唯屋tadashiya

京都市中京区寺町夷川南西角
お着物と猫好きのひとりごと

有松絞り

2017-05-16 14:22:31 | 日記
有松絞り
湯のしをする前の状態に魅力を感じます。いたずらに伸ばしたくなる誘惑もあり、ワクワクしてしまいます。
湯のしのあとの藍色と地色の濃淡も魅惑的で、細かい絞りも波のようなながれがあり、大胆にみえたりします。

昔の大きく絞った柄は花火のように美しく、白い壁に飾るのが涼やかですきです。


唯屋の軒下の同居つばめさんは、落ち着いて巣を守っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一乗寺 | トップ | おみやげ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL