goo

Richard RaffanのTURNING WOOD

って云う本を読み直した。私のターニングはビデオとか本で学んだ、自己流なのです。ほんとは師匠について勉強したいんだけど、時間に余裕がない。この本、英語だけどマシンの構造、ツール、挽き方等々内容は多岐に亘って参考になる。何回読んでもヒントが生まれる、不思議な本だ。明日はレッドオークで小鉢を何個か挽いてみよう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« kakiの ボウル »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。