てかまる日誌 goo支店

てかまるです。
ニュースを通じて日本及び世界の様々な問題に取り組んでいきたいと思います。

民進党は党名変える前から「求心力低下」

2017-03-13 06:56:53 | Weblog
民進党大会、有名人の姿なし 自民は豪華ゲストが参加

朝日新聞によると、蓮舫民進党代表の「守りの姿勢」は否めず、求心力低下は歯止めがかかりそうにない。と報じられていますが、民進党は党名を変える前から「求心力低下」していたのではないかと感じました。
その遠因が東日本大震災における菅元総理のパフォーマンスだけでなく、民主政権下の無為無策であったと感じました。
それに怒りを感じたのが有権者であります。元民主党の渡部恒三氏が政界を引退したのは、震災後しばらくして渡辺恒三事務所のガラスが叩き割られた事件が原因でした。私が懇意にしているmixiユーザーが渡辺恒三の近くに住む友達から聞いた話。東日本大震災に於いて恐らく何もしない民主党に対する怒りからそのような事件が起こったと言われています。
そのmixiユーザーは友人が言うには「渡部恒三は次の選挙には出ないよ。民主党政権に怒り狂った福島県民に怯えきっている」とな。年齢も有ったのだろうけどこの翌年引退表明したのです。
私見ですがそのような事件が起こったのは、東日本大震災の無為無策に加え、民主党が国民の自党に対する怒りや批判をマスコミ操作などのいびつな形で封じたからだと感じました。民主政権がこのまま続いたら、暴動どころか、内乱すら起こり得たと思われます。
また自衛隊は自衛隊で民主政権に怒りを感じ、もし民主政権が「永久」に政権を維持しようとしたならば、民主政権に怒りを感じた自衛隊によるクーデターが勃発し、民主党どころか支援団体や左翼、および支持するマスコミや知識人すら殲滅されていたかもしれません。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本大震災からの復興計画... | トップ | 「お客様は神様」の本当の意... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。