ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

WWE

2017年07月17日 | プロレス
ECWは勿論、WCW迄飲み込んでしまい
まあ、ビンスマクマホンJrの経営者としての凄さが
一番の強いイメージになりました。(手段はえげつない事は多々)

98年、サイパンに行ったのですが
月曜の夜の全く同時間にWCWとWWF(旧)が視聴率戦争しているではないですか。
「ホントだったんだ・・・」とビックリしました。
私、以前から大男が戦うリングとしてWCWのリングは小さく
技のタイミングがズレダイナミックに映らない違和感をずっと感じていました。
UHFで毎週WCWの数か月前の試合がOAされていたのですが
観ていてフラストレーションが溜り・・・解説のタイガー服部もボロクソに酷評している。
テリーファンクがハードコアスタイルで出てきた時タイガー服部は
「テリー!プロレスの凄さを教えてやってくれー!」なんて言ってました。
そして、一方のWWF。私がサイパンで見た時は
マンカインド(カクタスジャック、ミックフォーリー)VSケインの金網デスマッチでした。
コレはマンカインドの試合だからだと思いますが巨体のケインが凄い勢いで
イスを振り落としボコボコにしながら耐える。WWFにダイナミックさを感じました。

そしたらNWO人気も落ち知らない内にWWFがWCWを吸収してしまってました。
この頃、日本の「海援隊」がWWFに上がっていましたな。
フナキはそのままレポーターで残ったし。

元々エンターテイメントと政治色が強く、昔からの名レスラーは
WWFのプロレスを嘆いていましたね。
深夜、地上波で30分見れるようになった時、クリスベノワとカートアングル
エディーゲレロとジャイアントとの抗争とかやっていましたが
(たぶん当時の「LOW」の方)
あのマクマホン劇場は別として、この時期ものもの凄いインパクトを感じたのが
ブロックレズナーとカートアングルでした。
アングルは元レスリングのオリンピック金メダリスト、
レズナーは後にUFCチャンピオンとリアルファイトに滅法強い男達でしたが
この二人のインパクトは強烈でしたね。アングルはカツラ被ってベノワと抗争していましたが。
問題児のレズナーが日本に来た時のグリーンボーイだった東京ドームメインイベントの
中邑戦だけはいただけなかったですが、永田や中西との試合が見応えありました。
名レスラー永田との試合は特に面白かった。
コレがカートアングルも然り。
今ではお宝なカードですよね。

Kurt Angle vs Brock Lesnar


"Kurt Angle vs Brock Lesnar" を YouTube で見る


多くの日本人もWWEに行きました。海援隊、田尻、
鈴木健三&ヒロコ、ヨシタツ(ヒロコが現在市議というのがビックリ)
KENTA、プリンスデイビット、中邑真輔、そしてAJスタイルズ。
今、WWEを見れる環境は無いしどうやって進んでいるのか?存じません。
AJが世界タイトル挑戦、中邑がNEXTのチャンピオンになった所までです。
地上波で放送してくれれば見るのですが
アメリカンプロレスはすっかり疎くなりました。

成果を上げられなかったレスラーは完全実力主義でバッサリ解雇されますが
以前書いた日本人レスラーの流出はキチンと契約を良くしてないと
巨大企業WWEに飲み込まれてしまいますしね。

後、パットパターソンやリッキーハンター等、
往年の元レスラー達がTVスタッフとして働いていたりと
意外な受け皿が有る事に驚きました。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜田麻里 「プロミスインザヒ... | トップ | 中国製エピフォンレスポール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (10.9)
2017-07-17 23:14:02
WCWは

必要な団体だったと思います・・・

スカパーの時代 どっちかと言ったら WCW見てましたね 私は。



ビンスに吸収されずに いたら

アメリカのマット界も もっと盛り上がっただろうと予測します。



そういえば ポーゴさん 亡くなったんですね~。

まさか 腰の手術中に 命を落とすなんて

本人も 夢にも 思わなかったでしょうね。。。


その ニュースを聞いて 

自分の 手術する時に サインを 求められた時を

想い出しましたね。

ずーっと 目が覚めなくなるんだなぁ って

一瞬 考えましたね ほんとに(苦笑)


人の命 って 儚い もんですねぇ。。。

 
10.9さん (太郎)
2017-07-18 03:41:08
マンデイナイトロ、話題は本当に豊富だったのですが
個人的にはゴールドバーグ位しか興味無くなってしまいました。
躍動的なムタが小さいリングでドロップキックが上手く決まらずとか。
蝶野はスコットスタイナーとかにガンガン仕掛けられたようで。
WWEが支配してしまい、何かメジャー一つだけですからねぇ。
パターン化してしまい。カートアングルが上がっていた頃の
TNAとか良かったです。皆がロック様にならなければ良いですね。
早々エンターテイメント宣言しスポーツ税から逃げましたし、日本では日本公演ですね。

そう、知りましたポーゴの死!ショックです。
どうりで最近このネタのアクセスが多かった訳でした。
改めて、追悼記事出したいと思います。前日まで大仁田と電話してたそうですね。
腰の手術の脳梗塞‥‥
手術の同意書、ホント重いモノですね。
私も薬飲んでいるので、こういう事起きても不思議ではありません。

コメントを投稿

プロレス」カテゴリの最新記事