てかまる日誌 goo支店

てかまるです。
ニュースを通じて日本及び世界の様々な問題に取り組んでいきたいと思います。

「書き写し」で英語力をアップしよう!!

2017-05-14 07:12:53 | Weblog
関西学院大学の塚田幸光教授は英語を「書き写す」ことによって英語力をアップさせることを主張しています。そのきっかけが、「大学時代、TOEFLのリスニングに苦しみました。どうしたら英語が聞き取れるようになるのか? 英文を一度読んで、話の流れと語彙を確認してから聞くと、よく聞き取れる。さらに、全文を書き写してから聞くと、もっとよく聞き取れることに気づきました」
英語を書き写したあとの反応と効用について塚田教授はこう語ります
「手を使って書くことで、流して読んでいた部分も、細かく意識し、理解できるようになったのだと思います。当たり前のことですが、知らない英語は聞き取れないけれど、知っている英語は聞き取れるようになる」
「文を全部書き写すことで、単語ではなくフレーズで捉えられるようになります。フレーズで捉えられるようになると、文の意味がよくわかってスカッとしますよ」

それを読んで単に英単語を暗記するだけや、ただボーゼンと英語の教科書を読むだけでは英語は身につかないと感じました。またmixiユーザーのボイスによれば英文を書き写した人は、「僕は著者になったつもりで書き写しているんだ。著者の息遣いまで分かってくるよ」という人もいます。
塚田教授は仕事で英語を使う人はぜひTOEICの素材で書写をしてみてほしいと述べていますが、どうせ英語を書き写すときに英文法の問題集や英文集を書き写すのが苦痛ならば、お気に入りの英語の映画のセリフ、英語の歌のフレーズ、や気に入った、感動した英語の本を読んでその中の文章の書き写しを行うのも一つの手だと思います。


「書き写す」だけで英語力アップ? 目からうろこの理由とは
※『AERA English2017春夏号』より


Flag Counter
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 従軍慰安婦という嘘を創作し... | トップ | 銀行の名前が変わって 「三... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。