てかまる日誌 goo支店

てかまるです。
ニュースを通じて日本及び世界の様々な問題に取り組んでいきたいと思います。

中国民主活動家 劉暁波の妻も危ない!!

2017-07-22 06:13:38 | Weblog
ゼイド・フセイン国連人権高等弁務官は20日、近く中国当局者に会って、13日に死去した中国の民主派作家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏の妻、中国当局に軟禁された劉霞さんの出国を促すと述べましたが劉霞さんは軟禁されるだけでなく、刑務所に入れられるのではなかろうか、そして意図的に「病死」に追い込まれると感じました。
前例として劉暁波さんが刑務所において十分な治療を受けられないどころか、「医療ミス」と称して意図的に病気に感染させられたのではないのか、病状を悪化させられたのではないのかという疑いを感じました。たとえ民主化運動家の妻であっても民主化運動のシンボルとして扱われることを中国政府は恐れているのではないのか、たとえ国際社会の反発が起きるとしても、国内の民主化運動の芽を摘みたい、自政権である中共政権の安定を保ちたいという中国政府の恐れを感じました。また劉暁波の妻だけでなく、他の中国民主化運動家も同じ目に遭うと感じました・・・

国際社会は一致団結して劉暁波氏の妻だけでなく、他の中国民主化運動家の釈放を求めなければならない 国際社会は民主化運動を弾圧し続ける中国に対し圧力をかけなければならない

参考
国連高官、劉霞さんの出国要求へ=近く中国当局者と会見
7/21(金) 14:13配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000062-jij-int
 【ニューヨークAFP=時事】ゼイド・フセイン国連人権高等弁務官は20日、近く中国当局者に会って、13日に死去した中国の民主派作家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏の妻、劉霞さんの出国を認めるよう求めることを明らかにした。

 国連本部で記者団に語った。

 劉霞さんは中国当局によって自宅軟禁状態に置かれているが、同弁務官は「彼女が中国を離れたいのなら、認められるべきだ」と述べた。 

医療ミス隠そうとした」 劉暁波氏の治療を支援者批判
http://news.livedoor.com/article/detail/13369451/
2017年7月21日 20時53分 朝日新聞デジタル
 肝臓がんで13日に死去したノーベル平和賞受賞者で中国の著名な人権活動家、劉暁波(リウシアオポー)氏について、刑務所内で体調不良を訴えたのが、当局が「異常を発見した」と発表した時期より約1週間早かったことが支援者の話で分かった。当初は「胆囊(たんのう)炎」との診断だったといい、医療ミスを隠そうとしていた可能性もある。

 劉氏の末期がんは、弁護士が親族から聞いた話として6月26日に明らかになった。その時は5月23日に診断されたと伝わっていた。これに対して当局は、5月31日の定期検診で腹部に異常が見つかり、すぐに精密検査して6月7日に末期がんが判明したと発表した。

 劉氏の親族に近い支援者によると、劉氏が腹痛を訴え、刑務所の医者の診察を受けたのはやはり5月23日だった。ただ「胆囊炎」と診断され、がんの治療態勢はとられなかったという。1週間の遅れが治療にもたらした影響は不明だが、当局は経緯を一切発表しておらず、支援者は「医療ミスを隠そうとしたのでは」と批判している。

 当局は劉氏の体調について、以前から肝炎を患っていたと主張。「異常の発見後は迅速に対応し、国内トップクラスの専門医を集めて治療に最善を尽くした」と適切な対応を強調してきた。遼寧省の監獄管理局も朝日新聞の取材に対し、「5月末の検診時までは全く異常はなかった」と答えていた。

 支援者の間では「そもそも末期になるまで気づかなかったことがおかしい」との不満もくすぶっている。(北京=延与光貞、瀋陽=平賀拓哉)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎デモ 今年(2017年)と昨年(2016年)との違い

2017-07-21 06:56:01 | Weblog
川崎デモ 今年(2017年)と昨年(2016年)との違いについて余命三年時事日記に寄せられたコメントを参照、編集して述べていきたいと思います

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/20/1768-%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E3%83%87%E3%83%A2%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E2%91%A0/


共産党サイドは昨年の6月同様、共産党への抗議デモに対抗するためカウンターを募り言論封鎖やデモ弾圧を行いました。

①党員による日本警察への圧力は下記のメンバーが行いました。
はたの君枝
君嶋ちか子県議
市古てるみ川崎市議団長
大庭ゆう子川崎市議

②事前圧力としての協力団体は
反差別国際運動(IMADR)

③ネット上での支援は多数共闘しました。
後藤 まさみ
金子けんたろう杉並区議会議員
そのほか○○

④民進党からは
クラック川崎を統括する有田ヨシフはじめ、
(飯塚正良が不明)

⑤自民党からは斎藤文夫が参戦しました。

⑥当日参戦の党員は以下のとおり。
片柳進「今日の中原ヘイトデモに対し日本共産党は、はたの君枝衆院議員、岡崎比例予定候補、君嶋県議、市古・石川・井口・勝又・渡辺市議と私が参加し平和公園での行動に連帯する街頭宣伝。通行する市民にオール川崎でヘイトスピーチ反対を、と訴えました。
その後5人が平和公園へ。私は駅前で訴え続けました。」
ttps://twitter.com/kurashi_mamoru/status/886425917257424896
魚拓ttps://megalodon.jp/2017-0718-1025-10/https://twitter.com:443/kurashi_mamoru/status/886425917257424896

⑦デモに対して無許可のカウンターによる
共闘(大声で怒鳴る、公道に寝転がる、デモ隊につかみかかるなどの行為)は、主に
「クラック川崎(しばき隊)」「青丘社」「かわさき市民ネットワークの160団体」
「川崎・富川市民交流会」「川崎反ヘイト学生救援会」
そのほかメンバーや諸団体により行われました。

⑧監視は
神奈川弁護士会 そのほかの弁護士やインターネット及び既存のメディアなどが行いました。

⑨旗頭として、共産党へのデモということを隠蔽するため、昨年同様在日朝鮮人の崔江以子(チェ・カンイジャ) ほか在日朝鮮人を動員し、デモ隊の主張する「日本浄化デモ」ではなく、ヘイトスピーチ(ヘイトデモ)だと認知させようとしました。

⑩今回は残念ながら昨年の
裁判所(横浜地裁)
川崎市長
川崎市
警察(神奈川県警)からの協力は得られず、今年(2017年)は警察がデモ隊を完全ガードし、座り込みなどを行って妨害したカウンター側を排除し、更にはカウンター側に逮捕者が出ました。

⑪また当日
社民党 福島みずほ
辛 淑玉(シンスゴ)
椎葉かずゆき
あさか由香
渡辺学
は参戦できなかったが、水面下で多大なる貢献をしています。

⑫カウンター側の広報部隊として
神奈川新聞(石橋学)
東京新聞(佐藤圭)
毎日新聞(後藤由耶)
朝日新聞(伊藤和也、河井健)
共同通信(神奈川新聞の記事使用)そのほか○○
また韓国からは ハンギョレ新聞(チョ・ギウォン特派員)
ttp://japan.hani.co.kr/arti/international/27933.html
と組んで川崎デモを「ヘイトデモ」とイメージづけました

がしかしデモ隊側は完全に秘密を守り、たとえ400メートルしか行進できなくてもデモを敢行でき、カウンター側はデモ隊を駅などで待ち伏せしデモを封じようとしたが失敗に終わりました。また暑さの中待ち伏せした結果、カウンター側の体力を消耗させたのでした・・・
デモに参加した「日本第一党」最高顧問名のツイッターには同日午後、「デモは大成功です。阻止行動は結局は不発に終わりました」「昨年の成果はこれで帳消しになりました」などと主張するツイートがありました。
また東京新聞の報道によれば、ヘイトスピーチの言動はなかったということが報じられました。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53242413.html
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53242197.htmlを一部参照しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫代表の「二重国籍」よりも問題視すべきこと

2017-07-20 15:52:47 | Weblog
蓮舫が戸籍資料を発表したが彼女の「二重国籍」だけでなく、彼女が国会委員としてしてきたことや彼女と他国との関係をも「問題視」すべきではないのか、更に我が国と台湾だけでなく、中国大陸(中国政府)との関係も問題視であると思った。かつて蓮舫は「華僑の代表」として国会議員を勤めるという話もあるからだ。そうした人物が我が国の国会議員を勤めれば、自然と我が国ではなく他国を利する言動をしていくのだ。現に蓮舫は「事業仕分け」のスタッフを勤めたが中国を利するための「仕分け事業」ではないのかと疑わずにはいられない。蓮舫に限らず我が国よりも他国を重んじる人物を国会議員にしてはならないのだ。他国を利する行為を行う人物は我が国の国会議員の資格はないのだ。
蓮舫が我が国の政治家になるのであれば、その時点で中華民国籍を抜くべきであり、故国台湾や華僑の思いを断じて我が国のために尽くすべきであった。だが彼女はそれを行わなかったのは政治家を自身の単なる「泊付け」とみなし、華僑との関係もあるが中国との関係を深めたほうが自身の利益になると感じたのではなかろうか。私にはそう思えてならない。
我が国よりも他国、中国との関係を重視する帰化人議員は不要である。またたとえ生粋の日本国籍を有しても、他国のために行動する国会議員は我が国や国民には有害無益である。

民進・蓮舫氏 戸籍資料を公開 2017年07月18日 17:52 毎日新聞
民進党の蓮舫代表を巡る日本と台湾の「二重国籍」問題で、蓮舫代表は18日、党本部で記者会見を開き、日本国籍の一部や台湾籍の離脱を示す証明書など複数の資料を示して自身の国籍が日本のみになっていることを説明した。蓮舫代表は「家族の了解が得られたことと、公党の代表としての立場を勘案し、資料の開示を判断した」と述べた。

 この問題は昨年9月の党代表選の前に浮上した。蓮舫代表は「台湾籍は有していない」と否定したが、その後、「記憶が不正確だった」と訂正。同10月には国籍法に基づいて日本国籍の選択宣言を行ったと表明していた。【統合デジタル取材センター】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

評論家・山崎正和氏が説く「国民の直接投票がもたらす潮流」

2017-07-18 05:43:12 | Weblog
評論家の山崎正和さんは毎日新聞上で「国民投票はイエスかノーかどちらかで。A案に賛成だがB案にも魅力があると思っていても投票する時にはどちらかです。そのために無理をする、あるいはうそをつく。一点の賛否が全面的な賛否に変わりやすい」ということを述べ、「電子情報社会」の特徴は、直接投票の世界と同じ形をしていることを指摘しています。一種の無政府状態になり政治世界の無政府状態となり、それが共鳴すると政治の矛盾がひどくなると説きました・・・
山崎氏のインタビューを読んで私たちは国民投票や直接投票を利用したアジテーションに注意しなければならないと感じました・・・

山崎正和に聞く・・・民主主義の衰退

 世界の政治が大きく動く2017年。米国にトランプ新大統領が誕生し、英国では欧州連合(EU)離脱の手続きが開始される見通しだ。国民の直接投票がもたらす潮流をどうみるか。毎日新聞は、評論家・山崎正和氏(82)に聞いた。

--民意のうねりが、全く新しい政治現象を生んでいます。
国民投票の印象的な現象は二つあります。まず、英国のEU離脱を決定した昨年6月の国民投票が大きい。私は「単純化」と言っているのですが、移民問題が貿易の関係まで否定することになりました。

--原因の一つは政治の仕組みにあるのでしょうか。
直接投票の問題ですが、大統領選にせよ国民投票にせよ、二者択一で行われるということなのですね。
国民投票は当然ながらイエスかノーか。A案に賛成だがB案にも魅力があると思っていても投票する時にはどちらかです。そのために無理をする、あるいはうそをつく。一点の賛否が全面的な賛否に変わりやすいのですね。
 それから特に国民投票の場合、結論が出た後の実施策について現実的な方策がありません。英国がEU離脱を決めても、離脱してからどうするかを書いていないからメイ首相はもたもたしています。

--昨年の米大統領選では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の影響も目に付きました。
 直接投票の欠点を深刻にするのが電子情報化です。国民投票に近いのはツイッターでしょうか。
電子情報の世界にはプロの世論誘導者がいません。
「電子情報社会」の特徴を見ると、直接投票の世界と同じ形をしていることに気がつきます。一種の無政府状態になり政治世界の無政府状態と似た現象が起きている。それらが共鳴すると、政治の矛盾がますますひどくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月16日川崎デモについて

2017-07-17 02:27:41 | Weblog
7月16日に「行動する保守」のスタンスを持つ人気愛国ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰や『瑞穂尚武会』の津崎尚道代表らの呼びかけによる川崎デモが神奈川県川崎・中原で開催されました。
昨年6月5日に「ヘイトスピーチ」「ヘイトデモ」とみなされ、共産党、民進党、在日やしばき隊などの圧力によって中止に追い込まれたデモのリベンジだといわれております。
デモの開催にあたっては、の開催日時や場所については参加申し込みのあった希望者にのみ伝えられ、全てが非公表の形で行なわれました。
また参加者の安全を考慮し、チャーター・バスでデモ開催地まで移動を余儀なくされました。移動の車中、現場責任者の津崎代表より挨拶があり、「もはや川崎は日本とは言えない! 川崎の状況は法治国家ではない!」と檄を飛ばしました。
参加者は川崎に到着後、デモ行進を行いましたが300メートルを進んだところでカウンター勢力の妨害が激しくなり、車道に飛び出そうとする者や車道に座り込もうするものが現れ、乱闘騒ぎになりつつあったので中断され、参加者はバスへと戻ったのでした。
正式な手続きに則って行われたデモを「ヘイトデモ」とみなし、妨害する姿勢はいかがなものか、また動画内ではデモ参加者による、「ヘイトスピーチ」らしき言動が全く見受けられず、逆にカウンター側の路上への座り込みや寝転がるという道交法違反が目立ちました。
また気になったのは昨年デモに対するカウンターを行った共産党や民進党議員が今年のデモには姿を表さなかったことです。
今年の川崎デモは途中で中止に追い込まれたものの、昨年に比べれば300メートル行進でき、参加者に怪我がなかったのが幸いでした。またデモを貶めて潰したいという左翼や在日の卑劣さを改めて認識しました。またデモ参加者には「お疲れ様」と労いと感謝を示したいと感じました・・・

参照 川崎デモ再び…!!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52052607.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の民主化運動家がこんな死に方では・・・

2017-07-14 06:57:14 | Weblog
【劉暁波氏死去】世界が追悼、中国対応への批判も 「中国と世界の人権運動、英雄を失った」

獄中の中にあっても中国の民主化を訴え続けた劉暁波氏は末期がんで死去したが、牢獄でガンが発見されて、海外で治療を受けさせようとしても、中国側が出国させようとせず、人道的な配慮すら認めない中国政府(以下中共政権)の態度に皆が怒りを感じたのではなかろうか。また中共政権がこうした死に方を劉氏に強いたのは「民主化運動」が国内外に展開することを恐れたせいだが、却って中共政権が旧ソ連・ナチス同様の残虐さを持つ存在であると中国国民に知らしめて体制への怒りを激化させるであろう。中国の民主化運動家がこんな死に方では決して劉氏始め、中共政権によって虐げられ、殺された国民たちは救われないであろう。中共政権が続く限り、劉氏のようなことは起こり続くであろう。いち早く現体制を打倒し、中国の民主化を実行しなければならない。中国がこんな体制で「世界のリーダー」になろうとするのは中国だけでなく、世界をも不幸にするだけである。中国政府打倒こそが劉氏はじめ中共政権によって虐げられ、殺された人々への最大の供養となるであろう。

■劉暁波氏が死去 中国の民主化訴え、獄中でノーベル賞
(朝日新聞デジタル - 07月13日 22:32)

中国の民主化を訴えて投獄されたまま、ノーベル平和賞を受賞した著名な人権活動家で作家の劉暁波(リウシアオポー)氏(61)が13日、入院先の病院で死去した。遼寧省瀋陽市の司法局が発表した。今年6月に末期の肝臓がんと判明。刑務所外の病院で治療を受けていた。

 劉氏は北京師範大講師だった1989年、全国の学生らが北京の天安門広場で民主化を求める運動を始めると、研究のため滞在していた米国から戻ってデモに加わり、ハンストを指揮。軍による介入と弾圧の危険が高まると、友人3人と軍幹部との交渉に臨み、学生らを広場から撤退させた。軍が学生らに発砲した天安門事件の犠牲を減らした「四君子」とも称されたが、事件後は反革命罪で1年7カ月投獄された。

 出所後も国内にとどまって事件の犠牲者の名誉回復や民主化を求める運動に関わり、当局に繰り返し拘束されながら、政府や党の批判を続けた。

 北京五輪が開かれた2008年、中国共産党の一党独裁の放棄や言論の自由などをインターネット上で呼びかける「08憲章」の起草者の中心となった。多くの賛同署名が集まったが、中国当局は劉氏を国家政権転覆扇動容疑で逮捕。10年2月に懲役11年の実刑判決が確定し、遼寧省錦州の刑務所に収容された。

 同年10月、ノルウェーのノーベル賞委員会は劉氏を「20年以上にわたり、中国で基本的人権の適用を唱え、人権を求める幅広い闘いの最大の象徴になった」と評価して平和賞の授与を決定。服役中の劉氏は授賞式に出席できなかったが、怨恨(えんこん)や暴力を乗り越えながら民主化を目指そうとする劉氏の「私には敵はいない」という言葉が読み上げられた。

 これに対し、中国政府は「内政干渉だ」として激しく反発。ノルウェーとの外交問題にも発展したが、劉氏の受賞は中国の人権状況に対し、改めて世界の注目を集める役割を果たした。

 今年5月末、服役していた刑務所で腹部に異常が見つかり、当局は6月になって末期の肝臓がんであることを公表。劉氏は妻の劉霞(リウシア)氏(56)らとともに出国し、ドイツか米国で治療することを希望していた。今月8日に診察した独米の医師は「安全な移送は可能」としていたが、中国当局が出国を許可しなかった。

 今年秋に共産党の最高指導部が替わる党大会を控えるなか、世界的な知名度を持ち、党や政府に批判的な劉氏を海外に出せば、再び批判を始めることを恐れたとの見方もある。

 当局に拘束されながらノーベル平和賞を受けた人が自由を奪われたまま死去するのは、ナチス・ドイツに立ち向かい1938年に死亡したドイツの平和運動家、カール・オシエツキー氏以来。(北京=延与光貞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大丈夫か 三峡ダム

2017-07-13 16:18:20 | Weblog
三峡ダムの南、湖南省寧郷市で大洪水が起こったという報道がありましたが、三峡ダムの完成後に地震、干ばつや洪水が多発しており、特に三峡ダムの巨大な水圧によって地震が発生しやすい状況を作っているという指摘があります。
三峡ダムは、中国政府が「百年の大計」として鳴り物入りで建設した世界最大のダムですが建設反対派もかなりいて、1989年に建設反対派の意見を掲載した『長江 長江-三峡工程論争』が出版されました。また1992年、第7期全人代第5回会議は三峡ダムの建設を、賛成多数で採択しましたがその中には反対177名、棄権664名という風に反対票や棄権票がかなり出るなどしました。
三峡ダムが完成して水不足が解消されると思いきや、気候不順が頻繁に起こり、貯水池にためた膨大な量の水が蒸発して大気中にとどまり、濃霧、長雨、豪雨などが発生するようになりました。なお気候不順は年々激しくなり、2013年までに、南雪災害、西南干ばつなどの災害が相次いで起こるようになりました。
三峡ダムが建設された当初、中国政府は「千年はもつ」と主張しましたが、相次ぐダムの不都合によって100年どころか10年は持つのかという懸念があります。
三峡ダムの建設に反対した著名な水利学者の故・黄万里教授は「もしダムを強硬に建設したら、10年もたないだろう」と警告し、「どうにも立ち行かなくなったら、破壊するより方法はない」と家族に向かって遺言を残しました。
三峡ダムはこのまま持ち続けられるか、それとも決壊してしまうのか、たとえ危機にあったとしてもキチンと対処できるのか、中国政府の言動が気になりました・・・

参照 ニューズウィーク 中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺するhttp://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/---5_1.php
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫民進党代表「戸籍示す」に対するネットの反応

2017-07-12 02:02:20 | Weblog
蓮舫氏「戸籍示す」=二重国籍問題

民進党の蓮舫代表は11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。

党幹部が明らかにした。

二重国籍問題は昨年9月の代表選の最中に浮上。蓮舫氏は、父親の出身地である台湾籍の離脱手続きを済ませたとしたが、日本国籍の選択宣言の日付が記された戸籍謄本の公開には応じておらず、党内の一部から批判が出ていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000086-jij-pol

戸籍謄本の内容を偽造する作業が終わったのか?

----------

11: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [NL] 2017/07/11(火) 16:43:55.71 ID:/ZYijJj00
やっとかノロマかよ

12: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN] 2017/07/11(火) 16:44:11.33 ID:9nhIaOej0
今すぐ公開すればいいだけの話なのに、なんで勿体ぶるの?

19: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2017/07/11(火) 16:45:09.28 ID:9CB3Y4Kn0
今更遅いわ

23: 名無しさん@涙目です。(庭) [EU] 2017/07/11(火) 16:46:15.44 ID:y3U7tzbI0
書き換え完了か

6: 名無しさん@涙目です。(西日本) [US] 2017/07/11(火) 15:43:04.02 ID:2NorkSI70
ここにきて用意てw

15: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2017/07/11(火) 15:44:48.52 ID:oXQy8UCA0
何カ月たったっけ?

18: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2017/07/11(火) 15:44:58.99 ID:BlGVlIXx0
用意があるって、何?
また難しい言葉で誤魔化そうとしている。

21: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [KR] 2017/07/11(火) 15:45:29.24 ID:Qhmr6wnO0
用意がある(明らかにするとは言っていない)

20: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2017/07/11(火) 15:45:25.83 ID:lHJPcs1J0
なんでそんなに時間かかるんだよw

-----------------------------------------------------------------

蓮舫の戸籍謄本公開は第2ステージ開幕にすぎない

アゴラ編集部では昨年10月15日の第2次公開質問状で次の要求をしている。

①10月7日にされたという国籍選択後の戸籍謄本

②9月6日に台湾の代表処に出された台湾旅券を含むすべての書類

③9月23日に台湾の当局から受け取られた国籍喪失証明書

④「法定代理人を含めやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」という文書。

また、書類の問題でないが、次の点についての見解を新たに明らかにすべきだ。

⑤戸籍謄本をみれば容易に知ることが出来るはずの「国籍選択をしていないこと」に気がついたのは、いついかなる経緯だったか。

⑥過去の自分が二重国籍であるとの発言は、結果的には真実だったとわけだが、もし、蓮舫さんが言うように虚偽であると主観的に信じながら発言していたということになると、タレントおよびキャスターとして許されない経歴詐称を意図的にしようとしていたことになるが、その道義的責任についての見解は?

とくに、台湾の国籍を離脱したことを証明する書類がない限りは、もっとも強い義務である国籍選択ははたし国籍剥奪の可能性はなくなるが、よほどのことがなければ実行すべき台湾籍からの離脱をして、二重国籍状態から脱したことにはならない(③)。

また、台湾の旅券を使ったことがあるかどうかという問題にこたえるのは②の公開が必要である。

戸籍謄本を公開するときに、まさかそのごく一部だけのコピーの公開にとどめるなんてことはないと信じたい。これまで頑なに公開を拒否していたのは、なにかほかに国民に知られると都合が悪い重大な問題が記載されているのでないかと国民は考えているのである。
http://agora-web.jp/archives/2027154.html

>>国民に知られると都合が悪い重大な問題が記載されているのでないか

だから公開出来なかったんだぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本でも16世紀半ばから90年間キリシタンが日本各地で布教活動をします。

2017-07-11 05:08:24 | Weblog
佐藤和夫
グローバリズムを考える上で興味深いのはスペイン、ポルトガルが世界に宣教師を派遣し、彼らが尖兵となって各地を植民地化した歴史があります。

日本でも16世紀半ばから90年間キリシタンが日本各地で布教活動をします。

そして豊臣秀吉から徳川秀忠がキリシタンを弾圧。島原の乱を経て鎖国政策を取ります。

日本は西欧のグローバリズムとの葛藤を乗り越えました。

キリスト教徒の世界では受難の歴史として、日本の迫害を非難するかと思いきや、スペインのフランシスコ会、ポルトガルのイエズス会とも日本の国家理性としてやむを得ないと認め、宣教師達に帰国を命じているのです。

宣教師もまた日本独特の宗教にその布教の難しさを痛感し布教を断念しました。

日本の文化、そしてそれを拒絶できる武力があればこそ、世界中に猛威を振るった大航海時代の侵略を乗り越えたのです。

今の日本はグローバリズムを拒絶するどころか歓迎しています。

グローバリズムは力の強い勢力が弱者を飲み込む流れのことを言い、一昔前は共産主義がそうでした。

アメリカ、中国のグローバリズムが日本に押し寄せています。日本は先人が採ったあの国家理性の抵抗が示せるのでしょうか。



坂井哲也
今、日本のブランドがグローバル化しています。
スペインやポルトガルは、ただの侵略国です。略奪しただけです。グローバル化の仕掛人はユダヤ人です。聖書にあります。


佐藤和夫
グローバリズムは最後は力です。日本製品は良くても安価な外国製品が席巻しています。

坂井哲也
サイクルがない外国製品は知らない間に駆逐されます。私は、メーカーをよく視察しました。

佐藤和夫
グローバリズムは人や不動産、金融様々な形の侵食があります。構造協議もそうです。

坂井哲也
全世界をやるなら、世界連邦になります。その気配が現われています。

佐藤和夫
坂井さんはその勝者は誰でそれが良いと。日本でなければ日本は属国になります。

坂井哲也
今、フリーメソンは自壊作用しています。
本天皇と裏天皇の死闘を展開中です。
日本が知らない間に普通の国ながらもリーダーになります。...もっと見る

深尾洋行
深いですね。
感服!

馬橋 星彦
当時の日本の軍事力は世界最強、住んでいる人々は世界で一番優秀。そんな所に三年半も掛けて侵略に来ても、跳ね返されるのがオチです。

西 一
今晩は!
キリスト教徒として一部補足をさせて頂きます。

キリスト教宣教師は侵略の尖兵として動いていただけではなく、布教の為の道具として大国(資金や移動手段など)を利用していたのです。

つまり、キリスト教布教と西洋大国の侵略とのwin-winの関係で動いていた訳です。

キリスト教が悪の組織の様に語られる事がありますが、そうではなく、本質は聖書に書かれている通りです。

中世暗黒時代がよく悪い象徴として取り上げられますが、それは人間の性(同じ日本人でも妬みを持つものがいる事と同じ)で、神≒宗教≒人間です。

でなければ、世界三大宗教と呼ばれる程、キリスト教が広がりません。(そんなに全員アホでは無いでしょう)

政治思想(覇権や帝国主義)と宗教思想と人間の感情と神とは、近くにありますが全て別物だと御理解をお願い致します!

福原聡
理解していると思いますよ(^-^)/

深尾洋行
説明してもむずかしいね。
大きな隔てる河があるexclamation
でも、否定はしません。

元情報:http://tinyurl.com/ya9bo4zj
(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ研究員 日本の「自立」を求める

2017-07-09 04:12:36 | Weblog
ケイトー研究所のダグ・バンドウ氏は「米国に頼る必要はない」、「日本は貿易大国なのに軍隊が小さすぎる」と日本の自立を訴えています。
ただ、海上自衛隊、特にイージス艦に於いてはアメリカ海軍と一体化された運営をされており、海上自衛隊は実質上アメリカ海軍の東アジア防衛の「手助け」をしていると感じました。
また防衛力の充実は当面日米安保条約を維持しながらも、漸進的に防衛費、装備や隊員の充実を図るべきです。
また我が国の海上自衛隊がシーレーン防衛を行うならば法制度の改正、自衛隊が法律でがんじがらめになっている現状を改善しなければなりません。
日本の自立のためには自衛隊が「軍隊」として扱われるだけでなく、自衛隊や自衛官が大事に扱われる大切だと感じました・・・


>リバータリアンのケイトー研究所のダグ・バンドウが2009年2月17日のナショナル・インタレスト誌に「THE ASIAN CENTURY」と題し、日本の自立化を求めた。

「米国の覇権のおわりは多くの人々の予想より早く訪れ、アジアの世紀になる」とし、「日本は世界有数の経済大国なのでもはや米国に頼る必要はない」、「日本は貿易大国なのに軍隊が小さすぎる」と、自立化、それに必要な軍隊の強大化、シーレーン防衛を求めた。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961422368&owner_id=9108392
コメント
この記事をはてなブックマークに追加