樹庵のお気楽ナビ

チビデビル ルックと
天使キャラ セントの日記です。

マインドフルネス(の前置き)

2016年10月17日 | 日記
前回、キンちゃんパパが、
自分にはやる気なんてなぁ~んにもないのに、周りの人をやる気にさせてしまうのがすごい。
キンちゃんパパは実は空っぽなんではないか?(おバカという意味ではなくね)と言う話から、
マインドフルネスに話題は移りそうになっておりました。

マインドフルネス、最近あちこちで聞きますよね。
この間はNHKの「ガッテン」でもやってました。
瞑想です、瞑想。空っぽにすること。

しかしながら、これが実に難しい。
もう次から次へと、いろんな思いが押し寄せて来て、
形ばかり座禅を組んだって、頭の中はああでもないこうでもない、
ああ、あれはああだった、こっちはどうなの?ってまあびっくりするくらいにぎやかなものです。

ただ普段は、自分の頭の中のその騒ぎさえも気づいていないのです。
そして、何か気がかりなこと、不安や恐れがあると、頭は一気にそれ一色に染められてしまう。

私も仕事が上手く行かなかった何年間は、
もうほんとに先が見えなくて怖かったし、なんで?なんでこうなるの?ということしか考えなかったので、
心から笑うこともなかった。
何を見ても憂鬱だし、世の中に楽しいことなんて何もなかった。
まるで自分だけが取り残されている感じがしました。

そんな時、私は怒りをぶつけるような勢いでA4で100枚を超える文章を書いていました。
自分では、これを書いている間はいろんなことを忘れられるな、
でも現実を直視してない私ってどうなのかな?
これって多分現実逃避じゃないのかな?と思いました。
そうだったと思います。
頭の中の恐れや不安を一時的にでも忘れるために、何かに集中しようとしていたのです。
それはたとえばネットのゲームとうい場合もあるだろうし、
人によっては霊感商法に捕まってしまうことだってあるかもしれません。

話を戻します。

私達の頭の中は、意識しているいないに関わらず
秒単位でいろいろなことを思い出したり考えたりしています。
仕事のこと、天気のこと、家族のこと、買い物のこと…。
食べているときでも、歩いてるときでも、顔を洗っているときでも、トイレでも…。

まあそれが人間だしね…といえばそうなんです。だから人間なんだよとね。

ただ、先程のつたない私の経験からも言えるのですが、
多分楽しい考えに頭が埋まっている人はきっと問題ないのでしょうけれど、
人間は誰にでも気がかりなこと、不安や恐れがあるのです。
(霊感商法ではそこをつけ込まれるのです)
それもまあねと思えるうちはよいのですが
何かのきっかけでそれが重くのしかかって来た時、
頭の中が不安や恐れでいっぱいになったときが問題なのですよね。


る:ふーん。ニンゲンって面倒臭いな。
せ:ほんとですね。目の前のことだけ見ていればいいのにね。
母:おおーっセントくん、素晴らしいことをいうね。そうなんだよ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おじゃる丸」って時々すごい | トップ | マインドフルネス(に入って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。