ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

ZOOM G5

2012年04月26日 | 楽器
先日PRSをリペアに出した時、ついでに新発売の
ZOOM・G5マルチエフェクターを弾かせてもらいました。
私は旧式の「G2」を持っていますがリターンに繋ぐと音量が足りなかった事があります。
(工夫次第で大きく出来たかもマスターVOLをフルアップするとか)
で、今回弾いたG5をアンプのリターン端子に繋いだら
音量が大きすぎてコレを調節するのにはVOLペダルで下げるか?
モデリングされたアンプモデルのレベルを下げるか?位しか思い浮かばず
そしてシングルコイルストラトモデルだった事もありノイズが酷く
それに四苦八苦してしまい、正直音はわかりませんでした(汗)

ただ、私の旧式G2より、新シリーズの方がレベルアップしているなぁと
思いますよね。
発売されたのがBOSSの「GT−100」と同時期だった事もあって
意外と注目が低かったのかな?
今回はアンプモデリングがDR・ZやCARRその他22種類入っているそうで
これは恐らくパワー管?として12AXが付いています。(ZOOM御馴染みの)
後、BOSSほどは長くないけど、ループ機能も付いているようで。
元々ZOOMは空間系に定評がありますしね、
私が持っているG2の頃は「歪みがおもちゃみたいだ!」「デジデジしている」
と酷評する人も結構いました・・・。
でも、ZOOM独特の音が好きだという人も多いですしね。
私もG2はかなり使いました。

今はどうだか?はわかりませんが
LINE6のPODやBOSSのGTシリーズ、その他は
アンプやエフェクトのパーツから組み上げて音を作り上げるタイプ、
ZOOMはパーツとかは別とし音を聞いてそれを目指すモデリングと
メーカーによって作り方が違うようですしね。

マッチレスモデリング
ZOOM G5 / Matchless 30 modeling soud

マーシャルモデリング(ガンズ&ローゼスイメージ)
ZOOM G5 demo


値段は25000円前後と、お得感もありますね。
4つセッティング画面があるので見やすいです。
ジャンル:
楽器
キーワード
マッチレス シングルコイル マルチエフェクター
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« Char 闘牛士  | トップ | スティーブルカサー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ気になっていましたニャン !! (=^ェ^=)ノ (ニャロメ)
2012-04-26 17:02:08
 オコンバンワ !! 、太郎さん。

ZOOMではG9‐2ttを所有しているニャロメですが、
これの唯一残念だったのが、アンプモデルと歪み系のモデリングが、
一緒の場所に入ちゃっていましたので、
併用する事が出来なかった事でした。
それと、より本物っぽいアンプの音を作るには、
色んなコツを覚えないとダメだったりしましたニャン。
今回はその使い勝手の悪さが修正せれているみたいですね。
太郎さん、これはアンプのモデリングのトーンコントロールを、
細かくセッティング出来る様になっていましたか??。
動画では判らなかったので、そこだけチョット気になっていたんです。
音色は個人差がありますが、Zぺデルは優れものですよね〜。
後、このマルチには爆弾の音がするエフェクターも入っているみたいですね。(爆)
ニャロメさん (太郎)
2012-04-27 16:13:40
セッティングまでは…すみません、
激しいノイズで詳しく見る余裕が無かったんですよ。ツマミは3つ位でしたかな?いや、あやふやなので
すみませんが、確認されて下さい。
音のリアルさはやはり旧シリーズより上がっていますね。
歪む系ストンプは別のバンクに入れれるようになっていましたね。
後、人が弾いているのを以前聞いた時は
やはり空間系はとても良かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む