東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

LOWRANCE ELITE-7 Ti 用 RAMボールマウント 『RAM-202U-LO11』

2017年01月10日 10時09分22秒 | ボート
 一昨日よりインフルにやられ、38.5度の高熱と節々の痛み、喉と鼻の症状で最悪なtactbassです。普段35度台しか体温ないのでマジ辛いっす・・・

 さて、魚探本体を船等に固定するのに、いろいろな場所に取り付けられ、好きなアングルで画面を見られる便利なものがRAMマウントです。実際に今も使用し活躍してくれています。で、この度魚探を新たにローランス エリート7 Tiに買い換えたわけですが、よりスマートに固定するためにRAMマウントのアタッチメントを購入してみました。

 エリート7 Tiは他の小さな魚探同様クイックリリース仕様のマウントになっていますが、RAMマウントではこのクイックリリースの穴に合うような『RAM-202U-LO11』というボールマウントが販売されているのでそれを使ってみることにしました。


ちょっとお高いRAMマウントですが、いろいろなパーツを組み合わせていろいろな場面で使用できるのでやっぱり便利です!

 もちろん一番上のアタッチメント以外のポールと下のボールマウントはそのまま活かせるので今回はクイックリリースマウント用のボールマウントだけを購入しました。これによりいろいろなアングルで使え、高さも増すので操作もしやすくなり、ポインターとフロートボートの行き来もしやすくなります。

 
『RAM-202U-LO11』を使用することでかなりスマートに取り付けられます。

 あとは問題なのはこのクイックリリース仕様の強度ですね。穏やかな時ならともかくバンバン跳ねまくるような状況の時に問題なく使えるのか!?これは暫く使ってみて様子を見てみようと思います。


写真は5”のものですが、こんな1点のみで支えている構造で果たして7”を支えられるのか!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LOWRANCE ELITE-7 Ti ローランスエリート-7 Ti トータルスキャンモデル

2017年01月08日 10時27分44秒 | ボート
 はい、というわけでずっと最近の高性能魚探には興味ないフリをしていましたが、一気に購入意欲が沸き、LOWRANCE ELITE-7 Ti ローランスエリート-7 Ti トータルスキャンモデルという魚探を速効で購入してしまいました(;^_^A実に10何年振りかの魚探の入れ換えとなります。おそらくこれが生涯におけるラスト魚探となるでしょう。


ついに憧れの高性能魚探の購入に踏み切りました!

 で、なぜこのローランスエリート-7 Ti トータルスキャンモデルに決めたのかというと…実は自身でもこの魚探で何ができるのかよくわかっていません!( *´艸`)まぁ大まかに言うと

・チャープ式カラー魚探で映像がとっても綺麗に映る!
・GPS内蔵なので湖上で迷子にならない!
・自分の足元の映像がまるで水中写真のようにくっきりと映る!
・自分の両サイド数十mが一気にサーチできる!
・タッチパネル式なので操作が簡単!
・Wi-Fiでスマホやタブレットと接続して画面が見られる&操作できる!
・ソフトを使いオリジナルの湖沼図の製作ができる!


サイドイメージ。この機能があれば今までとは比較にならない魚探掛けの効率UPが図れます!

 等々、価格の割りにいろいろな最先端機能がついており、神魚探との声も多いです。不安な点としてはとにかくトラブル系ですね。結構本体の故障の記事をよく見ます。しかもそれが基盤が焦げたりとか腐蝕したりとか日本製のものではあまりないレベルのものです。

 パーツも糞高い( ̄□||||!!トランデューサーが逝ってしまったら5.6万とかもう買い換えられないレベルの高さです( ̄0 ̄;)そんなこともあり安い平行輸入品ではなく、高いけど多少は保証の恩恵が受けられる正規輸入品を買った次第であります。

 あとは当然こんな高機能な魚探を使いこなせるの!?ってこと。ってか絶対に無理!!自信があります(笑)これを買ったからって釣果UPに繋がるとは1mmも思ってませんwwただ釣りが今まで以上に楽しくなるのは間違いないです!というだけのものですね。 とにかく使用がとても楽しみなとっても高すぎるオモチャです(^.^)


まるで水中写真のようなダウンイメージ。これなら映像に映ったものが何であるかのイメージがつきやすいですね!

 で、まだ注文しただけで手元にはございません。早く納品してもらって艤装したいんですが、いつになったら送られてくるんだかはっきりしません・・・。ネットでの表記にミスがあったりと、いまいち対応に不満の残る○'sさん、頼みますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚探て・・・

2016年12月25日 22時14分10秒 | ボート
 マイボートにしろレンタルボートにしろ、ボートでバス釣りをするにあたって真っ先に欲しくなるのが船を操作するエレキでしょう。で、次に欲しくなるのが魚探という方が多いと思います。かく言う自分もエレキを購入後すぐにホンデックスのHE-460ProⅡという縦長の小さな魚探を手に入れました。まぁ、使い方もよくわからず、画面も小さく雑だったためにほとんど釣果には影響ありませんでしたが。

 
まぁ、オモチャみたいなもんで、何が映っているのかほとんど理解できませんでしたww

 それからしばらくして、未だに使っている人もいると思われる超ベストセラーの名機、HE-5700T.Namikiモデルを手に入れました。これは2周波を一画面上で使うという当時としては画期的な魚探でしたが、当然これも使いこなせずでした(笑)


これは画期的魚探で、相当数売れました。てか自分も釣具屋時代によく販売しました(笑)

 次は8階調という当時としてはめちゃめちゃ画像の綺麗だったHE-5620というものを購入しました。これはとても底の様子が分かりやすく、特別な機能は付いていませんがやはりシンプルで使いやすかったので現在までずっと使い続けています。まぁそれでもフル活用しているかというとそんなこともなく、これのおかげで釣れたという魚もそれ程多くなく、唯一大活躍したなと思えたのは海でゴムボートで釣りをした時、アジとカマスの群れをこれで追いかけて、超爆釣したことくらいでしょう。(笑)

 
これがでた当初は記録式魚探に匹敵するんじゃないの!?と思える程の画像の奇麗さに驚愕した(^^)

 でも魚探て、持っていない人から見たらあんなのあったら釣れて当たり前じゃん!て思う方が多いと思いますが、実際には魚探を駆使して魚を釣っている人って極僅かの人で、本当に釣りのうまい人達だけが活用していると思われます。もちろん自分もほとんど水深計、水温計として使っている位で、魚探によって釣果UP!てことはほとんどないです。そのくせ釣り場に持っていくのを忘れたり、不具合で使えなかったりすると、やたら不安になるし、今日は魚探がなかったからこれしか釣れなかったとか言い訳したりします(笑)

 で、最近の魚探はというと、訳が分からないくらいに高機能です。魚探としての機能はもちろん、GPS付きは当たり前、まるで写真のようにストラクチャーの形を映し出せたり、自分の左右数十mを一気にサーチできたり、それらをパソコンと繋げてオリジナルの湖沼図を作り上げることができたりと、まさに話だけ聞いているとまさにもう釣れたも同然な気にさせられます(笑)もちろんそんなこともなく、使いこなすのは至難の技だと思いますが。

 それでも今まで高機能魚探は見て見ぬ振りをして物欲がわかないようにしていましたが、ちょっとしたきっかけでちょっと、いやかなり欲しくなってしまいましたf(^ー^;機能と価格が合ってきたこともあるし、今使ってる魚探がちょっと具合が悪くなってきたのもあります(^ー^;A

 というわけで今いろいろ情報収集中で教えてもらっている最中ですが、もう買うならこれだなというのは決まっていて、セッティングなんかもだいぶイメージは固まってはいるのですが、そこはほら、おいそれと買えるようなものではないのでいろいろと調整中だったりするわけですww


ずっと活躍してきたHE-5620ですが、ついに世代交代となるのか!?ww


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAM 1” ボール ロランス用マウント架台(軽量コンポジット製)
価格:4200円(税込、送料別) (2016/12/26時点)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリーターミナルにカプラー付けた

2016年09月30日 12時59分23秒 | ボート
 先日購入していろんな用途で活躍している小型バッテリーですが、ターミナルの形状がいまいちなので簡単に機器と接続できるように脱着可能なカプラーを取り付けてみました。
 
使い勝手のいいバッテリーですが、このターミナルだとワニグリップで固定しないといけないのでちょっと手を入れました。

 バッテリー側の端子が平型端子で固定するタイプだったので平型端子のメスで固定し、その先にエーモンの【1198】カプラー2極(ロック付・110型)を取り付けました。
 
同時に二つの機器を接続できるように2セット準備しました。
 
 これで使用中に外れる心配がだいぶなくなったのと、ワニグリップよりは接点が多く効率が少しは良さそうです。エレキ用の大容量に対応したカプラーも余ってるので、エレキもカプラー方式にすれば蝶ねじで固定するよりも早くセッティングできるので考えようかな~。

まずは魚探の電源を加工しました。今まではワニグリップで接続していましたが、ちょっと引っ張ると外れることが多かったのでこれで安心です。


↓こちらからどうぞ!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

WP12-12 UPS、防災・防犯システム等多目的バッテリー【12V 12Ah】価格:2900円(税込、送料別) (2016/9/12時点)



<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=tactbass-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B001VNW3NW&linkId=aea41670d39c5a84b9f79680021270ee"></iframe>

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

エーモン 1198 カプラー2極(ロック付・110型)価格:108円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワードーム折れた・・・

2016年09月06日 00時45分47秒 | ボート
 一応全てのエレキに付けているパワードームですが、よくぶつけたりして曲がってしまうことが多いです。それを直すために何度も曲げ伸ばしをしていると金属疲労で折れてしまうことがあります。ってか折れますたww

もうぐちょぐちょ状態のパワードーム。さすがに金属疲労です( ̄▽ ̄;)

 まぁ使えないことはないし、買い直すのももったいないので折れた部分をディスクグラインダーで削って、穴を開けて直しました。

アルミなんで簡単に加工できます

 形状はデコボコですが、機能的には問題なく使えるでしょう!

まだまだ活躍してもらいますww



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旗型ファストン端子(L)

2016年09月04日 00時30分55秒 | ボート
 いわゆる平型端子ですが、普通のストレートの平型端子だとスペースをとってしまうところをこの旗型ファストン端子なら高さが抑えられる分狭い箇所でも使用することができます。

あまりこの形状の端子は売ってません。エレキメーカーのものは太いケーブルは使えないし・・・

 そしてモーターガイド、ミンコタエレキ共にこのパーツが使われている箇所があります。しかしながら結構調べたのですがこれを扱っているところがほとんどない!

 細い線用のものは少ないながらもあるのですが、エレキの配線に使いたい8スケ以上のものはありませんでした。

かなり特殊な工具じゃないと圧着できないので、加工はペンチでやるしかないのが玉に傷です

 結局ボート屋さんで販売しているものを購入したのですが5個で400円と高い!けどこれしかないので仕方ないですね。

ほとんどやったことがないので、異常に汚いハンダ付けですが大丈夫でしょうか・・・(;^_^A
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレキ用配線コネクター

2016年09月03日 00時07分18秒 | ボート
 エレキに使われている配線の多くが5.5スケ以上で、最近は8スケや14スケを使っている方も多いでしょう。かくいう自分も8スケを使うことが多いです。

 しかし市場ではあまり一般的な太さのケーブルではないのか、それに使える端子類が本当に少なく手に入れづらいし、しかも高い!

 8スケ以上の端子を買うのにわざわざネットで送料や振り込み手数料を支払ってまで手に入れるのは本当にアホくさいが仕方ないんでしょうかねぇ~(-_-;)

 そんなわけでエレキの加工をするにあたり8スケ用の脱着できるカプラーと平型端子が必要になったのでやむなく入手しました。
 
まぁ形状的にはよく見る感じのやつですが、さすがに端子もカプラーもデカイ!

 このカプラーがあれば配線がワンタッチで脱着できるので複数のマイボートや、レンタルボートで使い回せたり、セッティングやメンテの時なども楽な場面はあるでしょう。

 もちろんノブボルトなどを使い同じようなこともできますが、今回の購入目的がいろんな配線一式をエレキのヘッド内に収めなければならずスペース的にカプラーじゃないとダメだったからです。脱着も何度もする必要もありますので。

確かにこれなら大きな電流で使っても大丈夫そうです

 まぁ確かに高くつきましたがこれがないと今回施したエレキの加工が頓挫してしまうのでやむを得ませんねぇ~(-_-;)

このコネクターが2セットハンドコンのヘッド部に収められました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンドエレキのコントロールシステム

2016年09月02日 00時03分28秒 | ボート
 さて、だいぶ前にハンドエレキ用のリモコンを作成したことを書きましたが、実は既に完成していて実戦投入もしていました。なかなかパーツが届かなかったのと、深夜家族や犬が寝静まってからの作業となるためなかなか進行しませんでしたが、その分見た目も機能もなかなかよくできたと自画自賛しておきます(笑)

 まず特徴は、ON/OFFはもちろんつまみをひねるだけでスピードが無段階で調整できるリモコン部。逆にひねればバックも無段階で調整できます。そしてプラグ部分で本体と脱着できるため、リモコンを使わないときは本体から外しておくこともできます。
 
ビジュアル重視ということでこんな手の込んだものを作ってみました(笑)

 あとは使用目的に合わせてリモコン操作と、ハンドルで直接操作するのを切り替えることができるようにしました。これによりフットエレキ併用の2機掛け仕様と、ワカサギ釣りなどでハンドコンのみを使用する際に使い分けられて便利です。

とにかく電気系が全く意味不明な自分は相当苦労しましたが、何とかうまいこといきました!

 本体側はヘッド内にいろいろなものを収めました。焼き付き防止のためのサーキットブレーカー、スイッチシステムを使うためのリレー、リモコン操作とハンドルで直接操作するのを切り替えるためのカプラーなどです。

おかげで内部は酷い有様です(笑)トラブルシューティングも大変そうです

 まぁ使用頻度は決して高くないエレキですが、どうせやるならとかなり満足度の高いエレキに仕上げました。実戦で試してみた結果・・・かなりいいです!やはり走行中もスピードを変えられることはとても便利で、ちょっとした移動の時や、長時間連続走行したら弱いパワーで使うなど、常に全開走行にはない安心感があります。

 また、必要ないと思っていたバックですがこれもかなり便利です。離着岸時や根掛かりや岸のブッシュにルアーが絡まったときに岸ベッタリに船を寄せた際にフットコンのペラが岸に当たって回せない時がよくありますが、このリモコンがあればルアーを外したらハンドコンのバックスイッチを入れればスムーズに脱出できます!

 スピードも前後とも全開で164lbと十分なパワーなので、実際には焼き付き防止やバッテリー温存のために8割位のパワーで使うことが多いです。全開にすると一気にリスクが増え、効率が悪くなりますからね。短所としてはちょっとリモコンのケーブルが邪魔なことですね。メカマニアならワイヤレスで作ることもできるんでしょうか!?(笑)あとは調子に乗って回しすぎて焼き付かないように注意ですね(^^;)





こんな感じで使えます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度 悪夢再来!?ボートトレーラー車検

2016年04月13日 19時58分05秒 | ボート
 いやはや本当に1年が過ぎるのが早いこと!こないだトレーラーの車検が終わったと思ったらもうまた車検かよ!年をとる毎に時の流れが早くなるのは本当ですね。というわけで毎年恒例のボートトレーラー車検。去年は準備不足により大失敗をしたので今年はまた気を引き締めて臨むようにしました。

 がっ、車検当日は最近のルーティーンのナイトナマズ釣行で家に帰ってきたのが朝の6時半(汗)仮眠してから整備をしようとしていたら爆睡して起きたのが11時過ぎ!検査まで時間がないので慌てて整備すると、なんと去年交換したライセンス灯がまた切れてるし!(怒)3つあるLEDのうち1つが不灯になっていました。

 こんな時のために消耗品関係は全て予備を持っているので急いで交換しますが、何カ所か外さなきゃならない場所もあり意外と時間を食ってしまい去年の悪夢の再来かと焦ってしまいました。

 でもそれ以外は大丈夫そうだったので急いで陸運局に行き書類を書いていざ検査!今回は特別指摘されることもなく無事終了((´∀`))これにて今年もボートトレーラーが使えます。というわけで最近ナマズのことで頭がいっぱいですが、そろそろ急いでバスタックルの準備もしなきゃですね!


検査自体は何てことないし、検査のレーンもトレーラーはいつも空いてるラインで検査なのであっという間に終了です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEADOG 50Aサーキットブレーカースイッチ

2016年03月27日 17時49分46秒 | ボート
 ハイパワーエレキには必需品なサーキットブレーカー。これがないと怖くて連続走行できません。

 なので全てのエレキに取り付けていますが、だいぶ前に自分のミスでショートさせてしまい燃やしてしまいました・・・。

 そこでちょうどいい機会があったのでついでに購入しました。このSEADOG 50Aサーキットブレーカースイッチは今までにも使ったことがあり、価格が一番安くても基本性能はちゃんと備えているので今回もこれにしました。
 
意外とサーキットブレーカー使ってない人が多いですよね。ってかあまりお店でも売ってないし・・・

 ただこいつは端子が剥き出しになっているのできちんとショート対策して、しっかりと固定してあげなきゃですね。

端子のネジも長かったのでグラインダーでカットしました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加