東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

スミス 『ベビーファットイカ』インプレ!

2014年10月16日 01時36分47秒 | ルアー
 まだ使用して間もないスミス『ベビーファットイカ』ですが、現状でのインプレを記してみます。まず『ファットイカ』は現在僕にとってバックスライド系ワームはほぼこれだけあればいいと思える程のワームです。各社が『ファットイカ』を目指しバックスライド系ワームを販売してきたし僕もそれらを使ってきましたが、結局はトータル的に見るとどれも『ファットイカ』を超えるものがなく現在でも使用し結果を出し続けています。しかし、そんな僕もジャッカルの『カバークロー』やイマカツの『ダイナゴン』等も使う時がありました。それは『ファットイカ』では少しサイズが大きいかな?と思える時に上述したルアーを使用していたのです。がっ、本音を言えばサイズを重視するあまり仕方なく使用している感じは否めず、やはりサイズのこと以外では『ファットイカ』が勝っていると思えるからです。

多くのワームが『ファットイカ』を目標にしてきたが、そこにたどり着いたのは結局『ベビーファットイカ』!?www 上:『カバークロー3”』 下:『ベビーファットイカ』

 では少し小さい『イカ』ではダメなのであろうか?やはり僕的にはダメなのである。あくまでバックスライド系として考えた場合ですが、まずは強めのタックルではルアーが少し軽くて気持ちよく・手返しよくキャストし続けることが難しいこと、そして最大の理由は僕が求めるフォール姿勢、沈下スピードがどうしてもマッチしないのです。そこで『ファットイカ』と『イカ』の中間のサイズとなる『ベビーファットイカ』の登場となるわけですが、パッと見『ファットイカ』というより『イカ』に特性が近いのかな?と感じました。だから正直一番大事なフォール姿勢や、沈下スピードが遅いのではないかという懸念がありました。

このイカ兄弟を使い分けられればイカマスターになれる!上から『ファットイカ』・『ベビーファットイカ』・『イカ』(テール間引きチューン済)・『タイニーイカ』

 しかし釣り場で1投しただけでその懸念は吹っ飛んでしまいました!まさしく『ベビーファットイカ』は『ファットイカ』のダウンサイジング版でした!姿勢・沈下スピードとも文句のつけようがない出来で、フックをセットした状態で約7gという重さながら薄い浮きゴミや横に倒れた葦の上にキャストするとジワジワと水面下に潜り込んでいきます!これはもうほとんど『ファットイカ』と同じ感覚で使えると言っていいでしょう。

 もちろん、感覚的なものもあるかもしれませんが違いも何点か感じました。まずは糸よれが少ない?『ファットイカ』を使っているとちょっと糸よれが気になっていましたが『ベビーファットイカ』使用時には全く糸よれが感じられませんでした。ウリの一つである『ファインスカート』の影響か、ボディーデザインによるものなのか?そしてファットイカではスカートが絡まりダマになることがありますが、『ベビーファットイカ』ではそれがない。間違いなく『ファインスカート』の恩恵でしょう。あとは当然回収時の抵抗が少ない。これは1日に何百回もキャストする場合に結構疲労度が違ってくると思います。特にフリッピングで釣る時にはピックアップ時にラインを持つ指が摩擦熱で熱くならないのがいいwwwデメリット?としてはとにかくサイズを問わず食ってきてしまうこと。それこそ20cmに満たない魚もガンガン食ってきてしまうのでそれが嫌な人は『ファットイカ』を使えばいいと思いますが、バイト自体が少ない昨今の釣り場において圧倒的なバイト数がとれることはそのポイントの生命感を探る意味でも大きなメリットになると思います。

こんな小バスでもサイズを問わず根こそぎ釣っちゃう『ベビーファットイカ』。もちろん僕は嫌いじゃないwww

 ちなみに1本150円前後は高い!と思う人がいるかもしれませんが僕的にはこんなにコスパがいいワームはないと思います。使えばわかると思いますが本当にワームが壊れにくい!フラスカートが硬いのでそこが裂けることが少ないのでワームだけ飛んでいくことがほとんどないのと、ボディーが太いのでそこもちぎれることがない。さらに普通のワームは針を刺す向きが決まってしまう場合が多いが『イカ』の場合は360度、どこに針を刺しても使える。カバークローやダイナゴンは1匹釣れたら飛んでなくなることが多いうえに針を刺す向きは1箇所のみなのでそこが裂ければ終了です。ちなみに前回の釣行では13本の魚を釣りましたがロストはゼロ!もちろんフラスカートは何本か切れたしワームも裂けた部分がありましたがライターで補修して問題なし!まさにメーカー泣かせのワームですねwwwただもちろんそんな状態だと塩が抜けてフォールスピードが落ちるし食いも悪くなるのである程度釣ったら交換したほうがいいですが。

1袋1500円前後するが、1袋使い切るには相当数のバスを釣らなければなくならない!

 ちなみに針は2/0もしくは3/0でもいいと思います。魚の大きさやフォールスピードの好みに合わせて選べばいいと思います。あとこれは僕は必ず『ファットイカ』では施すチューンですが、フッキングがイマイチだと感じたらテール側からボディー半分位まで切れ込みを入れるとフッキング率は上がります。針を刺す向きは切れ込みを入れた側を下にして針がずれやすくしていますが、針先が飛び出しやすいように上に向けてもどちらでもいいと思います。
  
ファットイカでは必ずやるチューンですが、『ベビーファットイカ』でもその効果は感じられました。

 使い方は基本オートマチックに『ベビーファットイカ』が魚を誘ってくれるので、キャスト後糸を張らず緩めずで落としていき、着底後や狙ったところまで到達したら軽くホップさせて再度そこからまた同じように落とすの繰り返しで基本フォールで食わせます。僕はせっかちなんで一度落としたら1~2度ホップ後ちょっと落としてすぐ回収してその分キャストの手数を増やしています。ちなみにバックスライド系はとにかくそのスライド量が全て的にとらえている方も多いと思いますが僕はそうは思っていません。適度なスライド量が食わせのキモだと思っています。それこそが『ファットイカ』が他のバックスライド系ワームよりも食わせの能力が高く、操作性も高い秘密だと考えています。

 また僕はオカッパリは全くやりませんが、『ベビーファットイカ』はオカッパリの人にこそ是非使ってもらいたいワームです。まずは竿を多く持っていけないオカッパラーが専用の強いタックルを持っていかなくてもボディーの大きさや2/0のフックで使えることから幅広いタックルで使用できることが1番のメリットであり、浅く狭いポイントに対しても他のワームよりも移動距離が短くゆっくりと繊細に誘えること、根掛かりが少ないこと等など多くのメリットがあります。なんでも某雑誌のオカッパリ対決の企画でイヨケンさんがこれを使って北浦水系で対戦者に勝利したこともあるようで、あのイヨケンさんがこの『ベビーファットイカ』を北浦水系のオカッパリで選んだことは僕的にはある意味必然のチョイスだと思います。

これはヘビータックルですが、ミディアムライト~ミディアムアクションの竿でもOKです。

 総括すると『ベビーファットイカ』はまさに『ファットイカ』のダウンサイズ版として、『ファットイカ』だと少し大きいかなと思える時に使うワームだと思いますが、本音を言ってしまうと恐らくかなり多くの方がメインに使用するのが『ファットイカ』から『ベビーファットイカ』へと変わってしまうのではないかと思ってしまう程です。上述したようにオカッパリの方、関東近郊等のスレた魚や、魚のサイズが小さな釣り場をメインに釣りをする方、シャローを多く釣る方、ヘビータックルを持っていきたくない場合等など『ベビーファットイカ』の方が『ファットイカ』より向いているケースが遥かに多いんじゃないかと思うからです。

 そして実際に使用するとその投げやすさ、操作のしやすさ、ノーシンカーゆえの動きの良さや根掛りのしにくさ、ワームがズレたりちぎれてロストしづらいことによるストレスやリズムが悪くなることが少ないこと等などのメリットから水深の浅いカバー周りの釣りにおいては正直他のワームは使いたくなくなってしまう程の魅力があります。もちろんそれらがトータル的に釣果に結びついているからにほかなりません。もし『ベビーファットイカ』を使ったことがない方がいたら是非使ってみて欲しいです。必ずメインワームの一つになると思います。特に他のバックスライド系のワームを使っている方にこそ使ってみて比較して頂きたいです。きっとその軽快な使い勝手、食わせの能力にシビれるはずです!
 
とにかく釣れるワームです!シャローカバーはこれだけあれば十分かな。

 まっ、より詳しい説明、『イカ』について深く知りたい方は『イカ』の生みの親である方のブログがあるのでこちらを見て下さい。僕もそのマニアな『イカ』へのこだわりに共感したし、新たな発見を教えて頂き驚かされましたからwww


では恒例の水中動画をどうぞ!正直水深20cmの水槽では浅すぎて『ベビーファットイカ』のポテンシャルを発揮できていませんが、それでもこのわずかな水深であのスライドフォール。驚きです!かなりの泡を発生させているのも印象的でした。

『ベビーファットイカ』買ってみたはこちら!

『ファットイカ』の使い方その1はこちら!

『ファットイカ』の使い方その2はこちら!



↓こちらからどうぞ!

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=tactbass-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B00N5ORALK&linkId=9cfebb46db1d3a85848023e1f7a04e2f"></iframe>






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フロートボートカートップ化 | トップ | オフト『ザ・メジャーTYPE5』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。