K馬日記

Art always makes me happy.

アンドリュー・ヘイ『さざなみ』

2017年05月21日 | 映画
かなり暖かくなって来ましたね。これからくる梅雨の時期が憂鬱なただけーまです。

今回はアンドリュー・ヘイ監督の『さざなみ』です。原題は"45 years"、結婚45周年を迎えようときている夫婦の話です。夫の嘗ての恋人の影が、45年目を迎えた夫婦の心を波立たせる、繊細な人間の心を描いた作品です。




<Story>
土曜日に結婚45周年の記念パーティーを控えるジェフとケイト。しかし月曜日にある手紙が届いたことで、彼らの土曜日までの6日間は、45年の関係を大きく揺るがしていく。
山岳事故で死んでしまったかつての夫の恋人の揺るぎない存在が、突如として夫婦の関係に入り込んできたとき、夫は過去の恋愛の記憶を日毎に蘇生させ、妻は存在しない女への嫉妬心を夜毎重ねていく。それはやがて夫へのぬぐいきれない不信感へと肥大していくのだった…。
夫婦が重ねた45年とはいったい何だったのか?長い年月は互いの不信や嫉妬の感情を乗り越えることができないか?(『映画「さざなみ」公式サイト』より)


みなさんには、忘れられない恋人はいますか?昨今は、いくつかの恋愛遍歴の後に結婚する方が多いと思いますが、果たして人生最良の人とどのくらいの人が結婚できているのでしょう。
もし、過去の女性に未練のような想いを残していた場合、その想いは何年で消えるのでしょうか?本作では、そうした人間の複雑な心の機微が描かれています。



週末に結婚45周年記念パーティーを控えていたジェフとケイティ。そんな仲睦まじいふたりの元に届いた一通の手紙には、ジェフの嘗ての恋人カチャが氷漬けの遺体となって発見されたというものでした。それも、若い姿のまま。
まず波打つのはジェフの心。彼は夜な夜な嘗てのカチャとの写真を眺めて過ごすように。そして、最終的にはカチャの遺体を見に行くことを進言します。
しかし、ケイトにも45年連れ添った良き妻としての自負があります。恐る恐る、彼女が亡くならなかったら結婚したかと尋ねると、「した」と即答するジェフ。ケイトはジェフの心が離れていくのを止めることができず、とうとう、ジェフの昔の写真をこっそりプロジェクターで映写してしまいます。



そこに写されたのは到底敵わない「若くて」「妊娠した」カチャの姿でした。プロジェクターの電源を切るのと同時に、ケイトの心も愛情を失ってしまう(糸がプツンと切れるような演出)わけです。カチャとは子供をもうけてもケイトとはもうけない。ジェフのこれまでの選択の裏には、すべてカチャが潜んでいることを悟ったのでした。

そして迎える45周年記念パーティー。ジェフのスピーチでの愛の言葉も最後の社交ダンスも、すべて意味はないことを知っているケイト。それらはすべて、嘗てジェフがチェカとしたかった物事なのです。



「老いると選択肢が少なくなるが、若い頃の選択は間違ってはいない。ケイトとの結婚は正しい選択だった」というジェフのスピーチは一見感動的ではありますが、すべてカチャに置き換えられるだけでなく、ケイトと子供をもうけなかったことさえ肯定しているようにすら感じられてしまいます。
そもそも、選択肢に言及する時点で、ケイトにとっては恐ろしく配慮の足りない台詞でしょう。愛情に冷めたケイトのまっすぐな視線は、余りにも鬼気迫るものがあります。シャーロット・ランプリングの圧倒的な演技に思わず拍手。



永遠の愛の肯定は、真実の愛の否定にもつながるんですね。最早、愛情の存在さえ疑わしくなってくる、恐ろしいほど残酷な話でした。

まあ、元カノからもらったものはすべて処分するに越したことはないということですね。「物に罪はない」ですが「もらったことが罪」と考える人も居ますから。アーメン。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ウディ・アレン『カフェ・ソサエティ』

2017年05月17日 | 映画
おはようございます。毎週のように東京ビッグサイトに通いつめているただけーまです。

たまにはタイムリーな更新を、ということで、ウディ・アレン監督の最新作『カフェ・ソサエティ』鑑賞しました。
ジャズ好きな男と夢を追いにハリウッドに出てきた女の悲恋物語。デイミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』が大ヒットした記憶が新しいですが、奇しくも設定が似通っています。




<Story>
もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ"愛称ヴォニー"の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。(「映画『カフェ・ソサエティ』公式サイト」より)


【以下、ネタバレあり】

同監督の『ミッドナイト・イン・パリ』と『マジック・イン・ムーンライト』が大好きすぎて楽しみにしてた作品。ゴリゴリのウディ・アレン節が効いていて、ユーモアたっぷりの皮肉で世の中の真実を表現した作品です。
ただ、個人的にはエマ・ストーンが最高にかわいかった『マジック・イン・ムーンライト』でのインテリ批判や、ケイト・ブランシェットが主演を務めた『ブルージャスミン』におけるハイソ批判など、もう少し毒があった方が好みだったかなぁ、という感想でした。

相思相愛ながらも選ばなかった女と選ばれなかった男が、再開したときに嘗ての想いに寄せられてキスを交わす。それは、選択された愛情に対するシニカルな視点でもあります。






惹かれ合うボビーとヴォニー

ハリウッドに出てきた主人公のボビーは、叔父のフィルに紹介された女性ヴェロニカ(ヴォニーが愛称)にハリウッドを案内されていく中で次第に恋に落ちていきますが、実はヴェロニカはフィルの不倫相手というオチ。結局、ヴォニーを叔父に取られ、ボビーは実家のあるニューヨークへ。兄のツテでバーで働き始めます。


カフェの支配人として働くボビー

そこで、カフェ・ソサエティのイロハを学びながら、ひとりの男として自立し始めるボビー。そこで出会った、嘗て恋した女性と同名のヴェロニカというバツイチの女性と結婚します。


結婚相手のヴェロニカ

予告編では二人のヴェロニカという触れ込みでしたが、本篇の内容は完全にひとりのヴェロニカ(ハリウッドのヴォニー)が中心の話でした。
まるで、ヴォニーを忘れるために別のヴェロニカと結婚し、妊娠報告を受けた際も、ヴェロニカに向かって思わずヴォニーと呼んでしまいます。再開したヴォニーに関係を迫る姿勢からもボビーの強い未練が感じられるわけです。
ヴォニーも実は同じ思いで、ボビーのことを想っていたことがハッピーエンドを予想させますが、結局二人は口づけを交わすまでで結ばれず、各々の人生を生きながらぼんやりと相手のことを夢想するカットで終わりになります。
最後に呟かれる"dream is a dream(夢は夢)"という言葉は、まさに『ラ・ラ・ランド』にも当てはまる台詞でしょう。

しかし、アイゼンバーグは『嗤う分身』のときも思いましたが、冴えない男性の演技が素晴らしいですね〜。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

イエジー・スコリモフスキ『イレブン・ミニッツ』

2017年05月17日 | 映画
こんばんは。久しぶりの皇居ランで身体がバキバキのただけーまです。

さて、突然ですが。11分あったら、みなさんは何ができますか?ぼくは11分あっても特に何もできない無能男なのですが、実は11分あれば人生は劇的に変化し得えます、というのが、巨匠スコリモフスキの最新作『イレブン・ミニッツ』です。



17:00〜17:11までの11分間の間に起きた、複数の人間ドラマが巧みに組み合わせられた実験的作品。最終的には複数の物語が集約し、大惨事をもたらす結果になります。ストーリー性のない、意味をなさないモンタージュの連続で、非常にアヴァンギャルドな作品でした。
この作品を通じて強く感じたのは、たった11分間で平穏な人生が一変してしまう「人生の脆さ」です。そうしたテーマは、テロや災害など現代社会の問題を反映しながらも、ダミアン・ジフロン監督の『人生スイッチ』(ちょっとしたきっかけで人生を狂わせてしまう6つの短篇集)も思い返させます。
11の1が腕となってもう一方の1に掴みかかっているビジュアルが最高にクール。人生というものは運命という悪魔の手にかかっているわけですね。



登場人物はみな上空に異質な物体が浮いているのを認めます。それが何かは物語上は明らかにされませんが、登場人物を俯瞰するかのように浮遊する存在は、語り手としての神の視点を思わせます。
俯瞰的な神の視点は、最後複数の俯瞰映像がコラージュされていくシーンで明らかになるのですが、このコラージュがロック音楽と進んでいく様子が最高にカッコいい。まさにそのまま、ナムジュン・パイクのようなビデオアートとして通用しそうな出来です。



映画監督に犯されそうになる女優役を演じた、パウリナ・ハプコって女優のどエロなインパクトが強烈に残っています。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジェームズ・ワンダービルト『ニュースの真相』

2017年05月14日 | 映画
こんにちは、みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。ぼくは友人の結婚式×2、2年ぶりディズニー、香川県の島(小豆島、豊島、直島)旅行、楽団の合宿と、非常に休めないゴールデンウィークでした。楽しかったですけど!

今回も去年の話ですが『ニュースの真相』を鑑賞したので更新します。原題は"Truth"で端的にこの映画を表現したものです。邦題は「ニュース」に限定しなくても良いのでは?というのが正直な印象。




<Story>
ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた04年。アメリカ・CBSニュースのベテランプロデューサー メアリー・メイプスは、伝説的ジャーナリスト ダン・ラザーがアンカーマンを務める番組で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、センセーションを巻き起こした。だが、「新証拠」を保守派のブロガーが「偽造」と断じたことから、CBSは激しい非難を浴びる。同業他社の批判報道もとどまるところを知らず、ついに上層部は事態の収束を図り、内部調査委員会の設置を決定。そのメンバーにはブッシュに近い有力者も含まれている。肝心の軍歴問題は取材打ち切りとなり、もはや疑惑は存在しないも同然だった。メアリー、ダン、そして取材チームは会社から切り捨てられるのか? 出来レースのような委員会との闘いを前に、メアリーは勇気を奮い起こす。圧力に屈することなく、真実を伝えることを使命とするジャーナリストとしての矜持と信念を示すために―。(「映画『ニュースの真相』公式サイト」より)


ブッシュ大統領の従軍偽装を暴こうとしたジャーナリスト メアリーとそれを抑えようとする権力の抗争。あんまり評価高くないようですが、個人的には同じジャーナリズム映画『スポットライト 世紀のスクープ』(2016年アカデミー賞作品賞受賞)よりもドラマチックに撮られてて好みでした。

真実に迫る姿勢を貫いたメアリーとその想いに応えるスピーカー ダンのコンビが、さながらヒーローのように痛快なドラマを見せてくれます。
父親と折り合いのつかないメアリー(根強く残る父権的社会を感じさせる)が、窮地に瀕した際にダンに向かって"Dad"と呼びかけるシーンが一番好きでした。疑似家族と言うのでしょうか、『ディーパンの闘い』や『わたしは、ダニエル・ブレイク』でも同様の眼差しは見られますね。



疑惑報道の調査委員会に対して、メアリーが怯まずに反論するシーンも、ケイト・ブランシェットの演技がキマっていました。ケイトは存在が強いので、作品によっては作品に買ってしまう嫌いがありますが、今回のベテランジャーナリストという役柄にはピッタリでしたね。
父権主義的な父親と折り合いが合わないというのも、何となくドンピシャな気がします。(キャロルで同性愛者を演じていたイメージから?)



ラスト、メアリーがCBSから解雇され、チームの面々が会社を去っていくシーンがかなりカッコイイ!スローなカメラワークで劇的に描写されています。かなり
権力との試合には負けたが、勝負には勝っているようなイメージ。ジャーナリズムカッコいいなと単純に思える良作。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

平野啓一郎『マチネの終わりに』

2017年04月23日 | 文学
こんにちは。最近あったかくなりましたね。初ヨーロッパで慌てふためいているただけーまです。

今回は久しぶりに小説の感想です。昨年、アメトークの本大好き芸人でも話題になった平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』です。※特設サイトにリンクします。
マチネ(matinee)とはフランス語で「朝・午前」を意味する単語ですが、とりわけクラシックの世界では「昼の演奏会」を意味します。



クラシックギタリストの蒔野聡史と著名な映画監督ソリッチを父に持つ国際ジャーナリストの小峰洋子が、互いに運命的に惹かれ合うも、いくつかのすれ違いで結局結ばれなくなる大人のビターな恋愛譚です。
そのストーリー展開の中で、リルケの『ドゥイノの悲歌』やトーマス・マンの『ヴェニスに死す』など、さまざまな芸術や哲学の引用がなされ、今もなお続く国際紛争に対しては、洋子の言葉を通して世論にも訴えるような、社会性も併せ持った作品でした。
ぼくは純文学としては、割と思想のコテコテに入った昭和の作品が好きで、現代作家の小説は所詮敵わないだろうと高を括っていた節(何様)がありました。が!この作品にはやられてしまいましたね。最後の文章では思わず涙が……いやぁ、久しぶりに素晴らしい純文学に出逢いました。

読後の感想として真っ先に浮かんだのは、こちらも今年大ヒットしている、デイミアン・チャゼル監督の映画『ラ・ラ・ランド』と共通点が多いということです。
音楽(『ラ・ラ・ランド』はジャズピアノ、『マチネの終わりに』はクラシックギター)を軸に、近い境遇にある二人の男女(『ラ・ラ・ランド』は二人とも夢を追い、『マチネの終わりに』は二人とも仕事に大きな転機を迎えていた)が心を通わせ、すれ違いで結ばれなかったという構成が非常に酷似しています。
そして、数年後「ひとりの男」と「ひとりの女」として再開し、二人を結びつけた音楽の披露(『ラ・ラ・ランド』ではセブのジャズライブ、『マチネの終わりに』では蒔野のリサイタル)を経て、微笑みを交わすエンドまで共通しているのです。同時期にこんなに類似し、優れた芸術作品が出てくるというのは、両者ともに現代社会の普遍的なテーマを的確に捉えているのでしょう。

それは、ぼくもよくあるのですが、"if"の思考回路です。「あの時、ああしていれば〜」という過去に囚われる(過去を主観で捉えてしまう)考え方。良作が大きな反響を呼んでいるのも、この問題が現代社会に蔓延しているということの裏返しではないでしょうか。
別の言葉で言えば、特に『マチネの終わりに』で取り上げられた「過去の客観視」ということでもあります。蒔野は作中で「過去は変えられる」という台詞を語り、実際に「結ばれ得た二人の関係性」というビターな過去を変え、二人の友人としてのマイルドな過去に昇華しているのです。
それは『ラ・ラ・ランド』で、セブとミアが交わした視線にも同様のことが言えるでしょう。あの時すれ違っていなかったら、一緒になれたであろう歯がゆい過去をミアが振り返り、それでも現状を肯定するような微笑みを浮かべるのです。

『マチネの終わりに』では、リルケの『ドゥイノの悲歌』が二度引用されます。一度目は、蒔野と洋子が想い合ってフランスに滞在していたとき、二度目は、蒔野と洋子がアメリカで再開する最後のシーンです。

天使よ!私たちには、まだ知られていない広場が、どこかにあるのではないでしょうか?そこでは、この世界では遂に、愛という曲芸に成功することのなかった二人が、得も言わぬ敷物の上で、その胸の躍りの思いきった、仰ぎ見るような形姿を、その法悦の塔と、疾く足場を失い、ただ互いを宙で支え合うしかない梯子を、戦きつつ、披露するのではないでしょうか?--彼らは、きっともう失敗しないでしょう、いつしか二人を取り囲み、無言のまま見つめていた、数多の死者たちを前にして。
その時こそ、死者たちは、銘々が最後の最後まで捨てずにおいた、いつも隠し持っていた、私たちの未だ見たこともない永遠に通用する硬貨を取り出して、一斉に投げ与えるのではないでしょうか?
再び静けさを取り戻した敷物の上に立って、今や真の微笑みを浮かべる、その恋人たちに向けて。
リルケ《ドゥイノの悲歌》第五の詩より引用(平野啓一郎訳)


二度目の引用では、蒔野が断片的に思い出す形で引用されるため、端的に恋人たちへの歌に変容しているのも、かなりニクい表現です。どう端折ったのかはぜひ読んで確かめてみてください。
ここに記された「真の微笑み」こそが、蒔野と洋子の、そしてセブとミアの見せた微笑みに違いありません。彼らは「愛という曲芸」に失敗したものの、形を変えて(過去を捉え直して?)永遠の「恋人」であり続けるのです。

そして、ヒロインである小峰洋子の魅力も特筆すべき点でしょう。著名な映画監督を父に持ち、多国語を操りながら、国際社会のために働く姿は紛れもなく「良い女」なのですが、「萌え」や「かわいらしさ」「いじらしさ」のような様子は微塵もありません。四十歳を目前にした妙齢の女性の魅力が十分に表現されています。
洋子が要所で口にする『なぜなのかしら?』という言い回しが非常に素敵です。自分の理解できない(時には非人道的である)ことに対してさえ、否定するのではなく疑問を呈する構え。作中で描かれる彼女の(上品・上流とはまた違う)"気品の高さ"を感じさせる台詞です。

いやあ、ぼくも独身のまま四十歳手前になったら、ビターで大人な恋愛をしてみたいものです……などと考える初ヨーロッパの夜なのでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加