正しい道を司る

八ヶ岳・小淵沢の地で『真理』を探究する

今朝の空と富士山(2017. 7. 3)

2017年07月03日 | ソラフジ
沢筋に残る残雪、すっかり夏山の様相に。







今朝の空は潤いお空。
南アルプスから八ヶ岳にかけての吊るし雲?・・・?











庭に目を落とせばセイヨウミツバチ(働きバチ・♀)が
せっせと働いていました。









梅雨の晴れ間はみんなそれぞれに忙しいね。












で、
<『連濁』>について。

『働き「バ」チ』『「ハ」チ』
『吊るし「ぐ」も』『「く」も』

wikipediaを覗いて調べてみたら


    
連濁(れんだく)とは、二つの語が結びついて一語になる(複合語)際に、後ろの語(後部要素)の語頭の清音が濁音に変化する、日本語における音韻現象をいう。「ときどき」「いけばな」などがその例である。
名詞に由来する助詞にも見られる(「ぐらい」「だけ」「ばかり」)。

複合語において、後部要素の語頭子音が カ行、サ行、タ行、ハ行 である場合(訓令式ローマ字だと、k, s, t, h で始まる場合)、それぞれ次のように変化する。

カ行→ガ行 (/k/ →/g/): てがみ, かわぎし, ながぐつ, まゆげ(眉毛)

サ行→ザ行 (/s/ →/z/, /ɕ/→/(d)ʑ/): ひざし, もりじお(盛塩), まきずし, さんぜんえん(三千円)

タ行→ダ行 (/t/ →/d/, /ʨ/→/(d)ʑ/, /ts/ →/(d)z/): とだな, はなぢ, みかづき, やまでら

ハ行→バ行 (/h/, /ç/, /ɸ/ →/b/): きりばな, ひとびと, しあわせぶとり, にんべん

wikipedia 最終更新 2017年6月14日 (水) 03:57





連濁を起こすのは原則として和語であり、漢語では稀、外来語では極めて稀である。

(かぶしき + かいしゃ → かぶしきがいしゃ(株式会社))

(あま + かっぱ(葡: capa) → あまがっぱ)


だって!


そしてライマンの法則 も面白いぞ。


複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合、連濁は起こらない。

(はる + かぜ → はるかぜ *はるがぜ)






日本人の私が面白がるのもなんですが・・・



知らない忘れていたことばかりだな _| ̄|○ アァ...










じゃぁね!






3-day GOES Electron Flux Monitor!




あなたは大丈夫!
そう大丈夫!大丈夫なんだからね。

「笑顔溢れる あなたと私」





そなえよ つねに

ありがとうございました






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんなこんなで フレブルに。 | トップ | 今朝の空と富士山です(2017.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ソラフジ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。