気を感じながら暮らす

からだや自然について思うことなどを気ままに

「SQUALL」の声

2017-06-18 13:02:42 | 音楽
 特に松田聖子のファンという訳ではないが、「瞳はダイアモンド」「SWEET MEMORIES」などの曲は、たまにギターで弾き語りする。中学の時に友人が、ファーストアルバムとセカンドアルバムのレコードをカセットテープに録音してくれたので、よく聴いた。テープがなくなってからは、CDを聴いた。デビュー曲の「裸足の季節」には、声量と力強さがあるが、私が松田聖子の「声」で一番気に入っているのは「風立ちぬ」でも「制服」でもなく、「SQUALL」の冒頭である。

「 I wish shining days いつも夢に見ていたのです  I wish shining eyes めぐり逢える 素敵な瞳」

 抑え気味に歌われ、キーにも余裕があるから「落ち着き」を感じる。感情を現わしたり、歌いあげるのも悪くはないが、比較的この場所は淡々と歌われているのがいい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「立つ」という整体 | トップ | 初参加の人 »
最近の画像もっと見る