東京スカイ釣り〜♪

釣りと煎餅とスカイツリー

2016年 第1戦 洋モノは・・・嫌っ!?

2016年04月22日 10時17分49秒 | ラージ
2016年4月20日(水) 霞ヶ浦 河川 5:00〜18:00

天気:晴れ 気温:8〜20℃ 水温:16.5℃ 風:5m 水位:ちょっと減水 水色:濁り気味のスティン 潮:大潮 
状況:スポーニング準備?

 さて、バス釣りファンの皆様お待たせいたしました。このまま今年は鯰人になってしまうんじゃないか!?という期待を裏切りやっとこ初バス釣りに行ってまいりました(笑)

 フィールドは最近いいのが出てると小耳にはさんだ、初めて行く霞のメジャーリバーです。今回は全然状況が分からないし、フィールド自体の特徴もわからないのでとにかく広い全域をまわり全体像の把握に努めることにしました。

 釣り場に着くとなかなかに寒い。最近は昼も夜も暖かい日が続いていましたが、今日は朝は寒く、徐々に暖かくなる予報です。早速船を出すと噂通り浅い。知人もエンジンやエレキを壊している人も多いのでこりゃ注意して釣りをしなきゃだな(汗)

 釣りができるスパンもなかなか広いのでワームでじっくりやっていたらとてもまわりきれないためクランクで手早く探っていく。と、しばらく流しているとヒット!が、このヒキは・・・やっぱり洋モノナマズですた・・・。これだけ頻繁にナマズ釣りに行っているものの、やっぱりマナマズはいいけどキャットはどうもねぇ〜。和モノに限りますね(笑)

同じナマズでもこんなに思い入れが違うとはww

 幸先いい!?と思われましたがその後はさっぱり・・・延々3時間クランクマシーンになっていましたが全くの無でした。さすがにこれはヤバイというわけで今度は撃ちまくります。今回は全エリアを見ることが目的なので着底後ワンアクションいれてすぐに次のキャストに移るという、これまたキャスティングマシーンと化します。

 そして植物が水面に覆いかぶさっているポイントにバンドゥクローの2.7gライトテキサスを入れ込んだ時に、横から魚が飛び出してきてバンドゥクローをくわえこみました!フッキングもきまり今年の初バスをGETすることができました。
 
40僂砲舛腓ぢりませんが2016年度の初バス!やっぱりバス釣りは楽しい!

 いつもバンドゥクローはジカリグで使うことが多いですが、今回は水深が浅いこと、ノーシンカー状態でゆっくりとフォールさせたかったこともありシンカーストッパーも使わない完全フリーなテキサスリグで使いました。それにしてもこのウェイトでもしっかりとバズアームもテールも機能してしまうバンドゥクローにはホント驚きです。
 
去年に引き続き今年の初バスもバンドゥクロー!(笑)

 しか〜し、カスミさんはそんなに甘くない!その後は痺れる位のドSっぷりを見せつけてくれました(汗)またしても3時間の完全ノーバイト時間が続きました・・・。さすがにこれだけ撃ちまくっているのに当たりがないと心も体も折れまくりです。

 がっ、そんなカスミさんはツンデレもうまく使い分けてくれ、落ち込んでいた僕にやっと飴をくれました!ちょっと複雑なブッシュに3.4"BFシュリンプの7gジカリグを落とし、枝に絡めながらリフトしているとクンと引き込まれました!サイズは先程の魚と同じ位ですが思わず声が出てしまう程の嬉しい1本でした!
 
サイズは関係なく、確かに痺れる1本て存在しますよね!

 今回は7gシンカーのジカリグを使いましたが、狙いとしてはバンドゥクローはゆっくりと見せて食わせたかったのに対し、3.4"BFシュリンプの7gジカリグはスモールシルエットでクイックに動くためにリアクション効果を狙ったものです。もちろんすり抜けが半端ない3.4"BFシュリンプなので、7gでもそこそこのカバーなら奥まで到達できることは言うまでもありませんね。
 
そこにカバーがある限り、3.4"BFシュリンプのジカリグはどこに行っても欠かせませんね!

 これでちょっとホッとしたのもあり、お昼寝タイムに。って普段の寝不足(ナマズノセイダ)と仕事の疲れが溜まっているせいで3時間ガッツリと爆睡してしまいました(汗)そして顔がイタッ!日焼けで顔が真っ赤ですた。この日もフェイスガードは持ち込んでおり、着用しようか迷っていましたが、やっぱり今時期でも紫外線は強いため次回からはちゃんと着けて日焼け対策もせねば。

 というわけで15時から再スタート。途中で目的としていた最上流部に辿り着いたので一応今回のテーマであった全エリアを見て回るということは達成されました。なんとなくですが全体像がわかりました。というわけで残り時間は何とか追加するべく頑張ります!

 が、最近はナマズ釣りで20g前後の巻物な釣りをしているせいかどうにも巻きたくて仕方がない(ナマズノセイダ)。ダメなのわかっちゃいるのにまたクランクマシーンに・・・。しかし本当にもう残り時間がなくなってきたのでここにきてついにダウンショットに手を伸ばしました。

 するとその数投目で早くも答えが出ます!3.4"BFシュリンプの3.5gDSでアシ際からズルズルと引いては止めていると久々のバイト!フッキングも決まるもなんとジャンプ1発バラシてしまいました・・・。やはり先程と同じようなサイズでした。

 しばらく釣り進むとまた同じ釣り方ですぐにバイト!今度はしっかりと追い合わせも入れ万全の状態と思いきや、今度はジャンプ1発ラインブレイクしてしまいました・・・普段スモールマウスバスで使っているベイトフィネスタックルで5lbラインでは細かったようです。いいサイズでした。バス君ゴメンよ・・・。がっくりとしてしまい、残りの時間も頑張りましたがその後はチャンスがありませんでした。

 今回は水が少なくアシ際の水深がメチャ浅くてとてもバスが入り込む感じではなく、さらに浅場のいたるところで鯉や鮒などがバシャバシャとはたいており、初めてということもあり狙いどころが分からず苦戦してしまいました。なので底が見えない位のアシ際と、クランクでブレイクを主に狙いましたが結果としては大外ししてしまいました。

 先週はデカいのが爆発していたが今日はついばむようなバイトばかりで掛からないと常連さん達が仰っていたし、おそらくスポーンが絡んでいたので食いが悪いのは間違いないと思うのですが、それにしても全てのバスがそんな状態であるわけではないのでやはり釣り方がわからなかったとしか言いようがありません。

 釣り方としてはやはりDSなどでスローに釣るのが良かったと思われますが、今回のように全体像の把握が目的の場合には難しかったのもあります。いつものスタイルの早い釣りで事故を狙ったのですが、今回はバスも安全週間だったようですwwwまぁ今回の釣りで雰囲気は掴めたのでまたいつかリベンジですね!

 本日 ラージ:40cm以下×2本 total 2本

2016年累計 釣行回数 1回
ラージ :60up×0本・50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×2本 total 2本
スモール:45up×0本・40up×0本・40cm以下×0本  total 0本
  合計 :60up×0本・50up×0本・45up×0本・40up×0本・40cm以下×2本 total 2本


1. ライトニング + PX-68R(O) + 8lb = シャッド
2. 630LB + スティーズR(P) + N14lb = クランクベイト
3. ウェアウルフ + アルデバランL(B) + 8lb = ジグスピナー 
4. 691LFB + アルデバランL(P) + 6lb = 『スパイニークローラー』1gネコリグ
5. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『BFシュリンプ3.4"』3.5gDS 
6. 6101MLFB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = 『バンドゥクロー』2.7gテキサス
7. 711MHXB + スティーズL(B) + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』7gジカリグ
8. C70XH + スティーズL(R) + 16lb = 『ファットイカ』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第24戦 辛いデビュー戦・・・

2015年11月25日 03時02分57秒 | ラージ
2015年11月24日(火) 相模湖 6:00〜16:30

天気:曇/晴れ 気温:10〜20℃ 水温:14℃ 風:0〜2m 水位:-2m 水色:濁り気味のスティン 潮:中潮 
状況:レイトフォール

 今回は日本でも屈指の老舗&難易度の高い相模湖に行ってきました。以前勤めていた釣具屋から一番近いフィールドであり、当然行っていたお客さんも多かったので自分にとっても庭みたいなものである。・・・って実は今回が初相模湖だったりします(汗)

 なぜ今更時期的にも厳しい相模湖に行ったのかというと、最近マイブームのワカサギを釣るため!ではなく友人がボート代をおごるので是非行きましょう!と誘ってくれたので近いしデコ覚悟で行ってみることにしたのです。

 もちろんデコってもガイドが悪いからだ!と責めることができるし、もし釣れればやっぱり俺って凄ぇ〜な〜!とジャイアンばりの勝手な釣りがバックシートからのんびりできるというのも魅力でした(笑)

 朝到着すると思っていたよりも暖かく、天気も曇りでこりゃ釣れるかもしれん!と期待感はぐっとアップしながらのスタートとなりました。当然ポイントは友人に全てお任せで、実績ポイントをいろいろと回ってもらうがさすがにこの時期の相模湖、全くの無でした・・・。

朝から小魚や魚が跳ねまくり生命感ありありでかなり期待したのだが・・・

 結局午前中は本湖メインに探りディープフラットで友人がメタルバイブとシャッドで何かしらの魚のバラシと、自分も他魚種のアタリが数度あったのみで終了してしまいました。最近は相模湖もよく釣れるようになったようで、サイズを問わなければ結構数は釣れるらしい。でも二人ともそんな魚には当然興味がなく、スーパービッグのみを狙った釣りなのでデコも覚悟しているとはいえさすがに少し心が折れました(汗)
 
紅葉が美しくとても素晴らしい!でも多量の葉っぱが水面に落ちていてハードルアーが引き辛い・・・。

 ボート屋に戻りラーメンを食べて気分一新、午後も気合を入れて出船しました。午後は川筋をメインに釣りを再開しましたがやはりなかなかバイトがありません。しかしそんな中ついに自信の『BFシュリンプ3.4"』7gジカリグで6m位に沈む枝に絡めながらひいているといるとついにヒット!狙っているサイズではありませんでしたがやっぱり嬉しい41.5僂竜を釣ることができました!
  
なんてことない魚だが、これだけ釣れないと本当に嬉しい1本ではあった(笑)

 そしてそのすぐ後にもメタルバイブにヒット!興奮しながらやり取りするも上がってきたのはコイツですた・・・。

まじドキドキしちゃったじゃんか!ww

 しかしその後も持ち込んだ8セットのタックル全てを使いやりぬきましたが、友人がブッシュでバラシがあっただけで何も起らないまま終了の時刻になってしまいました。

 結局今回は肝が掴めず完敗してしまいました。それにしてもこの時期に、しかも3連休明けの平日にも関わらずかなり多くのボートが出ているのには驚きました。でもこの日はこんな時期でも来るような常連さんでもやはりほとんど釣れていないようで、今回船を借りた柴田ボートさんでも子バスを数本釣った人がいただけでした。

 というわけで今回も友人にいろいろお世話になりこんな状況でもなんとか釣らせてもらい感謝感謝でした!でも本音はもっと釣らせておくれ!なのは内緒であるwww

ボート用品の用意から当日の釣りガイドはもちろん、ご飯やプレゼントまで頂いてしまい本当にありがとうございました!!

 本日 ラージ:40up×1本 total 1本

2015年累計 釣行回数 20回
ラージ :60up×1本・50up×8本・45up×38本・40up×50本・40cm以下×393本 total 490本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×8本・45up×39本・40up×66本・40cm以下×589本 total 703本


1. 630LB + スティーズR(P) + N14lb = クランクベイト
2. 630MB + コンクエストR(B) + N16lb = スイムベイト
3. 691LFB + アルデバランL(P) + 6lb = 『BFシュリンプ3.4"』5gDS 
4. ウェアウルフ + LTZ L + 10lb = フットボールジグ 
5. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 12lb = メタルバイブ
6. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』7gジカリグ
7. 68MHFB + スティーズL(R) + 16lb = 『ファットイカ』
8. 64UL + イージス + 4lb = 『スパイニーアックス』5gDS
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度 第23戦 マンスイキライ

2015年11月14日 22時43分00秒 | ラージ
2015年11月13日(金) ダム 6:00〜16:30

天気:曇り/晴れ 気温:9〜17℃ 水温:16〜17℃ 風:2〜5m 水位:満水 水色:スティン 潮:大潮 
状況:レイトフォール まだ活性高いがリアクションが有効になってきた

 今回は丁度1年振りとなるダムです。昨年は時期を考えれば意外にもサイズ・数ともまずまずな釣果であったため、今回もそれを狙っての釣行でしたが…。

 まずは着いて水の多さにびっくり!まだ何回もやったことのあるフィールドではありませんがここまで水が多いのは初めて。特に昨年の今頃は減水だったので同じ釣り方が通用しないのは明白でした。

 岸辺は木が覆い被さりキャストできる場所がなく、目に見えるストラクチャーも冠水してしまい狙いどころがわかりませんでしたが水温は16.5℃程あったので魚の居場所さえわかれば釣れるかなと。

紅葉もしていて風景は抜群ですが釣りの難易度は高そう

 スタートはディープクランクからはいるとすぐに釣れた。

思いのほかサイズが小さかったがやはり活性は低くはなさそうと判断した

 ならばと思いメタルバイブで5〜8mラインをリフト&フォールで探るとプチラッシュ!でもサイズは30cm前後と子バスが多かったです。
    
プチラッシュ!明らかにリアクションが効いていた!

 メタルバイブで探りながら、いかにも!なカバーには『BFシュリンプ3.4"』の5gジカリグを撃ち込んでいると42cmの良型の魚が釣れました。
  
こんなブッシュも『BFシュリンプ3.4"』のジカリグなら本当に快適に攻めることができる。ダイレクト感がたまらない!

 これでいけると思い撃ち続けているとまたもやブッシュからいい魚が釣れました。
 
やはりいいサイズはシャローカバーか?と思ったのだが・・・

 いい魚はやっぱりカバーだと思いその後も撃ちますが不発…。というか満水でどこも撃ちづらいので心が折れますた…。

 と同時に眠けに負けていつものように体育座りをして昼寝。って日照時間が短いのに貴重な時間を3時間近く昼寝に費やしてしまった…。

 まぁ、リフレッシュできたので残りの夕マズメに向けてライトリグを投入してみました。『スパイニーシャッド』5gDSを魚探の反応が良さげなところに入れるとすぐにビッグバイト!

 ・・・こいつですた…。

今回はこんな25僖ラスのデカギルが何枚も釣れた・・・

 すぐさままたバイト!

 ・・・今度はこいつですた…

今年最小なバスも釣れてしまった・・・

 慣れないライトリグなんてやるもんじゃないと思いつつも、これを期に苦手意識をなくそうと思いその後もライトリグでじっくりやってみます。

 するとやっぱりポロポロ釣れるもののサイズは30cm前後のものばかりだし、たまに投げるメタルバイブにすぐに食ってきたりしてこれまた心が折れそうでしたがなんとかやり抜いてみました(笑)
 
やっぱりライトリグだと数は釣れるもののサイズは選べないようだ

 そして午前中は不発だったものの、昨年40upが連発した5〜7mラインのフラットにある沈み枝を『スパイニーアックス』5gDSで狙うと昨年と同じようにプチラッシュ!がっ、今回のサイズは30ちょいばかりのものばかりでしたが(苦笑)
  
昨年と同じような釣れ方をしたもののサイズが・・・

 こんな感じで今回は大きい魚の居場所が全くつかめず撃沈してしまいました…。最も苦手な秋の満水リザーバーにやっぱり手も足もでない状態でした。もう少し季節が進行すれば釣れないなりにやることは決まってくるのでまだ迷いが少なかったりするのですが本当に秋はキライ!(笑)

 でも1つだけ進歩があったとすれば、ワカサギをやるようになって、よりベイトの有無やポジションに気を付けるようになったり、今までは深場だと思っていた水深が全然違和感なく釣りができるようになったことですかね。

 そんなわけで来週もワカサギ釣りです!って「そんなことばかりやってるからバスがちっとも釣れないんだよ!!」な突っ込みは無しでお願いします!m(_ _)m(笑)

 本日 ラージ:40up×1本・40cm以下×11本 total 12本

2015年累計 釣行回数 19回
ラージ :60up×1本・50up×8本・45up×38本・40up×51本・40cm以下×405本 total 503本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×8本・45up×39本・40up×67本・40cm以下×601本 total 716本


1. 630LB + スティーズR(P) + N14lb = クランクベイト
2. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールネコリグ1g
3. 691LFB + アルデバランL(P) + 6lb = 『BFシュリンプ3.4"』5gDS
4. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
5. 68MHFB + スティーズL(R) + 16lb = 『ファットイカ』
6. 6101MLFB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = メタルバイブ
7. 711MHXB + スティーズL + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』5gジカリグ
8. 64UL + イージス + 4lb = 『スパイニーシャッド』・『スパイニーアックス』5gDS


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度 第21戦 おまかせで!

2015年10月28日 23時28分24秒 | ラージ
2015年10月27日(火) 霞ヶ浦 5:30〜15:00

天気:晴れ 気温:9〜22℃ 水温:16〜18℃ 風:1〜11m 水位:少し減水 水色:少しだけ綺麗なマッディー 潮:大潮 
状況:フォール

 久し振りとなってしまったバス釣り。だけど今回はレンタルボートのバックシートに乗ってのまったり釣行。たまにはこんな殿様フィッシングも楽しいね!本当はボート代を奢ってくれるからなのは内緒であるwww

荷物こんだけ〜!いつもトランク満載だけど今回は全部おんぶに抱っこなので楽チンである!

 行く場所は相模湖か霞ヶ浦で悩んだ結果霞ヶ浦に決め、さらに数が釣れるエリアではなく一発デカイのが狙える本湖勝負できるハイリスクハイリターンなとこにした。友人の自信満々の「任せてくださいよ〜!ちゃんとガイドして釣らせますから!」のセリフは話半分で聞き流していた!?

 そこは30年位前中学生の時に友人達大勢で電車に乗り継いで数度行ったことがある懐かしのボート屋さんだ。しかしあの時の釣りのことはよく覚えているのに前回の釣りやデカバスを釣った時の記憶ですらほとんど覚えていないのは老化によるものだろうか(´Д`;)

 友人はここ数年で何本もの50upをこのフィールドで釣っていて、ポイントも釣り方もよく知っているので完全におまかせである。もちろんそれで釣れればやっぱり俺って凄い!って言うし、もし釣れなければガイドが悪い!といういい訳もたつので気も楽だ( ̄∀ ̄)

 朝は本当に穏やかで最高にいい感じ!しかし午前中から7〜11mの爆風予報だったので早い時間にかたをつけるべく本湖のランガンをするプランだ。
 
最近はこんな広大なフィールドで釣りをすることがほとんどなくなったがやっぱり気持ちいい〜!

 ボート屋前のオダですぐに友人がノーシンカーでバラし、自分も『BFシュリンプ3.4"』ライトテキサスでバイトがあり期待が膨らむ!本当はこのボート屋前で釣りをするのが1番釣れるのでここでじっくりやりたい位だが、せっかくのエンジン船だしプライドもあるのでここはサラッと流す(笑)

 その後は石積み・葦・ブレイク・漁港の壁・杭など実績ポイントを回るがバイトがない。しかし漁港の壁際をクランクで流していた時に明らかにデカイ魚のバイト!が、すぐにバレてしまう。バスかどうかはわからないがこれだけバイトがないとドキドキするwww

 今度は石積みの小さな隙間に『ベビーファットイカ』を滑り込ませると明確なバイト!サイズは35ないもののブリブリのいい魚が釣れた!なんか貴重な1本な感じがして妙に興奮してしまった。変にごぼう抜きしてしまったし糸巻き過ぎてるし(笑)
 
なんかこのサイズでもメッチャ嬉しかった(#^.^#)

 あとは特別異常なしで、友人が何者かをシャッドで掛けたが岩に擦られブレイクしたぐらいだ。しかしこの頃から予報どおり風が吹き始めてきたので川に入ることに。

 ここでもかなりの時間を費やしたが友人がカバーでバラしたのみで終わってしまった。移動しようと川を出ようとすると、お約束の気づかないうちに本湖ダバダバ状態(汗)結構な波に友人は引き気味でもう帰りたそうだし(笑)実際他のボートは早くも上がってしまったようだ。
 
やっぱりこうなるのね・・・。適切かつ素早い判断が要求される。

 まだ昼前だし何とか友人を諭し別の川へ向かわせる。もちろんまだこの波なら走れると判断したからだし、もっと荒れてもその川からボート屋までなら帰れると思ったからだ。

 昔は自分も霞・北浦、ハチローや琵琶湖に通っており自分の中での限界は知っている。事実ハチローで釣りをしていた時に台風にぶちあたってしまい、その時は走行を諦め漁港に船を置いてタクシーでスロープまで戻ったこともある。

 しかし川に入っても風は強く釣り辛く、延々流しても全くの無・・・。川な感じではないがもう釣りができる場所はここしかないので腹を決めてとにかく投げ続ける。

 するとやっと友人にヒット!30ちょい位だが小さいワームのDSで食わせた貴重な1本である!こうなるともう友人的には帰ろうオーラが溢れ出てきた(笑)もちろん全く満足していない自分はなんとかもう少しやれるようしらばっくれていたがww

 そんなしぶとさが功を奏したのか、葦際に見切りを付けて『BFシュリンプ3.4"』5gDSでブレイクを狙っていたら待望のヒット!久し振りの手応えにまたもやコフ〜ンしてしまいドタバタしまったが、友人にネットインしてもらい無事キャッチ!42.5cmながら1400gといい魚を釣り上げることができた。
  
特別デカイわけでもないのに思わず絶叫&ガッツポーズ!嬉しかったんだなぁ〜wwwやっぱバス釣りは面白い!

 そんなわけでさらに強まる風に友人も逃げ腰なので、まだ全然物足りないが早めの納竿とした(笑)

 今回は自分よりも釣りがうまく釣り場にも詳しい友人と同船したためポイント選択は全てお任せしたわけだが、結果だけをみれば少し寂しい結果だったと言わざるを得ない。しかしポイント選定、船を流すペースやポジション、ルアー選択や使い方などは当然自分とは違うわけでいい刺激をもらうことができた。さらになんとか自分に釣ってもらおうと、いいスポットには投げずに僕に譲ったり、操作中の僕の竿先に注視していたりとナイスガイド振りを発揮してくれた。いつも我先に釣ろうとしてしまう自分とは違う大人な対応であった(*´∀`*)見習わくては・・・。

 魚の状態も釣れた個体数が少ないので何も掴むことはできなかったが、かなり浅いところをメインに狙っていたのでもう少し水深のある所ももう少し釣ってみたかったかな。彼も「浅いところはベイトが少ない、透明度がいつもより高い」と言っていたし。でも霞で1日3本もゴーマルを釣った男のスタイルである。きっと今回は何かが噛み合わなかったんだろうな。次回はちゃんとビッグバス釣らせて下さいよ!?と、過去4回彼をガイドして全て貧果だった自分にそんなことをいう権利はないが(^_^;)

 本日 ラージ:40up×1本・40cm以下×1本 total 2本

2015年累計 釣行回数 18回
ラージ :60up×1本・50up×8本・45up×38本・40up×50本・40cm以下×394本 total 491本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×8本・45up×39本・40up×66本・40cm以下×590本 total 704本


1. 630LB + スティーズR(P) + N14lb = クランクベイト
2. 691LFB + アルデバランL(P) + 6lb = 『BFシュリンプ3.4"』5gDS
3. GP69CL + LTZ L + 10lb = 『バンドゥクロー』10gJH
4. 6101MLFB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = 『ベビーファットイカ』
5. 711MHXB + スティーズL + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』2.7gジカリグ
6. 64UL + イージス + 4lb = 『スパイニーアックス』2.7gDS
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第18戦 過去1番の…

2015年09月25日 22時56分18秒 | ラージ
2015年9月24日(木) ダム 5:30〜17:30

天気:曇→小雨 気温:18〜22℃ 水温:21℃ 風:0〜2m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン 潮:中潮 
状況:フォール

 いろんな事情があり、いい時期にも関わらずおよそ1ヵ月振りの釣行となってしまった。もっとも苦手な秋にこれだけ期間があいてしまい、世間では5連休のシルバーウィークで散々叩かれまくった翌日での釣り、さらには前日の釣果情報もウソだろ!?というような貧果でまるで釣れる気のしない釣行となったわけだが…。

 当日は曇りで夕方からは雨予報で状況としては悪くない。懸念していた濁りもそれほどではなく濁り気味のスティンで水温も21度、ターンも酷いという程ではなくこりゃ釣れんじゃね!?と思われた。

 今回はほぼ巻きがメインになるだろうと思われたため巻き続けること2時間。ノーバイトで心が折れますた…。チェイスすらないなんて過去にこんなことは一度もなかった(汗)

 そこでもうひとつのこの時期鉄板の沖のブッシュ撃ちをするもまさかの無…。正直この段階で危機感MAX。さらにシャローからディープまでノーシンカーやDS、フットボールジグなど自分の持ち駒を試すも全然ダメ…。
 
 とにかく自分の場合は考えて釣りをすることができないので、釣れないことには何も先に進まないのだ。釣れた魚からいろいろ教えてもらい徐々にアジャストしていく人なのでエリアもポイントもレンジも、魚の状態も有効なルアーも全くわかりまへん!!何も見えないままただただ虚しくキャストしてるだけ…。

 バスの場合はどんな状況にしろ一等地には常にいることがあるのでそんな実績ポイントを思い出巡り的にまわるが本当に釣れない。もうここまでくると腹をくくりもう自分の好きなルアーをただ漠然とキャストし続けることにした(笑)

こんな一級のスポットでも釣れず…本当に魚はどこ行った!?

 午後になると小雨もパラつき多少は状況変化があったのか、本当にポロポロながら釣れだした。30ちょいの小バスがほとんどですが・・・
 
普段は写真を撮らないこんな可愛いサイズでも今回はきっちりと撮影www

 けど釣れるポイントもルアーも法則性がなくとてもパターンと呼べるものではない。たまたま釣れちゃった系の釣れ方だ。
 
まだまだ虫系の『モッサ』でもいけます!

 虫系の『モッサ』、岩盤で『バンドゥクロー』5gジカリグ、ブッシュ撃ちで『BFシュリンプ3.4"』2.7gジカリグで釣れたがどれも単発でなんとも再現性が低かった。
 
今回は『BFシュリンプ3.4"』でのブッシュ撃ちがメインパターンだと思っていたのだが、思ったようにはうまくいかない(笑)

 結局今回は何も分からずただ闇雲に自信のあるルアーを実績ポイントに投げ続けるという情けない釣りになってしまい、魚の大きさも数も釣れ方もホームレイクでは過去にない程の最悪な結果に終わってしまった。
 
強いて言えば横方向に動く『バンドゥクロー』のスイミングが良かったかなと。

 もちろん今となっても釣れない理由などわかるわけもないので、次回は今回やらなかったことを試してみるか、違う釣り場に行ってみよう。迷走の秋に突入である!(涙)
 
40UPは『バンドゥクロー』での1本だけ…。過去最低な釣果で終わってしまった。

 本日 ラージ:40up×1本・40cm以下×9本 total 10本

2015年累計 釣行回数 17回
ラージ :60up×1本・50up×8本・45up×38本・40up×49本・40cm以下×393本 total 489本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×8本・45up×39本・40up×65本・40cm以下×589本 total 702本


1. ライトニング + PX-68L(B) + 7lb = シャッド
2. ブリッツ + スティーズR(P) + N14lb = クランクベイト
3. 630MB + コンクエストR(B) + N16lb = スイムベイト
4. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』5gDS 
5. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールNS 
6. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
7. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 12lb = 『バンドゥクロー』5gジカリグ
8. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』2.7gジカリグ
9. 68MHFB + スティーズL(R) + 16lb = 『ファットイカ』
10. 64L + イグジスト + PE0.8号 = 『モッサ』





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第17戦 台風爆パート2!

2015年08月30日 03時44分48秒 | ラージ
2015年8月26日(水) ダム 5:30〜18:00

天気:雨→曇り 気温:20〜23℃ 水温:〜23℃ 風:0〜2m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン→カフェオレ 潮:中潮
状況:サマーから初秋に向かい始めた?

 この日は台風接近による大雨予報がでていたが、前回から5日後に行ってきた。この時期の大雨は爆釣か低活性かなんとも微妙なとこだが、とりあえず行ってみないとわからないので覚悟を決めて行ってきた。

 朝はまだ降っていないしなるべく早く状況を探るべく各種ハードベイトで攻めるが小バスがポロポロ。う〜ん、台風爆を期待していたがそんなに甘くはないらしい。結局何も掴めないまま時間が過ぎ、予報通り雨が降り始めた。これで好転するかと思ったが変化なし。当初ハードベイトでガンガンいけると思っていたがここで断念。

 そこで今度は『BFシュリンプ3.4″』をトレーラーにしたスモラバで岩盤周りをチェック。すると結構落としたところで40ちょいも含めてポツポツ釣れる。しかし今日の感じからしたらもっとストロングなパターンがあると思われた。
   
確かに釣れはするが、今日はこんなもんじゃないと踏んでパターン変更!

 雨はさらに激しく降り始めたが、前回同様『BFシュリンプ3.4″』の2.7gジカリグでタイトにブッシュを撃ち始めるとすぐに答えが出た!いきなり寸止めの49cmだ!
  
この1本でブッシュ撃ちを貫くことを決めた!

 実はこの日は朝の段階で5日前よりも3度も下がっていたのだ。さらに10月中旬並みの冷たい雨で最終的にはもっと下がっただろう。(途中で魚探が壊れて水温計も使えず…)だから台風の低気圧とはいえそれほど魚は動き回っていないのかもしれないと思い、さらにブッシュ撃ちを続けた。
 
マジ寒い・・・。何度帰ろうかと思ったことかwww

 やっぱり!この雨にも関わらずブッシュへのタイトなアプローチが炸裂した!しかもくれば45upの確率が高い!!小バスやギルはこの急な水温低下で低活性になったのかもしれない。
 
前回の台風同様45UPがコンスタントに釣れちゃうのか!?www

 そんな感じでめぼしいブッシュを撃つが本当に気持ちいい、絵にかいたようなヒットシーンが繰り返される!ww前回の台風の時も45upが連発したが、その時はもっと魚があちこち動いていたが今回は完全にストラクチャーに固執しているようだ。
  
だんだん魚が見えてきたぞ!( ̄ー ̄)

 雨はさらに激しくなり、5分毎にビルジポンプを回すような状況だが楽し〜い(^.^)正直寒さと大雨で何度も心が折れそうになったが、そのたびにグッドバスがそんな気持ちを払拭してくれた(笑)なんでもこの日は某トッププロも8月としては初めて防寒着を着用しての釣りとなったようだ。
    
完全にパターン掌握!ここぞというスポットでは必ず反応が得られた。

 しかし、あまりの豪雨に小一時間もすると濁りが入り始め、2時間も経たないうちに上・中流域はカフェオレ色になってしまった…。濁りだけではなくゴミや匂いも凄く、流石にバイトがなくなってしまった。雨がプラス要素になったのは間違いないが、さすがにこの雨量はやりすぎである!wwwなのでまだ濁りの少ない下流〜中流のカバーを撃っていった。
  
ちょっと予想よりも降り過ぎで、状況がかなり早く変化していくために早めの判断が迫られた

 それにしてもこんな濁った状況じゃ小さくて水を動かす力もさほど大きいとは思えない『BFシュリンプ3.4″』よりも、サイズも水を動かす力も強いと思われた『バンドゥクロー』の方がより魚に気づいてもらいやすく効率よく釣りができると思い『バンドゥクロー』にルアーチェンジ。思ったようにグッドサイズも釣れたものの、明らかに釣れるペースが落ちてしまった。なんで???
 
絶対に『バンドゥクロー』の方がこの状況下ではマッチしていると確信したのだが、なかなか人間の思うようにはいかない。

 その前に操作性にとてもストレスを感じてしまった。『バンドゥクロー』は決してカバーにねじこんでいくタイプのワームではないが、それでも普通のワーム並みにはカバー攻略もできる。しかし半端なくすり抜け性能がいい『BFシュリンプ3.4″』を使っていると、自分がカバー攻めがうまくなったと錯覚してしまう程ストレスフリーで軽快な釣りが楽しめる。だからその後に『バンドゥクロー』を使うとどうしてもリズムが狂ってしまうのだ。
  
とは言え『バンドゥクロー』もやっぱりよく釣れてるんだけどね(#^.^#)

 あとは前述したように今回は急な水温低下により決してハイコンディションではないのかもしれない。だから多少アピール力が落ちたとしても『BFシュリンプ3.4″』のコンパクトなサイズ、チャンクテールとピンテールの控えめなアクションの方が今日の魚の好みだったのかもしれない。やっぱり使い分けって大事だし、思ったことはいろいろ試さなきゃダメなんだな!
 
う〜ん、カバー撃ちは『BFシュリンプ3.4″』だけあればいいかも・・・と思える程の釣れっぷり!

 幸いなことに昼位にはほとんど雨もあがり、時折パラつく位で釣りに集中することができた。いや〜あ、本当に先日レインウエア買っといて良かった!なきゃ釣りに行こうとも思わないが、しょぼいウエアじゃ終わってたなwww

 なんとなく魚の付き場もわかってきたのでそんなところをランガンで回っていくとやっとキタ!14lbラインなので強引なファイトを楽しみながらあがってきたのは今期9本目となるゴーマル!やっぱり『BFシュリンプ3.4″』釣れるわぁ〜!ww
  
これこれ!このサイズを待っていた!正直やっとでたか・・・という感じのゴーマル!

 その後も同じようなシチュエーションでいいサイズが連発!小バスがほとんど混ざらないので気持ちいい釣りができる。
  
今日行くか止めるか悩んだけど、やっぱり来て大正解!人が行きたくないような状況程釣れることが結構あるよね〜!

 さすがに結構釣ったし、どうしても『モッサ』バイトが見たくてこんな濁り・ローライトコンディションで虫系なんか効果ないとは思いつつ、つい投げてしまう(笑)って、普通に釣れますやん!!(笑)かなりスローに浮いてきてめっちゃゆっくりと食うものの、ちゃんと魚のいる場所であれば『モッサ』は魚を浮かせてしまう魅力があるんだとさらに自信を深めることができた!
  
正直無理やり使った感はあったが、やっぱ『モッサ』釣れるわ!( ^ω^)

 
今まであまり釣れなかった小バスまで釣れちゃうし・・・

 そしてまた『BFシュリンプ3.4″』に持ち替えデカバスを狙うも50upは追加することができなかったが、さらに良型を追加して終了とした。
 
今日の感想、左手の親指がバスの歯にやられて痛い!www

 今回は正直雨の恩恵を考えるともうちょっとデカい魚を複数本釣らなければいけない状況だったと思うので全然満足はできないものの、なかなか気持ちのいい釣りは展開できた。特に『BFシュリンプ3.4″』の対カバーに対する強み、食わせの能力の高さを思い知らされた。状況によっては最も信頼している『バンドゥクロー』を上回る特性を発揮することを痛感した。
  
カバー撃ちが嫌いなオイラでも、『BFシュリンプ3.4″』を使えばこれだけ根がからずに釣りができるからややこしいカバーもちょっとだけ好きになれた気がした(笑)

 ともあれ今回も学ぶことがとてもたくさんあり、多くのことを経験・習得することができ本当に釣行して良かったと思えた。やっぱり釣りはどんな厳しそうに思える状況でも行って、経験値を上げていくしかないんだよなぁ〜。
  
本日はスミスルアーオンリーで50・49・47・46×3・45×5・44・42・40×2!!本当によく釣れまっせ!

 本日 ラージ:50up×1本・45up×10本・40up×4本・40cm以下×21本 total 36本

2015年累計 釣行回数 16回
ラージ :60up×1本・50up×8本・45up×38本・40up×48本・40cm以下×384本 total 479本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×8本・45up×39本・40up×64本・40cm以下×580本 total 692本


1. ライトニング + PX-68L(B) + 7lb = シャッド
2. ブリッツ + スティーズR(P) + 10lb = クランクベイト
3. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』1.8gDS 
4. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールNS 
5. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
6. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 10lb = 『スパイニークローラー』スナッグレスネコ
7. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』2.7gジカリグ
8. 68MHFB + スティーズL(R) + 20lb = 『ファットイカ』
10. 64L + イグジスト + PE0.8号 = 『モッサ』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第16戦 スミス『モッサ』・『BFシュリンプ3.4"』初陣!

2015年08月24日 14時47分13秒 | ラージ
2015年8月21日(金) ダム 5:00〜18:30

天気:曇り/晴れ/小雨 気温:26〜30℃ 水温:26.5℃ 風:0〜2m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン 潮:小潮
状況:サマーから初秋に向かい始めた?

 さて、今回は待ちに待った『モッサ』と『BFシュリンプ3.4"』が発売されたのでこれらをメインに戦おうと思っていた。時期的にもピッタリとはまるはずだし!

 朝到着して意外な事実に驚く。水温26.5度だと!?確かにここのところそれ程の猛暑は感じなかったものの、前回が30度以上あったことを考えるとかなり季節は動いてるんじゃないかと思われた。

 『モッサ』と『BFシュリンプ3.4"』はどっちみち昼位から効き始めると思っていたので当然スタートは各種ファストムービングルアーから。・・・・・釣れませんが・・・・・。今年にここまでバイトが遠かった釣行はなかったという位の釣れなさに焦る。たまにくるのは小バスだがそれも食いが浅くほとんどがバレてしまう。

ハードベイトでぽつぽつ食ってくるもののサイズも小さく食いも浅い。

 さすがにこりゃナメてるとやられちゃうと思ったので予定よりも早い時間から『モッサ』と『BFシュリンプ3.4"』を投入することに。過去にも晩夏で何をやっても渋い時に虫だけが良型が連発したことが何度もあったからだ。そして案の定、やっぱいるやんけ!と思わず言いたくなる程に『モッサ』でポロポロと良型がヒットしてくる!
  
泳いでるやつの目の前に落としたら「ハムッ!」wwwこの様子は動画でも映ってます!(笑)

 
良型連発!これくらいのサイズが虫を食う様はなんともエキサイティング!

 しかしなぜか見切られることや甘噛みが多いのでもしかして今日はフローティングヘッドが気に入らないのかも!?と感じたのでマス針ちょん掛けに換えるとバイト数もフッキング率もがっつり上がった!
  
『モッサ』で連発モード突入!いやぁ〜、マジ楽し過ぎる!

 オーバーハングや立木周辺に投げるとどこからともなく浮いてきておもむろに咥えていく!今日はローライトだがやはりシェードがお好きなようだ。この様子は後日実釣動画で!
   
ナチュラルカラーもいいけど今回は「16.シルクチャート」が大当たり!後日記すけど多分魚から見たらナチュラルに見えてるのかも・・・。


 圧巻なのはヒョロヒョロ泳いでるやつの目先に落としただけで躊躇なく食っちゃうシーンが何度も見られたこと。完全に虫だと思いこんで疑いのないバイトの仕方だ!wwこんなにナチュラルなシェイプ・動き・波紋がでてればそりゃそうだが!(笑)
  
タックルセッティングはかなり悩みに悩んでベイトフィネスに4lbフロロ、カバースピニングにPE1号直結したが次回は組み直しだ。

 そんな感じでほぼモッサだけで十分楽しむことができた。やっぱりこの時期の虫パターンは独特のパワーがある!ただ投げる場所を間違えると小バスとギルの餌食になってしまうので注意が必要だ(^^;)小バスからデカバスまで釣れるのが虫系の釣りの特徴だから仕方ないけどね。

ギルがいると脚を千切られやすいので複数パック用意したい。

 なんか『モッサ』での釣りが楽しすぎて他のルアー投げられないんですけど状態www時折他のルアーも試すがすぐに『モッサ』投げてるし(笑)
 
そんなわけで今日はサイズは問わずエンジョイフィッシング!でもやっぱり釣れるよ『ファットイカ』!な45cmwww

 存分に楽しんだので今度はもうひとつの武器、『BFシュリンプ3.4″』を試すことに。これまた今の時期にピッタリな釣り方である岩盤攻めにスモラバのトレーラーとして使ってみた。しかし思ったよりバイトが少なく秋への移行が感じられた。ただでればいい型のものが多く、46cmを含みポロポロ釣ることができた!
  
やっぱりデカバス狙いには岩盤をジグで釣るのが正解かと思ったが、今回は『モッサ』と『BFシュリンプ3.4″』でカバー撃ちがやりたかったので探求せず。

 
自分はスモラバと言えばほぼ3.5gかつラバーも長めのものがメインだが、『BFシュリンプ3.4″』はジャストサイズ!そりゃ釣れますよ!www

 岩盤がいまひとつだったので今度は秋の定番であるジカリグでのブッシュ攻めをしてみたがこれが当たった!
 
やはり季節の進行を感じさせる場所に魚は付いていた。

 まずはそのすり抜け具合にビビる!!使用前インプレでも予測はしていたが期待を遥かに越える操作性のイージーさは感動ものである!ww基本自分はカバー撃ちが嫌いである!(笑)引っ掛かるし、操作も面倒くさいのでできればなんの引っ掛かりもないところで適当に巻いたりして釣れるのが頭も気も使わなくていいのだが(バスマン失格!?笑)そんなのばっかりじゃなかなか釣れないので仕方なくカバー撃ちをやっているのだww
 
スッと落ちていき、スルスルっと上がってくる。アクション時や回収時も抵抗が少なくて疲れないのがいいww

 そんな自分でも本当にストレスフリーで釣りができるほどスタックが少ない!今までこの釣りでは『バンドゥクロー』を使っていたがそれよりも全然楽に釣りができる。狭い場所でじっくりやるにも向いてるし。もちろん『バンドゥクロー』もあのアクションが猛烈に効くので、今後は『バンドゥクロー』では引っ掛かりが気になる時に『BFシュリンプ3.4″』を投入することになりそうだ。
 
まぁ、やっぱり使い分けが大事ってことで今後は両方とも活躍してくれるでしょう!

 もちろん引っ掛かりの少ない特性はワームの形状もあるが、今回使用したのが2.7gのウェイトだがこんなに軽いシンカーでもスッと落ちていき、細い枝の間を縫うように落ちていった。当然軽いシンカーのほうがスタックも少なく操作も簡単である。また、『BFシュリンプ3.4″』は重いシンカーを使いストンと落とすリアクションの釣りでもかなり効きそうだ!
  
『バンドゥクロー』同様『BFシュリンプ3.4″』でも「53.レッドクロー」が強烈に効いた!やっぱこの色が一番カッコいい!(見た目がwww)

 と、なかなか好調に思えたのだがここに大きな落とし穴があった。はっきり言って虫系の釣りは面白く一番好きな釣り方の一つだし、ヘビーロッドでのガチンコファイトも楽しい。しかしいかんせん釣りがスローになってしまう(汗)結構な時間を費やした割には探った範囲が狭かった。そこで最後全然違うエリアに移動したのだが・・・。
 
魚の付くポイントはなんとなくわかってきたが、根本的にエリアを外していたようだ・・・

 同じ『BFシュリンプ3.4″』ジカリグでのブッシュ攻めで40UP連発ですた・・・。明らかにこっちのエリアの方が活性が高くサイズも良かった・・・。『モッサ』も『BFシュリンプ3.4"』も狭い範囲から魚を搾り出す能力は極めて高い。だから良く釣れていると思っていたのだが、それはルアーの力であり、スポットが正解だったわけではなかったのだ。
 

 
くぅ〜っ!堪らん!狙いのスポットで40UP連発!

 そんなわけで少し失敗した感はあるが、残り時間が短いながらも『BFシュリンプ3.4″』で爆釣劇を楽しんで終了とした。
 

 
もうちょっと早くいいエリアに辿り着きたかったという気持ちはあるが、結果的に今日はデビュー戦にもかかわらず『モッサ』と『BFシュリンプ3.4"』で9本の40UPが釣れたのでまぁ良しとしておこう!(笑)

 今回は大型はでなかったものの、新しい武器で良型は数釣れて楽しむことができた。今回は初秋への移行を感じながらの釣りとなったが、もうサマーパターンのように安定した釣り方ではいい釣果が望めなくなってくると思われ、次回以降さらに早いゲーム展開を意識してやっていかなくてはダメだなと痛感させられた釣行となった。

 本日 ラージ:45up×4本・40up×6本・40cm以下×38本 total 48本

2015年累計 釣行回数 15回
ラージ :60up×1本・50up×7本・45up×28本・40up×44本・40cm以下×363本 total 443本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×7本・45up×29本・40up×60本・40cm以下×559本 total 656本


1. ライトニング + PX-68L(B) + 7lb = シャッド
2. ブリッツ + スティーズR(P) + 10lb = クランクベイト
3. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』1.8gDS 
4. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールNS 
5. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
6. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 10lb = 『スパイニークローラー』スナッグレスネコ
7. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 14lb = 『BFシュリンプ3.4"』2.7gジカリグ
8. 68MHFB + スティーズL(R) + 20lb = 『ファットイカ』
9. 65L + アルデバランL(P) + 4lb = 『モッサ』
10. 64L + イグジスト + PE1号 = 『モッサ』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第15戦 夏だねぇ〜

2015年08月03日 14時37分24秒 | ラージ
2015年7月30日(木) ダム 4:30〜18:30

天気:晴れ 気温:26〜33℃ 水温:29〜30℃ 風:0〜2m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン 潮:大潮
状況:サマーパターン

 さて、先週・先々週と低気圧のおかげでデカバスラッシュに恵まれたわけだが、今回はいたって普通の夏日なのでこの時期の定番の釣り方でいこうと考えていた。

 釣り場に着き水温を見ると朝から29度以上ある!こりゃ今日は晴れだし早い時間帯で勝負をつけなきゃヤバイなと気合を入れる。スタートは『ベビーバド』からはいると小さいながらもまずは1本。しかしその後は他のトップも試すがノーバイト。クランクをいれるとポロポロ釣れるがサイズは上がらない。

朝一トップに出たのは1発のみ。短く貴重な朝マズメを有効に使うべく早めにハードベイトに見切りをつけた。

 やはり今日は厳しそうなことを再認識したので夏場にデカバスがでる確立の1番高いスポットに大移動。早いとこ勝負をつけたいので容赦なく『バンドゥクロー』3.5gジカリグを投入。そして数投目に答えは出た!先週の魚のことがあるので全然大きくは感じないし引きもそれなりにしか感じられないもののいきなり51cmのGETに成功!
 
狙い通りの場所で狙い通りの一発!とりあえずは今回もゴーマル捕獲でホッとした! 

 カバーにキャストしたら横から物凄い勢いで飛び出してきて『バンドゥクロー』をかっさらっていった!それにしてもここ5回の釣行でロクマル含む50UP8本となかなかのハイペースだ。内訳は『バンドゥクロー』×5本・クランク×2本・『スパイニーアックス』×1本と圧倒的に『バンドゥクロー』が効いている!

ここぞという場面での使用率が高いとはいえ、『バンドゥクロー』のデカバス捕獲率は凄いものがある!51cm!!

 さらにこの日は珍しくボイルがチラホラ起こっていた。なかなかボイルしているやつは食わせられなかったものの、魚の有無は確認できるのでプラス要素だ。このスポットではボイルもしており、同じく『バンドゥクロー』3.5gジカリグで44・43cmのグッドサイズも追加することができた!
   
44・43cmが連発!ちょっと『バンドゥクロー』に頼りすぎ!?なところはあるが、いいんです!釣りたいんだから!www

 その後も前回と同じようにカバーでは『バンドゥクロー』3.5gジカリグを、カバーのないところではノーガードのラバージグをいれていった。先週は30弱〜35cmくらいの小バスが多かったのだが、今回は40前後のサイズが多くなかなか楽しめる。
  
今回は全体的にアベレージサイズが良かったが、だいぶカバーの中に入り込んできた感じだ。

 ハードベイト各種はサイズが上がらずついついワーム・ジグに手が伸びてしまう。なにせ7月中旬から8月中旬位が自分にとって一番デカバスを量産できる時期なので、手段は問わず今のうちにいい魚をたくさん釣っておきたいのだ。

各種ハードベイトは楽しいのだがやっぱりモンスタークラスはソフトベイトが効きそうな感じがする。

 しかしさすがにこの時期は日が出てくるときつい・・・。朝のうちは手返しよくフォールさせて回収しているだけでイージーに釣れていたがだんだん渋くなってきた。そこでフォールスピードの早い各種ノーシンカーをいれるとまたガンガン釣れるようになった。しかし小バスが先に食ってしまうことも多くストレスも溜まってしまう。
  
今回は高比重ワームのノーシンカーも効いた。まだそこまでスローフォールさせなくても食ってきてくれるので楽チンだ。


今回はいいサイズに恵まれなかったものの、立ち木の中やフローティングカバーの下狙いでファットイカがまたしても大活躍!

 もちろん夏の鉄板パターンの虫系も試すがやはり効く!先週はゴミ溜まりが結構あったのでフロッグが有効だったが、今回はそれが消えていたので虫パターンがはまった。やっぱりフゥ〜っと浮いてきて、おもむろにハムッ!と虫を咥えていく様はなんとも可愛い!ww
 
よく釣れるし面白い!なんなら1日これで遊んでもいい位だ!

 しかしさらに時間の経過と共に日差しが強くなり、水分補給と休憩をとりながらの体力的に厳しい釣りとなったが、逆に魚の居場所もカバー周辺やシェード内等特定しやすくなってきたのでこんな時はもちろん一箇所をじっくりと攻められる『スパイニー』シリーズの独断場であった!釣りがスローになってしまいがちな『スパイニー』シリーズであるが、ポイントがわかっているならこれ以上効率のいいルアーもあるまい!
   
『スパイニーアックス』のネコリグが効いた!42cmに始まりだんだんライトリグが有効になってきているのが感じられた。

 オーバーハングやブッシュ等、シェードができる部分に魚が陣取っていた。なるべく狙いのスポットから離れないように『スパイニーアックス』のネコリグでフワフワやってるとどこからともなくバスが湧いてきておもむろに咥えていった。サイズは選べないもののアベレージサイズも悪くなく、40UP連発となった!
 

 

 

 
48・45・44・40cm含むラッシュ!苦手なスローな釣りだがベイトフィネスタックルで使う『スパイニー』シリーズならなんとか我慢して釣り続けられる。いい魚釣れるし!www

 
今回デビューとなったスナッグレスネコリグ。まだまだ研究途中だがこりゃ使えそうなリグだ!これには『スパイニークローラー』がいい感じだった!43cm!

 夕マズメも期待したのだが今回は全く盛り上がらず・・・。ポロポロと追加して終了となった。
 
今回もラストはクランクで40UPをGETして終了!

 前回・前々回が超高活性だっただけに今まであまり季節の進行を感じられなかったのだが、今回はまさに夏パターンといった感じであった。とにかくマヅメ時にきっちりと釣ることと、居場所は特定しやすいのできっちりと食わせてやることに気をつけていた。もちろん熱中症対策が最優先でね!www

 本日 ラージ:50up×1本・45up×2本・40up×7本・40cm以下×58本 total 68本

2015年累計 釣行回数 14回
ラージ :60up×1本・50up×7本・45up×24本・40up×38本・40cm以下×325本 total 395本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×7本・45up×25本・40up×54本・40cm以下×521本 total 608本


1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. ライトニング + PX-68L(B) + 7lb = ポッパー
3. ブリッツ + スティーズR(P) + 10lb = クランクベイト
4. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』1.8gJHW 
5. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールNS 
6. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
7. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 7lb = 『スパイニークローラー』スナッグレスネコ
8. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = 『バンドゥクロー』5gジカリグ
9. 68MHFB + スティーズL(R) + 20lb = 『ファットイカ』、フロッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第14戦 モンスター降臨!

2015年07月27日 10時49分19秒 | ラージ
2015年7月23日(木) ダム 4:30〜18:30

天気:曇り/雨/晴れ 気温:26〜32℃ 水温:27℃ 風:3〜9m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン 潮:小潮
状況:サマーパターンに移行中?

 さて、前回は台風パワーのおかげでなかなか楽しい釣りができたが、今回は再び灼熱地獄の谷間の曇り時々雨予報。雨量は少なそうなので前回程ではないにしろ、もしかしてまた釣れちゃう?と予測された。満水で投げるのが難しいがおNewの竿でカバーゲームを展開していくプランを考えていたのだが果たして・・・。

 早速スタートしようとするといきなりポツポツ雨が来始めた。いいぞいいぞバンバン降れ!と思いながらの3投目、いきなりバイトがありフッキングが決まった瞬間背筋に寒気が走った。やっ、やばいのきちゃったよ!!過去にも何度か経験したモンスター独特のオーラがビンビン伝わってくる。ビビリながらも落ち着いてファイトするが全然魚が浮いてこない。過去にもロクマルを3本釣ったことがあるが今回の魚のパワーはマジ尋常じゃない!おまけに数日前に購入し今回がデビュー戦となるロッド、まだファイトどころかキャストも3回しかしていないのにいきなりのこのモンスターとのファイトであるwww不安だ・・・(笑)

 たぶん今までで一番長いファイト時間だと思うが、リールのドラグとクラッチを切っての指ドラグの併用でじわじわと距離が詰まってきてはじめて見えた魚体はやっぱりのモンスターだ!結局1度のジャンプもさせずに超慎重なファイトの末に遂にネットに収まったそいつは、ヘラブナのような体高、デップリと太ったお腹、見事なまでの身の厚みのロクマルであった!
 
久々のモンスターに嬉しさもMAX!やっぱりデカバスは幸せな気持ちにさせてくれる。
 
 おっと、釣り方に戻るがポイントはその湖でも最もメジャーで誰もが必ず投げるストラクチャーに、『バンドゥクロー』の5gジカリグをキャスト後カーブフォールさせている最中にひったくっていった。やっぱり天候が味方してくれた奇跡の1発である!
 
1年間、信じてずっとメインベイトとして投げ続けた『バンドゥクロー』がついに結果をだしてくれた!冗談ではなく最初に『バンドゥクロー』を使った時から、本当にこの瞬間が必ず来ると信じて投げ続けていたのだ。

 というわけでこの日はたったの3投でメイクドラマしてしまったので今回の記事はこれにて終了!・・・としてしまってもいい位な内容なのだが一応続けます(笑)実際の現場では、よし今日はこれでもう満足!な〜んてこと思うはずもなく、よっしゃ!あと2本はこのクラス釣るぜ!と欲張りな自分がいたwww
 
まだ薄暗いなかでのキャッチだったのでうまく写真が撮れず、ピンボケの写真ばかりになってしまった。ただ実物は写真では伝わらない位の迫力ボディーだったよ! 
 
 心を落ち着かせてさらなるデカバスを求めてキャストを続ける。思ったよりも横方向への動きに好反応だったのでクランクで流し始めると連発!ワームやジグ系よりも明らかに反応が良かった。しかしサイズは35前後位のものが多くなかなかいいサイズが釣れてこない。
 
う〜ん、楽しいけど今日はデカバスパターンじゃなさそうだな・・・

 そこで今度は先日棚の整理をしていたらでてきた『スラッグゴー』を試してみることに。こいつが出始めた頃はマジで人生観が変わるほどワラワラとバスが湧いてきて釣れまくり、とんでもない衝撃を受けたもんだがいつの間にか使わなくなっていたなぁ〜。なんでだっけ!?やっぱり今でも釣れるのかしら?と思いながらキャストすると、やっぱり魚が涌いてきた!www

 しかしパクパクするけどなかなかフッキングまでは至らないのが多く少しストレスが溜まる。使わなくなった理由はこれかぁ〜!?でも、かつて気に入らなかった点の一つにベイトタックルでは扱えないことがあったが、現代のベイトフィネスタックルなら楽勝で使えるし、トレーラーフックシステム等によりフッキング率が上げられれば今でもかなりいけてるルアーであると確信した。だって本当にバイト数は相当多かったから!要研究だな!

昔程ではないにしろ、やっぱり『スラッグゴー』には強烈に反応した!だって最近はこんなの見たことないバスばかりだろうからね!

 時間が経つと横方向への反応が悪くなってきたのでワームやジグ系に変えるとまたポロポロ釣れ出したがサイズがどうにも伸びない。先週はかなり良型が釣れたが今回は40upが本当に混ざらない。カバーでも岩盤でも同じだった。先程モンスターを釣った『バンドゥクロー』を使うが今度は数釣りワームへと変貌していた(笑)でもモンスターから可愛いサイズの数釣りまで、やっぱりこいつの威力は凄まじい・・・。
    
カラーローテもしてみたがサイズが伸びない。

 今度は気分転換にフロッグを投入。あれ?やっぱりいいサイズでてくるじゃん!といった感じで他のルアーでは全く釣れなかった40UPが混ざりはじめた。まぁフッキングは悪いがその分楽しめるともいえる。
  
やっと今回初の40UPがきた!

  
続いて47cmもGET!やっぱカバーゲームは面白いねぇ!

 う〜ん、いいねぇ!フロッグがはまり気分良く釣りをしているとまたまたバイト!フッキングを決めた瞬間「ペシッ!」という音と共にリールがポロリ!?ええっ〜!?なんとリールフツトを支えているリールシートが割れたのだ。慌ててリールを拾い上げ、漁師のように手で糸を手繰りファイトwwwしかしバレてしまい、そのまま水が入ったフロッグは沈下、からのまさかの根掛かりロスト(汗)一気に3つのものを失ってしまった・・・。


ハリアー死亡・・・チーン・・・。昔なぜか割れてしまったリールシートをボンドで無理やりくっつけていたが再発してしまったようだ


こんな感じのゴミ溜まりにフロッグを通すとドバッ!!と気持ちよくゴミが弾き飛ばされる!

 さらにはフロッグケースも忘れてしまっていたので、前回同様『ファットイカ』で代用!wwwさすがにゴミは拾ってしまい多少扱いにくいものの、食いもフッキング率もこっちのが良く結果的にはフロッグよりもよく釣れた(笑)
    
多少使い勝手は悪いがバイトシーンの激しさは変わらず楽しめます!www

 トップゲームも楽しんだので再び普通の釣りに。今度はストラクチャーの絡む定番の岩盤にいつもの『バンドゥクロー』5gジカリグを落とすと落ちパクヒット!これもデカイや!!先程はかなり慎重なファイトをしすぎてジャンプも見れず楽しめなかったので今回はガチンコパワー勝負!何発もカッコいいジャンプをかましてくれたが、う〜ん、それでもなかなか寄ってこないぞ!こいつも結構時間が掛かってしまったが無事キャッチすることができた。普段なら完全主役級なのだが今回ばかりはサブキャラな54cmであった!
  
54cmのビッグバス!今日は40UPもほぼ釣れないのになぜかでかいのが釣れちゃったなぁ!

 その後もクランク、ワーム、ジグ共によく釣れるもののどれも30半ば弱のものが多くデカバスパターンが掴めない。 

なんとか42cmを追加だが大きい魚はどこ??

 夕方になり期待も魚の活性もあがるが思い通りのサイズはでない。なんかあまりにも序盤にいいのがでちゃったせいか、今日は全然釣れてない錯覚に陥ってしまうwwwそれでもラバージグ+『バンドゥクロー』で45cmもGET!

 
いつもながらモンスターを釣った後はサイズ感覚が狂う。45UPでも40そこそこにしか感じられず、計測してこんなにあったのね!みたいなww

 帰りしなクランクを投げながら戻る途中クランクでは最大の44cmを釣り終了とした。
 
ラストはクランクで44cmできめ!

 結局今日は雨予報だったがほとんど降らずちょっとがっかりだったが、デカイの釣れたしまぁなんとか結果オーライでしょう!

 また、今回の釣行で年間ノルマの500本もクリアしたことだし、次回からはどんな釣りを展開していくかなぁ〜。なるべく楽しめる釣りがいいけど、それもいろんな方向性があるから悩んじゃうwwいずれにしてもどんな釣りも楽し!

 本日 ラージ:60up×1本・50up×1本・45up×2本・40up×3本・40cm以下×66本 total 73本

2015年累計 釣行回数 13回
ラージ :60up×1本・50up×6本・45up×22本・40up×31本・40cm以下×267本 total 327本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :60up×1本・50up×6本・45up×23本・40up×47本・40cm以下×463本 total 540本


1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. ライトニング + PX-68L(B) + 7lb = ポッパー
3. ブリッツ + スティーズR(P) + 10lb = クランクベイト
4. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』1.8gJHW 
5. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = カットテールNS 
6. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
7. 6101MLFB + アルデバランL(B) + 7lb = 『スパイニークローラー』スナッグレスネコ
8. 711MHXB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = 『バンドゥクロー』5gジカリグ
9. ハリアー + スティーズL(R) + 20lb = 『ファットイカ』、フロッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 第13戦 台風爆裂!

2015年07月19日 04時40分17秒 | ラージ
2015年7月16日(木) ダム 5:30〜17:30

天気:曇り/雨 気温:24〜26℃ 水温:26℃ 風:4〜9m 水位:満水 水色:濁り気味のスティン 潮:大潮
状況:台風接近で高活性

 ここ最近はあまり良くないという情報であったが、今回は絶対的に釣れる自信があった。台風の動きを睨み、さらに重要なファクターを加味してXデーに合わせて休みを取ったのだ。そしてほぼ狙い通りにことが進み、まずまずの結果となった。友人もこの日がヤバイと踏んでいろいろ言い訳を考えて仕事を休もうとしたが叶わなかったようだ。(笑)ちなみにポイントやルアー、釣り方の予測まで彼と全く同じであった。

 ちなみにせっかくの爆釣劇でしたが、雨のためにカメラが曇っていたり、ピンボケ、つまらない構図の写真ばかりですんません。いつも使っている自画撮りができるカメラが防水でないもんで・・・。また、油断してると爆風ですぐに船が流されてしまうので枚数も少なめ&雑な撮影となっております。

 当日は朝から台風の影響で強い風雨だが全然OK。むしろもっと降ってくれ!と強気な発言ができるのも先日手に入れたガチャピンスーツのおかげ(笑)結局1日通して水が浸みることも、汗でウエア内が濡れることも、袖や首筋から雨が浸入することもなくいい仕事をしてくれた!やっぱり釣具よりもウェアにこそお金を使うべきだとお客さんに力説していた釣具屋勤務時代の言葉が脳裏に浮かぶ(笑)

 朝はクランクからスタートするが今日の釣果を予見させるように2投目で48cm!その後もいい反応が続く。水は雨により濁っているが逆にそれがプラス要素になっているようだ。
 
いきなりこうくるか!なグッドサイズ。間違いなく台風パワーが効いているようだ。


が、徐々にサイズダウンしてきたので今回は早めにクランクに見切りをつけた。

 時間の経過とともにクランクではサイズが落ちてきたので本来目的としていた釣り方にスイッチした。カバーのあるスポットは『バンドゥクロー』の5gジカリグで、カバーのないところは3.5gのラバージグを使いフォールとスイミングで狙っていった。そして今日の条件からいったら1番のスポットであるが、誰もが狙うがゆえにハイプレッシャーにより釣れにくい超1級ポイントでビッグバイト!何度もジャンプをして凄いファイトを見せるそいつは55クラスのモンスターだ!慎重に時間を掛けて手元まで寄せネットで掬う直前、カジキのように横方向に連続した2m位のテールウォークをしてラバージグを弾き飛ばして消えていってしまった・・・。自分のミスもあるが、あれは魚を褒めてあげたい位のナイスファイトだった(笑)

 その一件から朝から一気にテンションが下がってしまったが、もしかしたらまたチャンスがあるかも?と思える位の超高活性は続いた。やっぱり普段は釣りづらいいい魚が台風と、ある条件により狂ってしまっているようだ。45cm以上の良型を含むラッシュが始まった。やっぱり想定していたポイント・釣り方ががっちりはまったようだ!
 
 
 

ワームながらスピーディーな展開で釣りができる『バンドゥクロー』がどはまり!何度一人でガッツポーズをしたことかwww

 ラバージグと併用して釣っていったが、平均すると『バンドゥクロー』の方がいいサイズが来る傾向が強かった。なので手持ちのストックを考えてここぞというスポットでは『バンドゥクロー』、比較的望み薄なところではラバージグを使用した。釣り方自体はほとんど同じだ。
 
 

こんな調子のいい時は何匹釣ってもちぎれないラバージグが効率的かつ経済的だったりする(笑)トレーラーはもちろん安いやつwww

 ところどころにあるゴミ溜りではフロッグを入れると数発出たもののフッキングに至らず。そこで同じようにファットイカでゴミの上をチョコチョコやっているとカバーをぶち破ってフロッグさながらの迫力のあるバイトシーンが楽しめた。フッキング率も抜群!
 
フロッグと違いポケット部分では落とし込みでも狙えるところがさらに強み!

 他には『スパイニーアックス』の1.8gジグヘッドワッキーも要所要所で使ってみたが小さいのが食ってきてしまうのと、展開がスローになってしまうのですぐにルアーチェンジ。
 
今回のような状況では釣れすぎて!?『スパイニーアックス』の出番はないなと見切ったのだがラストに・・・

 いいサイズが続く中、ようやくのゴーマル!朝に逃がした魚に比べれば可愛いサイズだがとりあえず一安心の魚。『バンドゥクロー』の5gジカリグをちょっとしたカバーに落とし、スイミングさせているとひったくっていった!『バンドゥクロー』では1番好きな「53.レッドクロー」というカラーだが、朝出船する時にザリガニを見かけていたのだ。ダムというとあまりザリガニのイメージがないと思うが、実は昔デカバスを何匹もライブウェルに入れていたことがあったのだが、多くのバスが大量のザリガニを吐いていたことに驚かされたものだ。
 
今回は『バンドゥクロー』をスピーディーに使っていった。というかスローに使う必要性がなかった。でも不思議なことにハードルアーで同じように釣ってもサイズが伸びなかった。

 雨は猛烈に降ったり止んだりを繰り返していたし、風もちょっと怯む位の突風がいきなり吹くこともあったがその後もいいペースで釣れた。しかしデカイやつは風雨が強い一瞬にくることが多かった気がする。だからデカバスの写真も撮れなかったりしたんだけど・・・(苦笑)
  
  
いやぁ〜、思い通りに釣れてくれて楽し過ぎる!普段プレッシャーで釣れないようなメジャースポット程デカバス率が高かった。

 そして夕マヅメのビッグチャンス、絶対にいるであろうピンスポットに『バンドゥクロー』を入れるも無反応。だが絶対にいるはずだと思い一応フォローで『スパイニーアックス』の1.8gジグヘッドワッキーを入れると一発でヒット!パワフルなゴーマルであった!
 
絶対的な食わせワームの『スパイニーアックス』で、やっぱりおったなぁ!な一撃www

 と今回は狙い通りの気持ちいい爆釣劇となったわけだが、やはり今回のようなXデーにおいてモンスターが獲れなかった点では正直満足することはできなかった。前述した友人に今回の結果を報告をすると「マジですか!・・・それだけ?モンスター釣れなかったの??」と想定通りのことを言われてしまった。(笑)とはいえ数は84本、50up×2本の44up×10本が自分の好きな釣りで絵に書いたように釣れたことはやはり楽しい釣りであったことは間違いない。これからも自分の好きな夏パターンが始まるので楽しみである!

 本日 ラージ:50up×2本・45up×8本・40up×2本・40cm以下×72本 total 84本

2015年累計 釣行回数 12回
ラージ :50up×5本・45up×20本・40up×28本・40cm以下×201本 total 254本
スモール:45up×1本・40up×16本・40cm以下×196本  total 213本
  合計 :50up×5本・45up×21本・40up×44本・40cm以下×397本 total 467本


1. TF64CUL + アルデバランR(R) + 7lb = プロップベイト
2. ライトニング + アルデバランR(P) + 7lb = ポッパー
3. ブリッツ + スティーズR(P) + 10lb = クランクベイト
4. 6101ULRB + アルデバランL(O) + 5lb = 『スパイニーアックス』1.8gJHW 
5. GP65CL + アルデバランL(B) + 6lb = 『スパイニークローラー』1.8gネコ 
6. GP69CL + LTZ L + 10lb = スモラバ
7. 6101MLFB + メタニウムMg7L(P) + 12lb = 『バンドゥクロー』5gジカリグ
8. ハリアー + スティーズL(R) + 20lb = 『ファットイカ』、フロッグ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加