東京スカイ釣り〜♪

釣りと煎餅とスカイツリー

エバーグリーン ポッパーフロッグ

2016年05月19日 02時38分51秒 | ルアー
 先日はO.S.Pのダイビングフロッグについて書きましたが、今回はエバーグリーンのポッパーフロッグです。が、これもダイビングフロッグ同様ナマズ用ルアーとしてのチューニング素材ですが(^.^)

ナマズ釣りしてなきゃ多分買うことはなかったルアーでしょう(笑)

 というのもあるブログの方がほぼこれのオレンジだけしか使わずにナマズ釣りしている。というかかなり釣ってます!(@ ̄□ ̄@;)!!そんなわけで思わずマネしたくなるのは仕方ないですね(笑)

 特徴としてはポッパータイプということで当然ポップ音によるアピールが可能であるということでしょう。カバー回りや多少の水深があっても魚に気づいてもらいやすいと言えます。

比較的オープンウォーターな場所で、プラグとスナッグレス性の高いフロッグの間を埋める存在でしょうかね

 また、口がブレーキになって一ヶ所でモジモジさせるのも得意でしょう。半面口が原因でスタックしやすかったりすると思われるので、やはりポッパータイプは人気がいまいちのようです。

でも、ナマズ用途で考えるならば、かなり有効に思えそうです!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

O.S.P ダイビングフロッグ

2016年05月18日 02時34分31秒 | ルアー
 オープンウォーターでの使用も視野に入れて作られたと思われるO.S.Pのダイビングフロッグですが、同シリーズの中ではあまり人気がないせいか結構売れ残っていることが多いようです。自分はあまりフロッグについて語れる程のフロッグ使いではありませんが、素人目には悪くないコンセプトに思えるのですが。

同じ1匹でもフロッグで釣れると嬉しかったりしますよね♪

 特徴としてはやはりヘッド部がダーター系になっているので、ダーターとしてはもちろんただ巻きでシャローランナーとして使えたり、トゥィッチすればポッパーのようにも使えます。

 半面対カバーに対してはゴミ等を拾いやすかったりスタックしやすかったりすると思うので、そこら辺がカバー攻略をしたいフロッガーに受け入れられなかったのでしょうか?

見た目は大好きです。でも、バス釣りで使うなら他のフロッグを使います(笑)

 で、自分の使用用途としてはカバー攻略でもなければバスを釣るためのものでもありません(笑)はい、ナマズ用としてチューンして使いたかったのです。

 なのでそれ程のカバーを撃つものでもないし、そもそもダブルフック自体カットして使いません(笑)欲しいのはハードルアーにはないナチュラルな着水音やアクション、柔らかい噛み心地なんでWW

 そんなわけで後日カバー用ルアーとしての侮辱とも思われるチューンを施したいと思います(^.^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャッカル マグナムバニー

2016年05月14日 08時08分44秒 | ルアー
 バス釣りの時はさして特別な存在ではありませんでしたが、ナマズ釣りにおいて絶大な信頼をおいているのがジャッカルのマグナムバニーです。
 
本来バス用ですが、自分が一番ナマズを釣っているルアーです(笑)

 いわゆるバド系のバニーですが、やはり正直なところ個人的にはバス釣りにおいてはビックバドの方が全然優れていると思います。あの水押し、強い浮力、危ういスイムバランス、いかしたサウンドなどなど、やはりビックバドはオンリーワンな存在だと思います。

 でもナマズ釣りにおいてはバドよりも巻き抵抗が小さく早く引けて、あまり千鳥らないので直進性がよく、泳ぎのピッチも細かいので狭いスポットでも使いやすかったりします。なのでナマズ釣りにはマグナムバニーが好適だと思っています。

自分が持っていたやつはボーン素材でさらにいい音がする限定モデルでした。ちょっとナマズチューンされてますが(^.^)

 しかし現在は廃盤になっており、中古屋でしか手に入らないのが残念です。先日も中古屋を7軒回り、何とか2個GETできました。まぁそんなにロストするものでもないので機会があれば中古屋に寄って、また探してみたいと思います。

あまり好きなカラーではありませんが、贅沢は言ってられません。とりあえず見つけたら買っときます(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャッカル バニー

2016年05月09日 08時01分05秒 | ルアー
 最も好きで、多用してきたルアーの一つがジャッカルのバニーです。オリジナルサイズの他に、ベビー・jr.・マグナムの計4種類のサイズの他、いろいろなバリエーションがあったと思います。

 でもやっぱりどのルアーでも当てはまることが多いですが、最初にできたオリジナルの54サイズが一番優秀だったと思います。要はあるアクションや目的を達成するために完成されたのがオリジナルであり、他のものはより販売数を狙っているものであったり、オリジナルではできない隙間を埋めるための特殊なものであることが多いからです。

いつの間にか廃盤になっていて、いつの間にかオリジナルのみ復活したようです(笑)

 まぁバニーシリーズはビッグバドの効果をより手軽に楽しめるために作られたと思うので使い方や効果は大体似た感じになると思いますが、やはり当然違いも多くあります。

 強みとしては単純にサイズが小さいのでバドよりも使えるシチュエーションが広く、数釣りも可能なこと。動きのピッチも早く、バドよりも早く引けるのでサーチベイトとして優れていることなどでしょうか。

 で、バドの方が優れていると思うのは、サイズから仕方ないのですが浮力が弱くどうしても潜ってしまうこと。とくに巻き出しでは潜ってしまいやすかったです。そして当然ですが水を押す力が弱く効果としては全く別物であると思われました。千鳥の危うさ加減もバドにはかないませんでした。

このブレードを留めているヒートンがすぐズレるんだ・・・

 あとは結構セッティングが微妙ですぐにまともに泳がなくなる。真っ直ぐ泳がなかったり横を向いて滑ってきてしまったりと結構気を使いました。ただアイをいじるだけではダメで、ブレードを固定しているヒートンを調整しなくてはならないので面倒です。

 まぁ何はともあれ良く釣れるルアーでしたし、サーチベイトとして優れていたのでいつでもどこでもとにかくロッドに結ばれている時間が一番長かったトップウォータールアーでした。ただあまり使わなくなった理由が上述したように調整が面倒だったからなんですよねぇ〜。

見た目の可愛いらしさだけではなく実釣能力もかなり高い!


↓こちらからどうぞ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

O.S.P スピンテールフロッグ

2016年05月04日 08時40分07秒 | ルアー
 去年いい思いをしたOSPのスケーティングフロッグ。ロストしてしまったので見かけたら購入しようと思っていましたが、もうひとつ気になっていたスピンテールフロッグが売っていたので買ってみました。

本格的なシーズンになると入手しづらくなるので見つけたら買いです

 多分ボディーはスケーティングフロッグとほとんど同じ位のコンパクトサイズでフッキングも良さそうです。ブレードは思っていたよりも結構小型のものがついていました。
 
ブレードがボディー後方のセンターに付いているのでバランス、ブレード効果も高そうです

 一ヶ所でネチネチやる普通のフロッグ使いはもちろんただ巻きで広範囲をスピーディーに探れるのがスピンテールフロッグの強みだと思いますので他のフロッグとは使い分けができそうです。
 
いろいろな使い方ができそうなコイツ、使いこなす楽しみもありそうです♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZEAL ジタバタアライくん

2016年03月29日 11時42分08秒 | ルアー
 前回に続きバスルアーの中でナマズ釣りに使えそうなルアーを物色していると、ZEALのジタバタアライくんがありました。こいつの方がアライくんよりももっとナマズ釣りに向いていそうです(笑)もちろんバス釣りでの実績も多くありました。

今見てもやっぱり可愛いです。当時はなかなか手に入らなかったなぁ〜

 ジッターバグのようなバグカップが付いていますが、透明のプラスチック製であること、左右の形状が対称ではなく動き出しが早くなっているのが特長です。もちろん可愛い尻尾フリフリも視覚、水流の複雑さもジタバタアライくんならではのものです。

見た目の可愛さだけでなく、実釣能力も非常に高かったZEALルアー。初めてトップで釣ったルアーはZEALのテラー35でした

 使い方はただ巻きのカポカポアクションはもちろんですが、狭いスポットでトウィッチしてボディーや尻尾をフリフリさせて使うのも見ていて楽しいだけじゃなく非常に効果がありました。

最近はこの手のルアーはあまり目にしませんね。バスバブルの時は酷い糞ルアーがたくさんありましたがwww

 どちらかといとオリジナルのアライくんよりもこちらのジタバタアライの方が自分は好きでした。カラーリングも本当に可愛いものが多かったです。とはいえこれもほとんどバス釣りでは出番がなくなってきたのでチューンしてナマズルアーとして再び活躍してもらいます!(^.^)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZEAL アライくん

2016年03月28日 18時29分07秒 | ルアー
 バスルアーの中からナマズ釣りに使えそうなルアーを物色していたらZEALのアライくんがでてきました。だいぶ昔になりますが、このアライくんもメガバス、エバーグリーン、ラッキークラフトなどと並んで入手困難ルアーの一つでした。

やっぱり今見ても可愛いですね!アライくんをいじっているのを見た子供も食いついてきました(笑)

 昔はこういったレアルアーが抱き合わせ販売や、何千円以上お買い上げされた方のみ買えるだのの制限がある場合が多かったので、普通に店に並んでいるのを見ると興奮したのを思い出し懐かしく思います(笑)

 さて、アライくんですが今でもこうして手にしてみると当時釣れた場面を今でも思い返すことができたりして、やっぱりこれってルアー釣りならではの楽しみだったりするんでしょうね。

まだビッグバドが今ほどメジャーに使われる前からウェイキングアクションの効果を広めたルアーかもしれませんね

 久々にお風呂場でスイムテストをしてみましたが、今だに全然現役で使えそうなアクションはさすがにZEAL製です。動きがコミカルなだけではなくしっかりと水面で水を動かす力はなかなかで、バドとは違いただ巻きだけではなく竿先で操作してもいい働きをしてくれるルアーでした。

尻尾をフリフリ潜りたいのに潜れない、そんな動きは魚だけではなく人間も魅了した。

 そんなアライくんてすが今となってはなかなか使う機会がなくなってきたので、ちょっといじってナマズルアーとして再び活躍してもらおうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更ビッグベイトへの妄想…

2016年02月09日 10時10分05秒 | ルアー
 今更ですが、今年はちょっとビッグベイトをかじってみたいと考えております。もちろん人並みに!?ビッグベイトは持っているし、それなりに釣ったこともあります。それ用のタックルも持っていましたが、資金がピンチの時に大量にタックルやルアーを処分してしまったので、近年ではほとんどキャストすることもなくなっていたのでした。ですが最近流行りのギル型ビッグベイトにビビっときて、どうしても使ってみたくなったのです。まぁ、まだルアーすら持っていませんがwwwそんなわけでいろいろ妄想しているわけですが、やりたいのは主に2.5oz位までのビッグベイトで、それらに似合うタックルを今夢見ています。


それ程大きくないこんなルアーが使いたい。

 リールは最近全く買っていないし今時の素敵なリールとやらも欲しいけど、これはガマン…。でも、上記したようにほとんどのリールを処分しちゃったので今あるリールはベイトフィネス的なやつばかりなんだよな…。なので非力なのは否めませんがスティーズでやるしかないな〜(-_-;)ラインは、同じタックルでビッグスプーン、ソフトスイムベイト、パンチングなんかもやりたいと思っているのでフロロの20lbを考えているけど、扱いにくかったら16lbにおとすかな。

 肝心なのはロッド。今あるやつじゃさすがに無理です…。そこで竿だけは揃えなきゃなんだけど、上限でも2万以下に決めています。とは言え最近は竿もリールも安くてもいいものが本当に増えたので結構選択肢もありそうです。しかし釣具屋辞めてから全く釣りの雑誌やテレビなども見ないので、最近のメーカーも、ブランドもほとんどわかりません…

 今のところ価格的なものと、あくまでメーカーのうたい文句でしかないですが、TailwalkフルレンジのC65XHかC70XHが気になっています。自分がビッグベイトロッドに求めるのが7FT以下の長すぎないもの。ボートでの釣りしかしないので飛距離よりもアキュラシー性、ルアーにアクションを加えやすい操作性を重視しています。


バスではマイナーなメーカーだけど、餌釣りの竿はすでに使っております。てか、釣具屋勤務時代にロッドメイキングの研修でお世話になったこともあるメーカーさんだったりします((´∀`))

 そして1番はただ硬いだけの竿はダメで、しっかりとしたトルクを備えていてきっちりと粘る竿でなければ安心して使い切ることができない。こんな竿が欲しいのですが自分に合った竿があるかな?やっぱりこればっかりは釣具屋で実際に手に取って確認してみるしかなさそうです。このいろいろと調べて悩んでる時が楽しかったりするんですよね!買った後は意外と無頓着になったりしちゃうけどwww

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テッケル 『ドランカー』

2016年01月12日 21時54分59秒 | ルアー
 最近は本当にルアー・ワームを買わなくなった。年間数個位だろうか?家にも孫の代まで使っても使いきれない程のルアーがあるし・・・(汗)

 そんな自分でもどうしても気になるルアーが発売されたので思わず購入してしまった。オールドのウィグルワートを超えるべく作られたというテッケルの『ドランカー』というクランクベイトだ。アメリカで定番のコールドウォータークランクベイトとのことだ。

テッケル扱い店が極少ないのでわざわざこのルアー一つを買うためにチャリで遠くまで買いに行った。中学生か!www

 もちろんそのルアー自体のコンセプトに惹かれたのは当然だがアメリカンルアー事情にとても詳しく、本物だけにこだわり商売っ気も全然ない前田秀樹さんが8年間掛けて作り上げたルアーとはいったいどんなもんなんだ!?という思いがありとても使ってみたくなったのだ。

裏のパッケージデザインがいかにも前田さんぽい(笑)

 自身オールドウィグルワートと呼ばれるものは小学生の時に買ったものがいまだに1軍タックルボックスに入っているし、本当にたくさんの魚を釣らせてもらった。まぁ自分的には以前も書いた『ウィーワート』の方が好きですが。

カラーは一番しょぼく、不人気と思われるスケルトンチャート系を購入。でもこの色が実は釣れるんだな〜( ̄▽ ̄)

 『ドランカー』の特徴としてはロールをほとんどしないハイピッチでワイドウォブリングで引き重り感が大きく、10lbラインで3mぐらいは軽く潜るようだ。

確かにウィグルワートを意識しているであろうディティールは感じられるものの、やはり見た目だけでは本当にウィグルワートを超えてるの!?という思いは拭えない

 凹んだリップが水をしっかりつかみ、その水を逃がすのがへたくそなので速く巻きすぎるとバランスを崩してグルグル回ってしまうが特にレンジキープ力が強く、足下近くまでしっかり潜り中低速で巻くと左右に大きくチドりまくるとのこと。

がっつりと水を掴みそうなスクエアリップだ。全体のサイズ感は意外と小振りだ。

 決して広範囲を素早く釣っていくルアーではないようだが、自分的にはダムで狭いストライクゾーンをゆっくり引け、かつしっかりとレンジキープしてくれるものが欲しいのでピッタリかなと。

タングステンボールを2個配置しているが、ラトル音が高音になりすぎないようラトルルームの両サイドにラバーを装着して低めの音になるよう設計しているらしい

 中層をリアクションで狙っていくにはかなり期待しているが、根掛かり回避能力と引き重り感がどれくらいなのかは気になるところではある。


↑こちらからお願い致します!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激安!!メタルバイブレーション

2015年12月13日 07時37分33秒 | ルアー
 今時期に主役級の活躍をしてくれるメタルバイブレーション。しかしロスト率が高いのが玉に傷。そこで根掛かりしそうなところで、根掛かり上等!な特攻隊員を購入してみた(笑)

 通販で送料込み666円の激安メタルバイブレーションを購入してみました。って、これ4個セットの価格なんで1個166円!普通のやつ1個買うよりも安いですwww
 
とにかく安い!塗装も全然十分なレベル。これならビビらずに使うことができるwww

 まぁフックはナマクラなフェザー付きのトレブルフックが付いているので当然まともなダブルフックに交換し、バカでかいスナップ付きスイベルも外します。

フェザーフックは魅力だが本体のフックのクオリティーが・・・。余裕ができたら自分でフェザーも巻きたい。

 肝心のアクションは!?・・・早速風呂場でスイムテストすると何と!!期待を裏切らないショボショボ具合です!(爆)

 まずは真っ直ぐ泳がない(笑)たまに調子いいと正しい姿勢で泳ぎますが、おおかたボディーを斜めに傾けながら泳いでます。まぁ、あえて弱った小魚をイミテートしてるのかもしれませんがwww

 そして立ち上がりが若干遅い。わずかとは言えバイブレーションするまでに多少のタイムラグがある。投げて巻いてくる釣りには問題なさそうですが、リフト&フォールの釣りではデメリットになります。

 ただきちんと真っ直ぐ泳いだときのアクションはなかなかナチュラルで釣れそうな動きなので、ただ巻きで使うソルトの釣りでは意外と釣れそうです。

 ともあれもちろん基本的な作りや構造、機能は価格なりではありますが、釣りは実際に釣り場で使ってみないとわからない。ある意味楽しみが出来ました( ^ω^ )

もし釣れちゃったらリピ買いだ!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加