てかまる日誌 goo支店

てかまるです。
ニュースを通じて日本及び世界の様々な問題に取り組んでいきたいと思います。

共産党が「内乱」を起こす可能性も

2017-07-27 06:51:48 | Weblog
仙台市長選も大敗 共産党が仕掛ける“地方の乱”に怯える自民党

仙台市長選で援する新人候補が自民、公明両党が支持した候補を破り、東京都議選で議席数を2議席増やすなど調子づいた共産党が「内乱」を起こしそうな気がしました。大切なことは共産党の動きに加え、マスコミはじめ官庁や各企業に潜んでいる共産党員の動きに注意しなければなりません。
各省庁にいる幹部クラスの党員が国家機密を盗んだり漏洩するなど行動しており、マスコミ内の共産党員はシンパと協力して「安倍政権打倒」のため森友学園問題や加計学園問題を「展開」していますし、そのためなら嘘や捏造だけでなく、下劣なアジテーションを行っています。また自衛隊内に存在する共産党員がクーデターを起こすという情報もあります。
共産党が仕掛けようとするのは内乱という「武力革命」であり、それが起これば(安倍政権側の)警察と自衛隊を仮にも日本人相手に動かさなくてはいけなくなる危険性が高くなります。それに乗じて在日が暴動を起こしたり、中国や北朝鮮の工作員が破壊工作を行う危険性があると感じました。共産党が内乱を起こす目的は「中国による日本支配計画」によるものであるとされています。しかしその内乱は先日施行された「共謀罪、テロ等準備罪法案」によって共産党は崩壊し、それに加勢した共産党員、そのシンパや在日、及び各国工作員は罰せられるだけでなく、「殲滅(せんめつ)対象」となる可能性があります。
共産党はじめ野党議員やマスコミ知識人が「共謀罪反対」を訴えたのは我が国を転覆させる「内乱」ができなくなると自分たちが考えたからだと思いました・・・

(mixiユーザーのつぶやき及び赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』政党、メディア、官僚による国家転覆計画
http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015/e/a936fba031505aadc97f57b643bc4347
を参照しました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついに佐川さんも「運賃値上... | トップ | 2017都議選 自民惨敗要因は... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読者ご登録感謝 (HAKASE(jnkt32))
2017-07-27 20:20:48
拙ブログの読者ご登録有難うございます。拙方も、貴ブログ読者登録を以て、答礼とさせて頂きます。

日共の危険性は仰る通りで、我々は常に、同党が破壊活動防止法規定の、
要監視団体である事を、再認識すべきと心得ます。

「例の四野党」が、テロ等準備罪処罰法制に執拗に反対したのも、貴見解通りの理由です。
つまり、日共、社民どの左派野党が、テロ活動等の道を残しておきたいからでしょう。
その事が、地下化した極左過激勢力の救済を画策する下地ともなっている事でしょう。

赤峰先生は「例の」四野党と朝日やTBSの様な左傾メディアが、
連携して安倍自公政権の転覆を画策している可能性を指摘されました。
この事も、我々は強く念頭に置くべきでしょう。
では、今後も宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。