ヤンディーズ

現在闘病中で「病んでいる」ボーカル&ギタリスト、「太郎」の独り言

SONY、29年ぶりにLPレコードプレス再開

2017年06月30日 | 音楽
狭い日本でLPというのは保管場所が必要ですからねぇ。
90年代のDJブームの時、ターンテーブルとアナログ版が売れましたが
それも、もう20年程昔の話・・・・。
北欧とか新譜をLPで発売したアーティストとか居ましたよね。
CDは便利所か・・・いや、CDでも場所を取り
ステレオ装置は勿論、CDすら持っていない方もかなり増えたかと。
スマホやタブレットの存在がよりCD等ソフトとの距離を裂いてしまいましたね。

ジャケ買いなんて、もう懐かしすぎる言葉ですね。
今でもLPを製造している所はありますが
世界に名が知れたSONYがアナログレコード生産を
自社で行うという事がニュースになりました。

写真は私が所有しているディープパープルの「BURN」です。
MP3に変換された音では味わえないアナログの暖かさと
生々しさがあります。
私も数枚、LPをUSBメモリ→CD-Rに焼いたモノがあるのですが
毎回LPプレーヤーを回すのもしんどくなり
でもCDでは無くてLPからカセットテープにダビングしたモノに
今でも手が伸びる事があるのですよね。

今、私のアナログLP達は70枚位かしら?
場所を取りますし、LPプレーヤーも高価なモノでは無く(AIWA)
レコード針も危ういです。
昔はダイアモンド針とかありましたね。
(他所の家のLPプレーヤーのダイアモンド針を壊してしまい弁償した事があります)
例えば6畳収納ナシのワンルームマンション、アパートだと
これ等を維持するのはしんどいですよね。
特に、昔でいう団地サイズ。
ただ、こういうLP需要は嬉しいモノで
私の部屋に山ほど置かれて置き場に困っている
カセットテープ、MDの再生プレーヤー
VHSビデオデッキなんかもついでに再生産・・・・なんて・・・・(夢)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケンパーの 需要増した気がし... | トップ | BAD CATアンプ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ES335TDC)
2017-06-30 22:15:29
太郎 さん


こんばんは、335です。このBURNのジャケット、良いですね~。良いジャケはレコードだとちゃんとした芸術になりますもんね。

私、世代的にはレコードも普通に身の回りにあったのですが、とにかく音楽を聴き始めたのが遅かった事もあり (両親が音楽を聴く人ではなかった)、レコードは買った事/聴いた事無かったんです。

20歳位の頃先輩の家で初めてレコードを聴いて、音の柔らかさにビックリしました。太郎さんコレクションを聴かせてもらいたいです (^-^)。
ES335TDCさん (太郎)
2017-06-30 22:48:52
ご無沙汰しています。お疲れ様です。
BURNのLPは、コレ西銀座の中古レコード屋
「ハンター」で漁りまくったモノです。(今は閉店)
確か300円位でした。
とにかくドラムの音がアナログだとダイナミックです。
CDデジタルリマスターされたモノで悲しくなるような
ドラムにMIXされてしまった作品がどれだけある事か・・と。
私が産まれて初めて買ったのはジグゾーの「スカイハイ」でした(笑)600円でした。
確かに、音楽を聴かない家庭では聞いてもTVやラジオの歌番組ですよね。
ウチは父がクラッシック教育の家でしたので、オープンリールテープとデッキが
結構置いてありました。デッキは関西のモノだったので220Vだったのですが。
置き場やLPの裏返しは今となっては面倒ですが
A面からB面にひっくり返すのがインターバルだったりで一呼吸付くのが良くて。
私のコレクションはビートルズ~ハードロック・ヘビーメタル、そしてAORが多いです(^^;
良かったら是非!

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事