みちのく囲碁日記(時々絵手紙)

在住している地方の囲碁に関する出来事や、気になっている点などを気ままにつづっていきます。(絵手紙は全てY子さんの作品)

羞恥心

2016-11-20 08:57:21 | 日記

 最近何かと話題になっているコンピュータ囲碁。第2回囲碁電王戦において、趙名誉名人と和製囲碁AIソフト「DeepZenGo」の三番勝負第1局が昨日行われました。互先、名誉名人の先番(6目半コミ出し)で名誉名人の中押し勝ちでした。序盤から中盤にかけて、何度も名誉名人の”ボヤキ”があったことから、プロ並みの力があることは間違いないようです。
 人間同士の対局においては、名誉名人の貫禄や気迫に圧倒されてしまうこともありそうですが、コンピュータには全く通用しないのも人間側にとってはマイナス点。しかしコンピュータは善戦したものの及びませんでした。形勢が悪くなってから”意味のない手”を連発するのも頂けません。人間ならば恥ずかしくて絶対打ちません。機械には羞恥心がないようなので仕方がないのかも知れませんが強いだけに残念です。本三番勝負は名誉名人が三連勝するような気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« K先生を囲めず | トップ | 囲碁電王戦第2局 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。