気を感じながら暮らす

からだや自然について思うことなどを気ままに

からだを整えることと部屋を掃除すること

2017-05-20 08:19:48 | 「立つ」健康法
 国立市(東京都)の防災センターという施設を借りて、太極拳や気功や「立ち方」を指導している。この施設を十数年間にわたり、五百回以上使っているが、前の利用者が部屋の掃除をしていたことがほとんどない。施設では使用後の清掃をすることになっていて、したかどうかのチェック項目の書かれた用紙を提出することになっているにもかかわらず…。前の利用者がヨガやからだを整える教室だったりすると、いっそう残念な気持ちになる。
 からだが整うということは、余分な力が抜けてリラックスし、それによって他者(異物)を受け容れる許容量が拡がってくるということである。「キチンと立つ」練習をしていると、部屋と自分の距離がとても近くに感じられる。
 部屋はまさに「自分」なのだから、掃除する。道徳や規則である前に。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかく腰痛になったので | トップ | 「好き嫌い」の前に »
最近の画像もっと見る