ようこそ 大高忠の人権・同和教育のページへ

人権同和教育は終生の教育課題

自己研鑽に努め、差別を撤廃し

心ふれあう明るい社会の実現に

筑前琵琶に魅せられ

2016-09-18 11:07:53 | 日記・エッセイ・コラム

mosaicからコンチェルトに乗る

船旅を何度か経験させてもらったが

この度の乗船は、一味趣を異にしていた

 

奏者川井旭芳の筑前琵琶コンサート

流れるような語り、そして琵琶の響き

これぞ芸術の極みだった

 

「祇園精舎の鐘の声…」その響きに惹かれ

「平家の末路、人をして悲しましむ」の心境が

つま弾く音色に伝わってくる

 

 

一の谷の合戦に、迎え撃つ平知盛父子

孝子・知章は16歳、父の身代りになって

敵陣の中へ、さらなる悲運が待ち受ける

まさに、千載一遇のときとなった 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高砂神社 | トップ | 教育臨床研究塾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。