みちのく囲碁日記(時々絵手紙)

在住している地方の囲碁に関する出来事や、気になっている点などを気ままにつづっていきます。(絵手紙は全てY子さんの作品)

他人の碁は楽し

2017-07-17 14:17:44 | 日記

 他人の碁の観戦は実に楽しい。勿論口出し厳禁なので、大石の死活が絡んでいたりするとハラハラドキドキしますが、自分の碁ではないのでどちらに転んでも気楽です。
 例会におけるS先生とYさん(定先)との一局をチラチラ観戦していたら、Yさんの投了した局面で、図1のような部分図がありました。
 小生の疑問は図1の①以下⑪と打てば白の大石に眼がないのではと思っていました。もし⑦で2-十四と押さえると白に⑦と打たれて活きしまいます。また⑪でも2-十四と押さえると白に⑪とハネられてコウ含みに頑張られます。当然ながら、黒の⑦、⑪は基本的な死活の手筋です。 

図1 ⑨は2-八

 問題は上辺の黒の死活で、黒が図2の①、③と眼を取りに来た時、白が④のハネを利かし、⑥と逆に上辺の黒の眼を取りに来る手があるのですが、以下⑪まで追い落としで黒は活きています。しかし白から2-五のアテ込みが利き筋なっており、

図2 

 結局、図3の①から⑩までイキイキになるのが正解のようでした。他の人の碁でも大変勉強になります。しかも授業料はただです。

図3

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット | トップ | 碁聖戦第2局 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。