てかまる日誌 goo支店

てかまるです。
ニュースを通じて日本及び世界の様々な問題に取り組んでいきたいと思います。

7月16日川崎デモについて

2017-07-17 02:27:41 | Weblog
7月16日に「行動する保守」のスタンスを持つ人気愛国ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰や『瑞穂尚武会』の津崎尚道代表らの呼びかけによる川崎デモが神奈川県川崎・中原で開催されました。
昨年6月5日に「ヘイトスピーチ」「ヘイトデモ」とみなされ、共産党、民進党、在日やしばき隊などの圧力によって中止に追い込まれたデモのリベンジだといわれております。
デモの開催にあたっては、の開催日時や場所については参加申し込みのあった希望者にのみ伝えられ、全てが非公表の形で行なわれました。
また参加者の安全を考慮し、チャーター・バスでデモ開催地まで移動を余儀なくされました。移動の車中、現場責任者の津崎代表より挨拶があり、「もはや川崎は日本とは言えない! 川崎の状況は法治国家ではない!」と檄を飛ばしました。
参加者は川崎に到着後、デモ行進を行いましたが300メートルを進んだところでカウンター勢力の妨害が激しくなり、車道に飛び出そうとする者や車道に座り込もうするものが現れ、乱闘騒ぎになりつつあったので中断され、参加者はバスへと戻ったのでした。
正式な手続きに則って行われたデモを「ヘイトデモ」とみなし、妨害する姿勢はいかがなものか、また動画内ではデモ参加者による、「ヘイトスピーチ」らしき言動が全く見受けられず、逆にカウンター側の路上への座り込みや寝転がるという道交法違反が目立ちました。
また気になったのは昨年デモに対するカウンターを行った共産党や民進党議員が今年のデモには姿を表さなかったことです。
今年の川崎デモは途中で中止に追い込まれたものの、昨年に比べれば300メートル行進でき、参加者に怪我がなかったのが幸いでした。またデモを貶めて潰したいという左翼や在日の卑劣さを改めて認識しました。またデモ参加者には「お疲れ様」と労いと感謝を示したいと感じました・・・

参照 川崎デモ再び…!!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52052607.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の民主化運動家がこんな... | トップ | 評論家・山崎正和氏が説く「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。