ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

浜田麻里 「プロミスインザヒステリー」

2017年07月16日 | 音楽
以前書いたかも知れませんが私が浜田麻里を聴いたのはメタル末期の
「プロミスインザヒストリー」からです。
本来やりたかった路線に行く直前ですね。
(次作から産業ロック&AOR的になる)

私が歌う時しつこい位のビブラート奏法になったのは
浜田麻里嬢の影響も一部あるかもしれないと思いました。
この特にハイトーンで伸びる時のビブラート、凄すぎる・・・・。
本人の脳みそがビブラートで揺れて宇宙に行っちゃってるんじゃないか!?
そう思ってしまう程。
オープイングの「フェアレスナイト」で私は一発でヤラれました。
全盛期の勢いでは無い動画ですが、それでも凄い。

浜田麻里 BS 9


アルバムの内容も全編全くハズレ無し、聴きごたえのある曲だらけ。
3曲目のAメロなんか初っ端からすんごい!
B面1曲目は美しい女性ボーカルスタイルからメタル声になる展開も起承転結あって素晴らしい。
2曲目の「ラブ&フリー」はPOPで万人受けタイプですね。
このアルバムからは一般ジャンルにかけて一番アピールしやすいというか。
そして畳み込むスピードチューン「タイミアゲイン(?)」でカッコよくエンディングに繋ぐ。

ジュディマリのYUKIに影響受けた女子が多かったように
当時「麻里っ子」と呼ばれるの女性、私より上の世代の女性
結構多かったと思います。

コレはアメリカでのライブですかね?
観客のノリはいまひとつに感じますが
ビートルズのカバー「ヘルタースケルター」のハイトーンビブラートが凄まじい。
多くのアーティストがこの曲をカバーしていますが
私は浜田麻里バージョンが一番好きです。

Paradise ~ Helter Skelter / 浜田麻里 1990


メタル期の浜田麻里はここら辺りが最後の気もしますが
(レコーディングで渡米した頃ですかね?ポーカロ兄弟、マイケルランドゥーと凄いメンツでしたが)

妹の絵里さんも年月が経っても衰えが無い。
この姉妹、バケモノ姉妹です。

浜田麻里&絵里 Border


因みに名古屋のライブハウスでスタッフをやっていたJさんは
浜田麻里嬢本人にお酌して貰ったらしい。
とても感じが良く丁寧な方だった・・・という話を聞きました。

ふと思うのですが
陰陽座の黒猫さんやマーデラスの蛇石マリナ嬢とか
浜田麻里エッセンスを強く感じました。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェルナンデス ネック修理 | トップ | WWE »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ごり)
2017-07-16 21:49:28
こんばんは。
確かに自分(今47歳っす)より少し上の年代で、バンドやってたり、ボーカルやってたりする人に、浜田麻里をリスペクトする人は多かったですね。10代の頃ライブは実現せず、空中分解してしまいましたが、自分以外全員先輩ってバンドで浜田麻里の曲を練習していました。私自身は、以前こちらで紹介されていた、AOR移行へのターニングポイントとなった。『イン・ザ・プレシャス・エイジ』もよく聴いてました。
彼女より若い世代の、ハイトーン系?女性ボーカルだと、やはり陰陽座の黒猫さんは良いですね。
あと自分が印象に残ってるのは、元ライト・ブリンガーのFUKI嬢ですね。彼女はそれこそボーカルの抜けたガチャリック・スピンの楽器隊とコラボしたりしてますが、ライブで『リターン・トゥ・マイセルフ』かなんかをカヴァーしてました。今は何をしてるんだろう・・・
ごりさん (太郎)
2017-07-17 14:49:12
そうですよね、麻里ちゃんはヘビーメタルのキャッチフレーズの頃
今よりは短いけどセクシーな恰好のロックお姉さんが居ましたよね。
ごりさんもほぼ私と同世代ですよね。
友人のお姉さんがジャパメタ歌いたいというので
アンルイスのギター練習をまだ初心者の頃やっていましたが
校内放送で流れてた「ブルーレボリューション」のソロ
「お前はコレ位は弾けるだろ?」と言われ無茶苦茶なのに出来ると答え
リハで大ヒンシュク買った経験アリです。
バックのメンバーも日本ロックシーンでの実力者揃えていましたよね。
ラウドネスのひぐっつぁん、Bzの松本氏、厚美玲とか。
カラオケではよく歌っていましたが、以前ライブで「ラナウェイフロムイエスタデー」
前の曲で喉潰れた状態でバラード、ヘロヘロで歌い大失敗しました。
インザプレシャスエイジは浜田麻里が美しくてジャケ買いしたのですが
メタルでは無いのでガッカリしてあまり聞かなかったのですが
後々、良い楽曲で無駄の無いアルバムと考えが変わりました。
TOTOとマイケルランドゥですしね。
黒猫さんはビジュアル、品の良さ、気配りの良さ、歌の上手さ
最高ですね。陰陽座カバーバンドで滅茶苦茶増えましたよね。ウケるし。
そのFUKI嬢、名前だけは聞いた事あるんですよ。
ガチャピンともやっていましたか。あそこ元々色んな子達ですよね。
古賀ちゃんなんかグラビアからスラップベースの名人ですし、昔はEITAが居たり。
故Armmyが抜けた後の「ガチャピンチ」に参加したのかしら?

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事