「レードハウス時代」他

日本史と名所旧跡巡りと創作がメインです。

マスケティアーズ 銃士隊のその後 3

2017年03月20日 | 創作
アトスとミレディは居酒屋「Milathos」を始めた。
アトスが厳選した酒を飲ませる店である。
妖艶な女将のミレディとうまい料理が目当ての客も多く
なかなかの繁盛ぶりである。
亭主のアトスは不愛想であまり表に出てこないが
酔って暴れたりすると、アトスにつまみ出されるので要注意。
女将のミレディは料理ができないので、
すべて仕出しである。
それを作っているのは、契約農家のダルタニアン夫妻。

ダルタニアンはパリの外れで農家をしている。
無農薬栽培で様々な野菜を育て、妻のコンスタンスが調理して
「Milathos」に届けている。

アトスとダルタニアンは、要請があるとトレヴィルスポーツセンターで
臨時インストラクターをする。
アトスは日中暇なので、ダルタニアンの農作業を手伝うこともある。
トレヴィルは銃士隊長としてのキャリアを見込まれ
企業などでリーダーシップ研修や講演に呼ばれることもある。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスケティアーズ 銃士隊の... | トップ | 湯島天神の梅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。