?

その場しのぎの反対とちゃぶ台返しをしてきたから、協議で一気に矛盾が指摘され、県は勝手解釈を県民に垂れ流すしかできない。
戦況は不利でないという大本営発表と変わらない。
タイムス、新報は、県の発表を鵜呑みにして県民に伝えるなら、大本営発表の手助け。
日本軍を悪のように言いながら、自らは同じことをしようとしている。

タイムス、新報もまた、日本軍を正当に評価してこなかったツケが、回ってきた。
Unknown (東子)
2015-08-25 10:34:27
協議に参加する政府の者は、方針の確認がしっかりできており、政府は一枚岩で、功名心に逸る者がいない。
思いつきの協議提案でなかったことが、わかる。
徹頭徹尾、政府の主張は一貫している。
また、甘い言葉で県民を騙すような話はでるかと期待(?)していたかもしれないが、「そもそも論」しか、出ていない。
(出たら、金で頬を叩くのかと非難するつもりだったでしょう)

タイムス、新報は、政府の主張「そもそも論」を県民に広く伝えているか?
広く伝えれば、沖縄の矛盾が露呈して、基地反対と言えば脊髄反射するようないかな県民も、「あれ?」と思ってしまうか。
Unknown (東子)
2015-08-25 10:38:44
>18日に首相官邸での協議で、翁長知事が「本県と他府県の国からの財政移転の比較」との資料を提示。
>「沖縄が過度に優遇されているのではない」と強調した。 
>これに政府関係者は「知事の思いもわかるが、内閣府として県の要望に応えるような額を確保してきたとの自負がある」


「社説[辺野古「休戦」]政策転換へのうねりを 2015年8月10日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=127911

>国庫支出金の予算要請についても、振興策と基地のバーターという疑念を抱かれないように注意し、3000億円という額がどういう性格のものか、県のホームページで誤解を与えないよう説明したほうがいい。
>堂々とまっとうな議論を展開してもらいたい。

タイムス、良いこと言いますね~。
国の言い分を県のホームページに載せましょう。



【参考】
2年半前の意見↓だが、今に通じる。

下地幹郎「本気の反対とは 2013年01月10日」
http://blogos.com/article/53776/

>公認・推薦した人に責任を持たさず、また県民を動員してやろうという考えは如何なものかと思います。
>県民が選んだ人が政府と話をして結論を出していくということが大事なことであります。
>表では反対しながら、裏ではお金を要求していくという姿勢がダメなのです。
>いま大事なことは、矛盾やウソをつかないことです。
>そういうことを丁寧にしていかなければ、東京はそんなに甘くありません。
>金をもらうということは容認だと思われているということを認識しなければなりません。
>反対するのであれば、本気の反対をしなければ、東京はそうは見てくれません。

2年半前に既に、安倍内閣の中に、「金をもらいながら何なんだ、沖縄は。同意しているのと違うのか?」と空気が、あったのでしょう。
さすが、風を読むのに長けた下地幹郎議員。
惠氏も、「官邸は沖縄に冷たくなっている。いつまでも沖縄優遇するという空気でない」と、知事選前の「沖縄の声」で話している。
仲井真前知事が「埋立承認」した際に、沖縄優遇はこの10年限りというような話が出ていたと思われる。
それ故、一括交付金と辺野古移設でドミノ倒し的に行われる基地返還後の跡地を使って、「稼げる沖縄」にするために何をすべきか、考えていたと思う。

(おまけ)
知事選で下地氏が、「移設是非の県民投票を!」と言っていたことは、忘れませんけどぉ。
下地氏は正論を時々言うが、信用できない面もあるので、いくら正論を言っても沖縄では、振り向かれないでしょうね。
で、見過ごされてしまう。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-08-25 10:48:32

オピニオン面に一般投稿8本。

「浦添の商品券 販売法反省を」の浦添市・比嘉政喜さん(77)は6月7日、8月14日に続き今年3回目の掲載。
「安保法の裏に 米の強い意向」の那覇市・下地良男さん(77)は4月28日、7月31日に続き今年3回目の掲載。
「教育理念貫く 興南高の試合」の宜野湾市・吉村武さん(76)は4月3、24日、5月26日、6月8日、7月13、14、19日に続き今年8回目の掲載。
「鏡原中の校舎 建て替え急げ」の那覇市・下里かおりさん(41)は今年初掲載。
「そろばん暗算 買い物も便利」の那覇市・呉我あい子さん(58)は昨年8月2日以来の掲載。
「『なぜ』が多い 辺野古の強行」の大阪市・阿部仁さん(33)は1月4、10、17、26日、2月4、17、24日、3月3、14日、4月2、18、26日、5月10日、6月3日、7月3、23日、8月8日に続き今年18回目の掲載。
「培ってきた自然崇拝 イクサのために壊すな」の南城市・宮城鷹夫さん(93)は3月9日、7月21日に続き今年3回目の掲載。
「愛郷心と興南旋風」の宜野湾市・仲村元惟さん(78)は5月29日、6月12日、7月2日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2015-08-25 21:58:56
「「協力前提」、国側の具体的説明なし 第3回辺野古集中協議 2015年8月24日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-247754-storytopic-3.html


「辺野古集中協議 杉田副長官「地元協力前提」具体的言及なし 2015年8月24日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129961


タイムス、新報の「非公開の協議後、安慶田副知事が記者団に語った。 」ことの記事↑。
どちらにも安慶田副知事が、“新基地建設”のことを“辺野古への移設”と言っていることには、触れず。
政府関係者と話しているときは、“辺野古への移設”と言っていて、つい、その流れで、“辺野古への移設”と言ってしまった?


「RBC THE NEWS「辺野古移設めぐり 国・県の事務的協議」 2015/08/24」
https://www.youtube.com/watch?v=CSRWtZADdRY&feature=youtu.be

0:58~辺りから。
タイムス、新報は、副知事が「新基地建設」と言っていないことを、伝えていない。
翁長知事のやり方は、「ゴールポストを動かす」韓国のやり方とそっくりです。 (ayumi61)
2015-08-26 08:21:38
東子さま
>その場しのぎの反対とちゃぶ台返しをしてきたから、協議で一気に矛盾が指摘され、県は勝手解釈を県民に垂れ流すしかできない。
>戦況は不利でないという大本営発表と変わらない。

まったくもってその通りですね。それにしても、皆様すでにお気づきのことでしょうが、沖縄の交渉のやり方ってつくづく韓国に似ていますね。

>普天間の危険性除去に取り組む方針を確認した
>これが普天間移設の出発点であり、翁長知事もこれに同意するはずだった。
>ところが、翁長知事は沖縄の歴史にさかのぼって協議するという。
>スタート時点が異なっては協議が平行線で終わるのも当然である。

↑これなんか典型的な「その場しのぎの反対とちゃぶ台返し」です。これって対韓国外交でよく言われる「ゴールポストを動かす」類の話ですよね。「ゴールポストを動かせなければ、スタート地点を動かしてしまえばよい」というのも、韓国がよくやる手法です。
「合意は拘束しない」という政治文化のある中国・韓国にとってはお手の物ですが、現在そのような政治手法を中国・韓国・ロシア・ギリシャといった国々がやりまくって国際的に顰蹙かいまくっているさなかに、それをあくまでも実行する胆力には恐れ入ります。それはいいのですが、「合意は拘束する」という原理原則にこだわる米国と、その米国と歩調を合わせることにした安部政権相手にそれをやるのは自殺行為になるような・・・。まあ「目的達成のための嘘は倫理的な義務」と信じてやまない革新勢力がどうなろうと、私の知った事ではありません。勝手に自滅していただきたいものです。

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事