ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

デスエンジェル 「ウルトラヴァイオレンス」

2017年05月26日 | 音楽
頂いた、ベテラン・アメリカンスラッシュメタラー大御所のインタビュー本
(BURRN!別冊)を読んでおります。
世の中ではBIG・4と呼ばれる(メタリカ、アンスラックス、メガデス・スレーヤー)
4バンドの名前は良く知れていますが、ケタ外れにBIGなのはメタリカだけ、
多くのミュージシャンのインタビューでも語られていますし私もそう思います。
BIG・4ツアーのステージの規模、膨大な数の観客を熱狂させるスベを持っているのは
恐らくメタリカだけでしょう。

そのメタリカは一番早くに注目されたバンドですが
私も当然入り口はメタリカでしたね。次にアンスラックス。
そして私と同世代~上の世代の方にはスラッシュ、デスメタルを拒絶する方も
かなり多いと思います。
が、ここ日本の巨大メタルフェス、ラウドパークではスレーヤー、アンスラックス、テスタメント
アークエネミー、チルドレンオブボドム、ユナイテッド、メタルアリージェンスと
エクストリーム系バンドが沢山出演した2015年の初日、
会場はビックリする位、客層が若返っていました。
その前の年、2014年ラウパに出演したデスエンジェルのステージはかなり良かったです。
それ以前に1度、スラッシュドミネーションでも観た事ありますが
出番が1番目という事もあるのか?照明や音響がメインアクトと比べ簡略化されていました。
ラウパのパフォーマンスはよりダイナミックでしたし、新作も良い作品です。

10年程前にデスエンジェルデビュー期を記事にしたので記憶がありますが
とにかくデビュー期は平均年齢17歳という末恐ろしいバンドとして
当時の日本のインディーズブームに警鐘を鳴らしました。
ジャパメタインディーブームをプッシュしていた雑誌「ロッキンf」でのレコ評でした。
メンバーにはずーっとついて回るこのデビュー期「平均17歳」という宿命ですが
もう50歳近くなっているメンバー達・・・。
デビュー時、両親の反対でエレキギターを始められなかった14歳の私・・・
ドラマーのアンディーガレゴンは同じ年でした。

事故を含め色々変換期があったこのバンドですが
現在オリジナルメンバーは2人だけです。
ボーカルのマーク、リードギターのロブ。
元々、フィリピン系アメリカ人で全員が親戚というバンド、
ロブのインタビューの中で、人種差別の強いアメリカ南部で味わった思い
「ラウドネスのメンバーなら解ってくれると思うよ」というコメントがとても印象的でした。

で、肝心のデビューアルバムの「ウルトラバイオレンス」
急激な展開の変化、まだマークのボーカルの若さとかありますが
平均年齢17歳なんていう肩書き?なんて一発で吹っ飛ぶ
今でも「名作」として輝いているデビュー作です。
若さと勢いで突っ走る躍動感、優れた演奏力、アレンジ、
まあ、よくこれだけの力を持って、はるかに年上のエクソダスやテスタメント達と
サンフランシスコ・ベイエリアで対等にやり合えたモノです。
驚異的に感じます。

Death Angel's "Thrashers"


"Death Angel's "Thrashers"" を YouTube で見る


LAのややこしい足の引っ張り合いと違い、
仲間意識の強いサンフランシスコ・ベイエリアは名の知れたバンド達
皆が協力してサポートし合ってたそうです。
(まあ、中には因縁のあるバンド同士もあるでしょうが)
基本「助け合い」だったみたいで。
「テープトレード」とか初めて知りました。

この頃、メンバー全員がフィリピン系ですが
個人的にはドラマーがアンディーだった頃のバンドサウンドが好きです。
躍動感があり。
ただ、メンバー色々事情もありサイドギターのペパなんかはフィリピンに移住しましたし。
現在バンドのリズム隊は欧州系メンバーにチェンジし
サウンドが随分タイトになりました。
勿論、今ラインナップは、それはそれで良いのですが。

このアルバム1~2曲目の畳み込むような曲繋ぎ
アイデアも豊富、逆にアイデアが有り過ぎて強引に合体させた感じもあるこの作品ですが
それが逆に作品を強い個性で輝かせています。


チト話が逸れますが、只でさえ日本では市民権が低いヘビーメタル・・・・
スラッシュメタルとなると歌メロが無いバンドも多いので
雑音にしか聴こえないという人も多いです。
頂いた「スラッシュメタルの真実」これをメタル友達に見せたら
「どーでも良いわぁ!」と言われてしまいました。
特にここ日本ではメタリカを除き
超アンダーグラウンドなロックジャンルとなりますね。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 用途によりエフェクター&ギ... | トップ | アーニーボール スーパースリ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どーでも良いわぁ (ぶりぶりざえもん)
2017-05-26 03:30:26
「あぁ、そうですか!」が
その友人に対する自分からの返答です。
嫌いな人間に無理矢理聴かせるのが
音楽の楽しみ方でないので♪
「人生、損してるね」が正直な感想です。

そんな自分もメロデス/メタルコアの
音楽シーンに飼い慣らされた音に
全く共感持てないし、LAメタルの高飛車ぶりに
嫌いで良かったと思ってるくらいです。

Violence凄く良いアルバムですね!!
でも、今のDeath Angelも素晴らしいですよ!!

※最近購入したアルバム/曲
Earth.Wind&Fire/ベスト
Flotsam&Jetsam/1stと2nd
RedBone/Come And Get Your Love
BoomBoomSatellites/Sinker
Cowboy be bap/The Rial Fork Bules
MetalGear/Quiet theme

ハハッ、メタルがすくないや…(ため息)
ぶりぶりざえもんさん (太郎)
2017-05-26 10:18:25
あれ?ウルトラバイオレンスは???

と、折角好意で頂いたのにすみませんね。
私は非常に楽しく読ませて頂いております。
その友人、メガデス、メタリカ、トムアラヤ、エクソダスは好きで
今回のクリーター新作薦めたら気に入ってヘビロテだったそうなんですが
メガデス、メタリカ以外は基本的に関心は無さそうです。
極論、好みの問題ですな。
ヴァイオレンス、私聴いた事無いのですよ。

私はとことん好みでは無いですが
LAメタルは高校生カバーバンドでやってたので
ラット、ドッケンなんかはかなり聴いていました。
ギターヒーローが居ましたしね。

ぶりぶりざえもんさんがアースを聴くなんて
これまたスラッシュとは真逆の音楽ですね。
私はデビュー〜黄金期のテープは沢山あるので
お薦めしたいアルバムも。
あっ!!間違えた!! (ぶりぶりざえもん)
2017-05-26 13:03:46
「Ultra」って、スペル入れていたんだけど
飛んでしまっていました(苦笑)
安心してください!DeathAngelのことを
コメントしたつもりです。
前のコメント書いていたときウトウトしてたので・・・

Violence持ってるけど、保管しています。
実際、聴くとリフリフリフ~ジャ~ンドコドコドコ~ッに
歌えるVoが乗る感じです。

Earth~は自分が勤めてるところで
南アフリカから来た研修の方と接したときに
話題になり興味をもちました。
RedBoneは、
映画「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」から
BoomBoomSatellitsはあの曲が好き
って感じですね。
後は、アニメやゲームのサントラからです。
ぶりぶりざえもんさん (太郎)
2017-05-26 20:21:21
最近このアルバム、テープでなんですが
体調マシな時に結構かけているんですよね。
初めて聞いたのは高校生の時で同級生からテープ借りました。

周りにスラッシュ脳な人間が極端に少なくて
高校から一緒にバンドやってた、当時アメリカンハードロックが大好きだった親友に
ディストラクションのアゴニーを聞かせたら「音楽なめてんのか!」なんて
言われた事もありますよ。そいつは後アンスラックス好きになるんですが。
ホント、私の周りではアンダーグラウンドでした。
特にボーカリストは当時拒絶派居たかも。
そういうのもあり?ヴァイオレンスを聴くチャンスもありませんでした。

アースは私もよくやった記憶あります。
そしてアースのリズムは超強力で、私アースやスティービーワンダーで
リズム感を鍛えてた時期あります。
ヒット曲は特に耳に馴染み易いモノばかりですしね。
ここのボーカル2人は私の憧れの人達でした。
モーリスホワイトは昨年無くなってしまいましたが。
(ハイトーンでない方のシンガー)
その研修に来ている南アフリカの人との出会い、良かったですね。
DeathAngelのネタなのに… (ぶりぶりざえもん)
2017-05-27 03:15:41
Earth.Wind&Fireの話題になってしまいましたね(苦笑)
DeathAngelもファンクの要素を
かなり取り入れていたので、
脱線してるわけではないと思います。

デニ男(デニス・ペパ)(B)の唸りを効かした
音数の多いベースラインは独特です。
(やっぱり、引退はもったいない)

嬉しいことと残念なことがあります。

「Ultra Violence」の国内盤、
争奪戦アイテム化しています。
注目、再評価されるのはうれしいですが、
最近のヤクオフを眺めると
余りのボッタクリ価格設定にうんざりしてしまいます。
ぶりぶりざえもんさん (太郎)
2017-05-27 11:18:31
いやぁ、そんなにアースかな?(笑)
そうですね、ACT参ははファンクスラッシュですし
ジ・オーガニゼーションはファンクバンドに?

デニスの、この曲で言えば
ギターリフの上で1オクターブ弾く所なんかも好きです。
収入安定せずロードが厳しい世界
家族との時間を大切にする人も増えてますね。
日本国内なら、例えばアメリカより遥かにラクだとは思いますが。

このアルバム、廃盤になって凄い値段付いていますね。
あの本でも名盤コーナーに入っていましたね。
私は仕方ない、テープ→USBメモリ→CD-Rですな。
そうしても長年テープで聴いていたモノは
CDでない限りテープで聴く習性が出来ております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む