東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

ブルーカレント BlueCurrent 610/Ti JH Special

2013年02月04日 21時47分54秒 | ロッド・リール
 『ブルーカレント BlueCurrent 610/Ti JH Special』知ってる人は知っている。そう、山鹿ブランクスのアジングロッドである。そもそも釣具屋してたのにYAMAGA BLANKSって何?って感じですた。バスマン的にはあまり馴染みがないがソルトの人の間では知れているのだろうか。

 当方以前よりアジングロッドを狙っていたが、別にアジングに使うわけではない。スモールマウスバス専用のスプリットショット・ライトキャロ用の竿としてアジングロッドを考えていたのだ。めちゃくちゃ軽くシャープで感度がよく、食い込みのいい竿を物色していたところ、この 『BlueCurrent 610/Ti JH Special』に行き着いたのだ。もちろん海に行ったときはライトゲームロッドとして活躍してもらうつもりだ。

 どうやら調べてみるとアジングロッドのトレンドは「パッツン系」と言われる固めのソリッドティップを持つハイテンションの竿みたいだが、『BlueCurrent 610/Ti JH Special』はチューブラーでしなやかに曲がりつつバットにはパワーのある竿のようだ。実際目星をつけた何本かの他メーカーのロッドを触ったがどれもしっくりこなかったのでやっぱりブルーカレントかなと。ただあまりにもやらかすぎるロッドだと使い道がないのでその点がかなり気になっていた。

『BlueCurrent 610/Ti JH Special』自重66g ラインPE0.2~0.4号 ルアーウェイト0.4~6g カーボン99% こんなスペックでバス用に使って大丈夫なんでしょうか?(笑)

 しかしながら、僕の住んでる埼玉や東京にまず山鹿を扱っているところがほとんどない!扱いのある2時間圏内の店全店に在庫確認するもののどこにもない…。そこであまりにも危険なかけだが実際使ってる人のインプレを頼りに購入するしかなかったのだ。はたして、自分の想像通りのスモールマウスバス専用のスプリットショット・ライトキャロに最適な竿が届くのか!?それとも本当にソルトのライトゲームのためだけのロッドになってしまうのか!?実際ものが届き、自分の手で振るまではドキドキの日々を過ごした。

 さて、いよいよロッドが届き触ってみた結果!

 あくまでバスマン的感想であり、おまけにまだ実戦で使ったわけではないのでただ触ってみて想像したことだけですが。

 まず持った感じはさすがの66g!軽いです。が、バスロッドでもそれくらいのやつは使っているのでとりわけ驚く程でもなく、バランスもなかなか良さげな感じですがこれまた特筆することでもないかな。でも実釣においてはこの特別変わった使用感がないというのは実はものすごく大切な気がする。なにも気を使わず、釣りだけに集中できるタックルが一番疲れずに自然体で1日釣り続けることができるからだ。

 そして曲げた感じはものすごく素直な竿かなと。変にファストテーパーではなく、ティップから自然に曲がりこみ、ベリーはやや張りがあり、バットもしっかりとパワーを受け止めつつガチガチではなくじわじわとたわんでくれる。それは即ちキャストがメチャやりやすく、魚とのファイトは竿がオートマティックに対応してくれるという竿だろう(とはいえデカイスモールマウスバス相手では恐らくやられっぱなしだろうな笑)。しかし当然本当に細かい操作をしたい方にはちと不足か。僕はこの竿に基本ルアーを動かすことを求めていないが、もし操作するとなるとかなり軽いものじゃないと厳しいかな。

 グリップもチープなやつだがそれゆえに軽いし僕的には好きなタイプのグリップ。長さも人によっては長いと思うが悪くはないと思う。


 そしてウリであるかなり小さいチタンのKRガイドだがこればっかは実際にキャストしてみないとなんとも…。見た感じだとリールは1000番クラスのスプールじゃないと叩いてしまって距離が伸びない気がする。実際リールを付けたバランスも僕的には1000番クラスのリールが良さげかな。


 そして自分的に一番意外だったのが感度。長さ、テーパー、柔らかさからして大して期待していなかったが、これ、なかなかいいんじゃね!?今どきのぱつんぱつん系程ではないかもしれませんが僕的には全然最高級です(バスマン的にですが)

 トータルで考えると、価格的にはバスロッドとしては標準的か少し高いかなと思うし、バス釣りの用途としてはかなり狭いものであることからして決してお薦めできるものではないが、1匹1匹を釣り上げる楽しみ、興奮を味わえるかなりマニアックな竿で僕は好きだ。(もちろんソルトで使うなら大満足でしょう!ライトソルトゲームロッドとしていろんな釣りに使えそう!)

 がっ!しかし!But!なんとこの届いた竿、2番ガイドがエポキシで埋まり使えません(笑)自分自身竿の販売時の検品で同じような竿を見つけては直してきたがこれは無理!メッサ小さいガイドにあまりにも多量のエポキシ、直そうとしてみたが恐ろしすぎて断念しますた。メイドインジャパンをウリにしているメーカーとは思えない酷い検査&検品なしでそのまま送ってくる販売店にヽ(`Д´)ノです。

『日本製』だろ!?これじゃ中華製でも台湾製でもおんなじじゃん!最低限の検品位はして欲しいよね~!メーカーさんも販売店さんも!

 そんなわけで納期がかかりそうなので交換じゃなくて返品にするかも。なので後日インプレする予定でしたが、これが最後のただの感想レポートになるかも(爆)

↓こちらからどうぞ!




 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺的スモラバ | トップ | バレンタインデー便乗!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。