東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

2016年度 悪夢再来!?ボートトレーラー車検

2016年04月13日 19時58分05秒 | ボート
 いやはや本当に1年が過ぎるのが早いこと!こないだトレーラーの車検が終わったと思ったらもうまた車検かよ!年をとる毎に時の流れが早くなるのは本当ですね。というわけで毎年恒例のボートトレーラー車検。去年は準備不足により大失敗をしたので今年はまた気を引き締めて臨むようにしました。

 がっ、車検当日は最近のルーティーンのナイトナマズ釣行で家に帰ってきたのが朝の6時半(汗)仮眠してから整備をしようとしていたら爆睡して起きたのが11時過ぎ!検査まで時間がないので慌てて整備すると、なんと去年交換したライセンス灯がまた切れてるし!(怒)3つあるLEDのうち1つが不灯になっていました。

 こんな時のために消耗品関係は全て予備を持っているので急いで交換しますが、何カ所か外さなきゃならない場所もあり意外と時間を食ってしまい去年の悪夢の再来かと焦ってしまいました。

 でもそれ以外は大丈夫そうだったので急いで陸運局に行き書類を書いていざ検査!今回は特別指摘されることもなく無事終了((´∀`))これにて今年もボートトレーラーが使えます。というわけで最近ナマズのことで頭がいっぱいですが、そろそろ急いでバスタックルの準備もしなきゃですね!


検査自体は何てことないし、検査のレーンもトレーラーはいつも空いてるラインで検査なのであっという間に終了です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEADOG 50Aサーキットブレーカースイッチ

2016年03月27日 17時49分46秒 | ボート
 ハイパワーエレキには必需品なサーキットブレーカー。これがないと怖くて連続走行できません。

 なので全てのエレキに取り付けていますが、だいぶ前に自分のミスでショートさせてしまい燃やしてしまいました・・・。

 そこでちょうどいい機会があったのでついでに購入しました。このSEADOG 50Aサーキットブレーカースイッチは今までにも使ったことがあり、価格が一番安くても基本性能はちゃんと備えているので今回もこれにしました。
 
意外とサーキットブレーカー使ってない人が多いですよね。ってかあまりお店でも売ってないし・・・

 ただこいつは端子が剥き出しになっているのできちんとショート対策して、しっかりと固定してあげなきゃですね。

端子のネジも長かったのでグラインダーでカットしました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度 船検実施

2016年03月07日 18時50分14秒 | ボート
 3年振りの船検です。今回は定期検査なので費用も結構掛かりますが仕方ありませんね・・・。今回もJCIの方に家のそばの公園まで出張してもらい検査をしてもらいました。

 現場までの移動時間往復で40分、検査時間4分で終了!(笑)今回は特に指摘されることもなく無事終了しました。これから3年間はまた安心して使用できます。
 
最悪の雨。釣りに行ったわけではないのにデッキがびしょ濡れ・・・。後日乾燥させなきゃだな( ノД`)シクシク…

 
近年はフロートボートでの釣りが多かったが、今年はポインターに活躍してもらいます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポインター センターデッキ張替え

2016年03月06日 18時58分05秒 | ボート
 完全に腐蝕してしまったポインターのセンターデッキ。シーズン前に直しておかないと、底が抜けて同乗者や自分がずっぽり落ちる可能性が大です。というか船検すら通らないかもです…。

見た目ではわかりませんが、触るともう板がフワフワでポロポロと崩れます(;^_^A

 そんなわけでデッキの張り替えです。今回も前回同様軽い15mmのランバーコアで作製しますが、とにかくデッキ面が広いポインターでは脆くて弱いランバーコアはたわまないか少し不安でもあります。

 デッキ作製は以前の船でもこのポインターでも自分でやっているのですが、いかんせんだいぶ前のことなのですっかり手順を忘れてしまっていて手際よく作業が進みません・・・
 

まずは採寸してデッキを切り出します。その時にカーペットの厚み分小さくカットします。

 
今までは結構大きなハッチにしていましたが、今回はライブウェルの蓋が開閉できるだけの大きさにしました。

 
裏面は手抜きでショボいです(笑)


結構ハッチ作製で手こずりました・・・ライブウェルなんてほとんど使わないのに(^^;)


今回作ったデッキと他のデッキの色が全然違いますねwwデッキとハッチも別のカーペットで作ったので色が違うしwwでも釣果には関係ないので気にしません!( ´艸`)


デッキを持ち上げるための取っ手やかんぬきを付けてっと

 ギャーッ!!ここにきてまさかの大事件発生!!雪が降った翌日だったので狭い船上で作業をしていたのですが、なんとボンドをこぼしてしまうという取り返しのつかない粗相をしてしまいますた・・・。今までの苦労が・・・なんかもうどうでもよくなってきたぞ!(笑)
 
写真だとあまり目立たないが実際はかなり目立ちます。手触りもゴムっぽいし( ノД`)シクシク…

 
まぁ、大失敗はあったがとりあえず完成。本当は全部張り替えたいところだけど、今回はセンターデッキだけの作業としました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポインター船検準備

2016年03月03日 22時29分05秒 | ボート
 今年は3年に1度やってくる船検の年です。主な修復箇所は船体の傷埋めとデッキの作り直しです。ポインターも購入してから12年経つのでさすがにデッキはボロボロです。

 船検とは関係なくてもやらねばならない修復箇所が山積みなのでなんとかシーズン前に使えるようにしなきゃです。特に今年はポインターの稼働率を上げていくつもりなのできっちりと手を加えていきます。

最近は船の補修ばかりでタックルなんて全く触れず・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンドエレキのリモコン作製

2016年03月02日 16時12分59秒 | ボート
 先日理想のハンドコンについて書きましたが、とりあえずリモコンのコントローラー部が完成しました。とは言え本当に自分の思ったとおりに作動してくれるのかはかなり不安です・・・。
 
見かけはなんかそれっぽく仕上がってますがww

 工夫した点は、まずコントローラー上部にハンガーをつけました。これによりいつでも手の届くサドルシート下に引っ掛けておくことができ、ストレスなくリアのハンドコンの操作がフロントにいながらして行えます。

必要なパーツさえわかればあとは簡単にできる!と思っていたが想像以上に電気の基本がわかっていなかった・・・

 そして今回の目玉!?無段階でスピード調整ができるボリュームつまみ。これにより徐々にスピードを上げていけばエレキ走行でありがちな、スタート時の全開スロットルによる危険回避ができます。

見た目重視でメタルのつまみにした。無駄にカッコええ!(笑)

 もちろん必要以上にパワーを上げっぱなしではないのでバッテリーやエレキ本体にも優しいです。そしてなんとツマミを逆に捻ればペラが逆回転してバックもできるという優れもの!まぁ、ほとんど使うことはないと思いますが(笑)

 そしてメインのオン/オフスイッチ。このトグルスイッチの切り替えでペラの回転を操作できます。もちろん24V・80A仕様のリレーをセットしてあるので効率よく、安心して使用することができます。

一応防水カバー被せました

 ってまだこれだけしかできていないので、今後じっくり本体の方にも手を加えていきます!

問題はエレキ本体側の改造。かなり慎重にいろいろと調べながらの作業が続く。ってか特殊なパーツが在庫切れでないとか・・・果たして完成はいつに!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分にとっての理想の2機掛け用ハンドエレキを目指して!

2016年02月29日 18時07分05秒 | ボート
 正直今自分の行くフィールドで、エレキの2機掛けが必須だな、と思えるフィールドはほとんどありません。確かに比べてしまえば1機よりは2機の方が早いのは当たり前ですが、荷物の運搬、セッティングの手間、それに対する効果を考えればぶっちゃけフロントに82lbのフットコンがあれば必要十分と思えるからです。でもせっかくハンドコンの82lbもあるのに活用しないのもなんか寂しい・・・というわけで今年はエレキのシステムを見直すことにしました。

まぁ必要ないっちゃないのですが、今期はちょっとハンドコンにも活躍してもらう予定です

 以前も書いたようにハンドコン用のリモコンを作成することにしましたが、まずは目指すところが何点かありました。もちろん一番最重要視したのはトラブルがないこと。そのため以前は自分も使っていた市販のフットスイッチ等を使用するような容量の低いものではなく、リレーを用いてハイパワーなエレキでも使用できること。

 そしてスピードコントロールができること。普通2機掛けと言えばハンドコンの方は向きを固定し、スロットルも全開に固定してON/OFFするのが一般的でしょう。しかし82lb×2機のパワーは相当なもの。特にスタートの時はスローからスタートして徐々にスピードアップしていけば少しでもリスクを減らすことができます。
 
 さらに自分にとっての2機掛けとはなにも一分一秒速く走るためではなく、一機で全開走行すると配線焼けなどのトラブルやバッテリーの消耗が激しくなるところを、スロットルを絞った2機で余裕をもって走ることにより上述したリスクを避けるのが主な理由なので、やはりスピードコントローラーは必須の条件なのです。

 そして最後はリモコンでも、直接ハンドルでも操作がてきることです。普通チューニングショップで作ってもらうものだとリモコン仕様にすると、通常のようにハンドルでの操作ができなくなると思います(詳しい仕様はわかりませんが)。それでももしバス釣りだけに使うのなら何の問題もありませんが、マイボートではなくレンタルボートでのワカサギ釣りに使う場合にはやはりハンドルでダイレクトに操作した方が扱いやすいので、その事もやはり譲れない点でした。

 そんなことを思いつつ、着々といろいろな試行錯誤が始まりました。

 続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船体識別番号の再打刻

2016年02月27日 18時13分28秒 | ボート
 船にはその船を特定する船体識別番号というものが付けられていますが、フォーカスポインターのそれはショボイシールが簡易的に貼られているだけで、こりゃいつか剥がれるだろうなとは思っていましたが案の定いつの間にかなくなっていました…。

 とは言えこんなのすぐに再発行して貰えるだろうと軽く考えていましたが、どえらい手間と費用がかかってしまいました┐('~`;)┌とにかく面倒な手続きの連続でした。

 まずは運輸局にその旨を伝え、メールにて申請書のファイルを送ってもらいました。しかしその申請書を書くにも分からない点が…。一応書き方の例も送ってもらったのですがそれでも言っている意味がよくわかりません…。

 結局電話にて書き方の確認をしたのですが、厄介なのがこのただシールを貼るという作業が自分ではやってはいけないということ。なんでも造船してる業者などにシールを張り付けてもらい、その証拠も再度運輸局に送らないといけないのだ。

 ってか再打刻しますよなんて業者ももちろん知らないし、いくらネットで調べても全然具体的なやり方がヒットしないので厄介です。販売店は自分がいたお店だけど倒産してるし、製造メーカーも倒産してるし・・・汗

 そこで再度運輸局に連絡して相談です。業者が決まり、申請書を提出してそれが認められると『塗抹許可証』と『打刻命令書』が送られてきます。

 今度は上記の書類を一般社団法人 日本マリン事業協会というところに出し、船体識別番号シールの販売をしてもらうために申請書を出すわけですが、実際にシールを作っているのは 倉本産業という別の会社なのでそちらともやり取りをしないといけません・・・。

 シール1枚もらうのにあちこちとやり取りをしなければならず手間がかかり面倒だし時間も掛かります(汗)そんなこともありだいぶ時間は掛かりましたがようやく船体識別番号シールが手元に届きました。

 でもまだこれで終わりではありません。上述したように造船所などでシールを張り付けてもらい、その証拠として事業者の印鑑をもらい、修復した船体識別番号の写真を撮り、運輸局に完了報告書送らないといけません。

船外のシールは、絶対に脱落しないようにボンド&ボルト留したプレートの上に貼り、保護シールまで貼る念の入れよう(笑)

 シールの費用も高っ!な金額だし、面倒だし、もうやりたくないですね。船体識別番号は大切に扱いましょう!(笑)

船内もばっちり!これで安心して船検に臨めます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船にボールバルブ取り付け

2016年02月26日 20時16分17秒 | ボート
 前回の船検で指摘を受けたことのひとつに、ライブウェルやビルジポンプの排水の穴に蓋を付けるか、バルブを付けて船内に水が入らないようにすることがありました。

 そこで船検を前にバルブを取り付けることにしました。もちろん船用品として売られてもいますがやはりそれは高い・・・。というわけで少し加工は必要ですが少しでも安く仕上げました。

 一般に売られている(とはいえなかなかホムセン等では見かけませんが)塩ビパイプ用のボールバルブをネットで安く購入。数百円ですが船用の物だと数千円はします(;´・ω・)

機能的にはこれで十分!

 ただ当然塩ビパイプ用なので現在船に付いているホースとは径が合わないので帳尻合わせのために塩ビパイプを差込み、さらにゴム状のシリコンを塗って太さを増して無理やりボールバルブを組み込みました。

ほとんど使っていないけど、自作の内部・外部循環式のライブウェルの排水に

 結果排水できるパイプの太さは細くなってしまい多少不安は残りますが、とりあえずはこれで様子見をしたいと思います。

一応ビルジポンプの排水にも付けました

↓こちらからどうぞ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレキパーツ到着

2016年02月24日 23時30分38秒 | ボート
 紛失してしまいずっと使うことができなかったMGのハンドコンのパーツが本日届きました。しかし事前に在庫の確認をしていた段階でわかっていたことですが、1つの部品がすでに廃盤になっており入手できませんでした。当然そのパーツがないと機能しないので代替えをホームセンターで探してこないといけません。まぁ何とでもなりそうなパーツなので問題ないですが。
 
この小さなEリングが使用中に飛んだがためにこの周辺のパーツがもろもろ水中に落下してしまい、モーターの角度調整ができなくなってしまっていました( ノД`)シクシク…

 しかしそれにしてもパーツ代高いですね(;゜Д゜)普通にホームセンターで買えば数百円で上がりそうなものですが、小さなパーツ5点で2千数百円もしてしまいました。これからはなるべく他で代用の効くものはそちらで賄わないといけませんな!
 
しめて2千数百円なり(-_-;)こんな普通のワッシャー、ホムセンで買えば1個数円のものが108円て・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加