酔いどれ写真家の怠慢な日常

タイトル変更して、リニューアルしました。

君の名は

2016-10-18 00:06:00 | 日記



メティアでうるさく宣伝してるので、食わず嫌いで言っちゃいけないし、趣味趣向ではなかったけれど見てみることにした。


一言でいえば煮えきらない映画だった。もっとスッキリした爽やかな青春映画だと思ってたので、がっかりしたことは否めない。


アニメだということに加えストーリーが現実的ではなく、引き込まれにくいのだ。


映像と音楽の組合せ方も不満だった。


まぁ二次元どっぷりなところが今の時代なんですかね?


映画は2.5次元くらいで多少のリアリティーとエンターテイメントとしてのやり過ぎない程度の嘘が必要だと思うんですが。。


煮えきらないなかったので、2本目を見た。


そっちは良かった。ミュージシャンの自叙伝的な映画だけど、人間の弱さや愛についての観点でそのミュージシャンの人物像を表現していた。


B級くらいの映画がいいね。


あれだけのヒット作に何も感じないのは、世の中の人たちと自分がよっぽどずれてんのかなぁ。


それじゃあ自分の写真も理解されないや。


それは別にどうでもいいけど。最近本も読んでてインプットモードです。


次回の展示が急遽決まりそうなので構想練ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかしな世の中 | トップ | 社会復帰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL