東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

ランディングシャフトの修復

2016年12月08日 22時46分48秒 | その他タックル
 ちょっと前になりますが、バス釣りをしていてルアーが根掛かってしまったので『cblm-s』を使って外していると、メジャークラフトのLS-600が折れてしまいました(゚Д゚;)それにしてもこのシャフト、トラブル多すぎ・・・ほとんど使ったことない割にもう3回も折れたり壊れたりしています。高いくせに!(怒)


軽くて振り出しもスムーズでなかなかいいメジャークラフトのシャフトですが、いかんせん折れやすい・・・

 というわけで直せば3240円掛かるので、もう折れた部分のパーツを購入することはやめました。ただやっぱり6mという長いシャフトはあれば便利で、全く使えないのもなんなので自分で適当に直すことにしました。


上が#1、下が折れてしまった#2

 ランディングシャフトは先に行くにしたがって先が細くなるテーパー形状をしているので、折れた部分を綺麗に整形し、そのシャフトに繋がる細いシャフトがすっぽ抜けないようにビニールテープを巻いて少し太くしてやりました。若干短くはなりましたが、ガタつきもほとんどなくすっぽ抜けもしなそうです。いつまた壊れてもおかしくないものなので、もうこれで十分です♪

 
ただテープを巻いただけですが、使用には何ら問題なさそうです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーシャングリップ OG2100の延長

2016年12月07日 21時44分54秒 | その他タックル
 お気に入りで使っているスタジオオーシャンマークのオーシャングリップOG2100ですが、ひとつ不満な点があります。それは魚を掴んでから写真を撮るために持ち上げたり、リリースするべく水際まで運ぶ時やリリースする時に誤ってレバーを引いてしまいそうになることです。

 軽さや携帯性を重視したそのデザインはとても優れていてOG2100の最大の特徴でもあるのですが、やっぱりもう少ししっかりとグリップできた方がいいかなとは思っていました。そしたらOG2100用にグリップを延長する『ハンドルアシストHA80AL』なるパーツがオプションで販売されていることを知りました。

 スペックを見る限りそれ程邪魔にはならなそうだし、重さも17gなので気にならないレベルに思えました。レビューを見ても高評価なものが多かったのでポチろうとしたら…価格が3240円と高いので問答無用で断念しますた(-_-;)

 そこでなんか代わりになるものはないかとゴソゴソやっているとカラビナが出てきました。う~ん、取り敢えずこいつでも挟んどくか!?と挟んだら意外としっくりくる(笑)欲を言えばもう少しカラビナがデカイ方がいいんですがそうすると線径も太くなり挟み込めなくなってしまうので今のところはこれで我慢です。


手持ちのカラビナの線径がグリップの幅にピッタリと合ったので、カラビナは固定されて動きません!

 もし線径が細くて形がもっと良好なものがあればそれと入れ換えましょう。まぁでもこれでもノーマルのものよりはしっかり握れるようになったし安心感もでました。そしてちょうどワンタッチでセーフティーコードから外せるようにしたいと思っていたので一石二鳥であります(^o^ゞでもいつの日かモノホンのハンドルアシストに入れ替わっていることがあれば、泡銭を手に入れたか、よっぽど物欲に負けたと思って下さい(笑)


グリップ感は今ひとつですが、トリガーはだいぶ引きやすくなりました♪


↓こちらからどうぞ!










 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 ナマズ第55戦 あと1本・・・

2016年12月06日 22時24分46秒 | ナマズ
近くの川 2016年12月6日(月) 0:00~03:30

天気:晴れ 気温:11℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:減水 水色:ステイン~濁り

 ど~しても12月ナマズを釣ってみたい!というわけで虎視眈々とチャンスをうかがっていました(笑)そして今日、なんだか気温がやたら高いな♪2日前には雨も降ったしこりゃ今日しかないでしょ!というわけで深夜ですが行ってみました。昼間も異常に暖かかったですが、夜になっても全然寒くありません。こりゃ釣れちゃうかな?ww

 ・・・・・。はい、いつものように気がしただけですた・・・。期待のメインスポットはノーバイト。続いて流れ込みですが、ここは最近ちょっとだけ調子いい感じです。流れ込みではなくその下流のピンスポットのバンクが高確率で当たります。というわけで今回も集中して50㎝程のピンをプップで首ふりをさせていると『ボフッ!!』渋い音ながら良さげな感じの捕食音です!

 そのままちょっときいてみると、乗ってる!!力いっぱい合わせるとフッキングも成功です!キャストで跨いだブッシュもうまくかわし、足元まで寄せたそいつはコンディションのいいロクマルです!そのまま抜くか、せっかくなんでヌル付けをするべくネットですくうかちょっと悩んでいると、そいつはローリングをはじめプンッとルアーを外し川へと帰っていってしまいました・・・。

 くぅ~っ!貴重な1本を今まであんまり体験したことのないバラシ方で逃がしてしまいました・・・今まではローリングされてもバレそうでバレなかったのに( ノД`)。掛かりどころが悪かったのか、フッキング力が弱かったのか、悔やまれる1本でした・・・

 でもやっぱり今日はいけると信じて複合ポイントに向うもノーバイト。それでも今日は絶対に釣れる日だと思うので最近では一番調子のいい、ちょっと遠いい(とは言え10分ちょいだけどww)ですが剣道場傍の川に移動します。こちらも釣れそうな雰囲気はビンビンにあるのですが完全ノーバイトでした。う~ん、これは居ても食わないのか?、どこかへ移動したのか?どっちなんでしょ?でももっと早い時間なら釣れると思うんだけどなぁ~(-_-;)

 で、今はとにかく12月のナマズを釣ってみたいです。今年あと1本でいいので釣りたいのです。もし釣れたら今年のナマズ釣りは終わりにしたいのですが、今日のようなビッグチャンスを逃しているようじゃ、今年はこれで打ち止めかなぁ~(;>_<;)


今年はまだ行けるのか!?

本日 ナマズ 0匹(1バラシ)  2016年度 累計84匹

 ・ナマゾンC66M/G + エランPG81L + PE5号
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プロックス タモホルダーV3 アジャスタブル

2016年12月05日 20時37分58秒 | その他タックル
 要はランディングシャフト等に取り付けて腰や背中等に引っ掛けられるようにできるパーツですが、実はこれを買ったのはだいぶ前。でも取り付けようと思ったシャフトにははじめからフックが付いていたので使う機会がなくずっと眠ったままになっていました。


見た目はカーボン調&アルマイト加工でカッチョええですwww

 で、今回新たに買ったシャフトにはフックがついていなかったので、久し振りにタモホルダーV3 アジャスタブルを引っ張り出してきたのでした。シャフト径も32mmだったので問題なくがっちりと取り付けできました。価格は高いと思いますがまぁ仕方ないですね。

 
接続部分がちょっとゴツイ気がしますが、その分しっかりと固定できています。

↓こちらからどうぞ!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベイシックジャパン ショートウェーブ 300

2016年12月04日 00時31分25秒 | その他タックル
 以前ナマズ用のランディングネットについて書きましたが、来季に向けてシャフトの準備をしました。今持っているシャフトは仕舞寸法が少し長いので、短くたためて全長も短いものを物色しました。あまり安い奴だと破損や重さ、使い勝手が気になるので、安いシャフトの中ではちょい高めな!?ベイシックジャパンのショートウェーブ 300というシャフトを選びました。


軽くて仕舞寸法が短いものを探していてこいつに出会いました。オカッパリでも邪魔になりにくそうなサイズです。ちなみに写真に写ってるタモホルダーは後付けしたもので付属してません

 これは全長3.0mで仕舞寸法が36cm、10本継で重さが295gというものです。まだ使っていないのでインプレはまた後日しますが、とりあえず試しで振り出してみた感じやっぱり今使っている何本かの高いシャフトと比べると伸びも収まりも悪いです。やっぱり価格相応といった感じですね。あと気になった点はねじのピッチが良くないのか締め込みが悪く、フレックスアームの取り付けがとても固くネジがナメそうです。


フレームよりも短いです!これなら腰にぶら下げても許せるサイズです。


↓こちらからどうぞ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明邦化学工業 セーフティカバー

2016年12月03日 00時04分14秒 | 便利グッズ
 トレブルフックに被せるカバー、昔からありますが自分はほとんど使ったことがありませんでした。確かにフックにカバーを被せるとタックルボックスの中でルアー同士が絡まりにくくなって取り出しやすくなり、使ってもいないルアーがいつの間にかフックで傷だらけになるのを防げたり、フック自体の鋭さも保つことができてかなりの優れものです。


便利なようでデメリットも多いフックカバーですが、用途によって使い分ければ快適に使えます。

 でも自分は一時期使ったこともありましたが、脱着の面倒臭さ、かさばってしまいボックスの収納数が減ってしまうことなどからすぐに使用を止めてしまいました。濡れてしまうと水分が抜けづらく錆びやすいのも嫌いな理由でした。


収納個数が減ってしまうのはちょっと残念ですが、1日に使うルアーなんてたかが知れてるし

 でも最近、用途によってですがまた使うようになりました。それは昔に比べハードルアーの使用頻度が減り、しかも気に入った数少ないルアーしかローテーションしなくなったので脱着の面倒臭さが軽減されたからです。

 さらに実際に使うルアーも多くはないのでボックスに入る数が減ったとしても、ルアーの取り出しやすさ、ルアーやフックの傷つきにくさを重視してカバーを付けるようになったのです。
 
サイズはS・M・Lの3サイズ。自分的にはMとLの中間のサイズもあったらいなぁ。

 特にナマズ釣りではオカッパリで結構歩くため、ボックスの中でかなりガチャガチャとルアーや針を傷つけてしまいます。ただでさえフッキング率の悪いナマズ釣りですから、少しでも針先を鋭い状態に保ちたいのでフックカバーはもはや自分にとって必須なアイテムとなっています。

 さらに使ったものは当然カバーを外すので、家で再びカバーを被せるときにフックチェックをできるメリットがあります。フックの消耗が激しいナマズ釣りですが、何を使ったか覚えていなくてもカバーがついていないやつだけチェックすればいいですからね。

 何社からフックカバーは販売されていますが、中でもフックカバーの元祖的存在である明邦化学工業のセーフティカバーはいまだにコストパフォーマンス、使いやすさなどで優れており、やっぱりこれをチョイスしてしまいますね。


↓のナチュラムの3サイズセットはめちゃ安いです!いろいろなサイズのルアーにつけたい人はおススメです!


↓こちらからどうぞ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Foxfire ハンドウォーマー

2016年12月02日 00時02分04秒 | ウェア類
 世の中には不可解なものが結構ありますが、自分にとってこのFoxfire ハンドウォーマーも意味が分からないものの1つでした(笑)防寒用の手袋なのに指先はおろか掌の部分も剥き出し!手の甲から手首にかけてしか覆われていませんwwwこんなのが防寒用のグローブとは思えないし、「馬鹿にしてんの!?」と言いたくなってしまいます。知らない人が見たら寒いのになんでこいつわざわざ大きな穴の開いた手袋しとんの!?と奇異の目で見られること請け合いでしょう(爆)

 
初めて見た時からインパクト大だったこいつwwついに入手してみた

 かなり胡散臭そうなものではありますが、確かに寒い時期にグローブをつけると竿の操作性が悪くなってしまうのでそれを我慢してグローブをするか、寒いのを我慢して素手でやるかのどちらかでした。でも防寒の程度はわかりませんが、このFoxfire ハンドウォーマーなら掌の部分が大きく空いているのでほとんど素手感覚で操作できるのは間違いありません。そこでまぁ素手でやるよりかはましか・・・程度の思いで購入してみました。

 メーカーの謳い文句としては『風や水を通さないポリウレタン加工を施したストレッチ性のあるフリース素材を採用。親指部分の表側に起毛した吸汗速乾素材を当て、汗や鼻などを拭きやすくしました。また、手首部分には小型のカイロ用ポケットを配置し、ハンドウォーマーとカイロの相乗効果でより暖かく、手のひら・指の感覚を大切にするアングラーには手放せないギアになるでしょう。』とのことです。


内側にカイロを入れるスペース付き。それなら暖かそうかな!?

 また、ティムコの方のブログには『使ってみるとわかるのですが、嘘みたいにあったかいんです、コレ・・・。一見すると指先が寒そうですが、実は人間の体というのは手首と手の甲をあたためるといつまでも温かい血液が指先まで循環し続ける。結果、指先が冷たくならないのです。冬場、手がかじかむ原因としては、寒さからくる血行不良のせいです。気温の低い状況下に陥ると、人間の体は末端部分である手足の血液の流れを弱め、生命活動に重要な、内臓を守るという本能が働きます。脳がそういう指令を出す。その活動が【かじかむ】ということに繋がるのです。このグローブはその働きをあえて阻害するように作られているわけですね♪このグローブは、人間工学に基づいた、ティムコ史上最も画期的な商品なのです!』的なことが書いてあります。

 Mサイズを購入しましたがサイズはちょうど良さそうです。実際に装着してみると確かにほぼ素手感覚で操作できるのは間違いないようです。問題の暖かさですが、こればっかりは現場で使ってみないとわかりませんが、なんか大丈夫そうな気もしてきました(笑)また後日実戦で使ったらインプレしてみたいと思います。

 
装着した感じの違和感はありません。まだめちゃ寒い中で試していないのでなんともですが、ちょっと期待しています!


↓こちらからどうぞ!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 ナマズ第54戦 やっぱし・・・

2016年12月01日 00時36分02秒 | ナマズ
近くの川 2016年11月30日(水) 18:30~19:10

天気:晴れ 気温:7℃ 水温:?℃ 風:1m 水位:減水 水色:ステイン~濁り

 本日も剣道の送りで40分間のショートタイムナマジング。当然剣道場から一番近く、ここ数回実績のあった新規の川。いつもの水門からスタートし徐々に釣り下っていくもノーバイト。リールだけはこないだメンテをしたので絶好調!めちゃ軽いフィーリングでのキャストが可能です。てか最初は回転が良すぎてバックラッシュしちゃいましたww

 で、釣りの方はあっという間に時間になってしまい、前回バイトのあった流れ込みまで辿り着けずに終了となりました。完全ノーバイトです。ちょっと消化不良ですが、40分車でスマホいじって待っているよりは有効な時間が過ごせました♪でもやっぱり日に日に気温も下がり厳しくなってきているようです。


タックルはいい感じで仕上がってます。もう少ししてナマズ釣りが終了したら全バラしてベアリング、ギアのメンテをしてやろう。

本日 ナマズ 0匹(0バイト)  2016年度 累計84匹

 ・ナマゾンC66M/G + エランPG81L + PE5号
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スミス ナマジー

2016年11月30日 00時10分49秒 | ナマズ
 先日釣りをしていて、ブッシュに引っ掛かっているスミスの『ナマジー』を拾いました。リップが1/3程折れていましたが、『プラリペア』で補修して普通に使えるようになったので一軍ボックス入りです。ナマズ釣りにおいてもウェイクベイト好きの自分的には前から気になっていたルアーのひとつなので嬉しいです♪

 
すでにナマズチューン、リップ補修済みの写真ですが

 特徴としてはジョイント式の細長いウェイクベイトであり、バド系とはまた少し違った使い方・効果があると思われ使い分けができそうです。使い方としてはただ巻きで全身をウネウネさせながら引き波を立てて泳ぎます。結構スローに引いても大きく動いてくれるので使いやすそうです。


ファットなジョイントミノー系なナマジー。一番大好きなマグナムバニーとも使い分けができそうです

 また、トゥィッチで使ってもリップ付きであること、ジョイント式であることから狭いスポットでモジモジ動かして使うにも最適なルアーでしょう。自分の行くポイントではただ巻きよりもアクションを加えてじっくり魚にルアーを見せた方が釣れる所が多いので期待しています。


この大きなリップがしっかりと水をつかみ、スローで引いてもきっちりと大きく動いてくれます

 細長くてバド程の浮力がないので水押しのパワーもそれほどではなく、ラトルが入っているとはいえかなり音も控えめなので小場所や派手な動き・音に反応が悪い時に出番がありそうです。例えば先行者が強アピールのルアーを使っていたとしたら、別次元のルアーである弱アピールの『ナマジー』なら絞りだせる可能性があるかもしれません。

比較的ローインパクトなルアーなのでハネモノ系やバグカップ系のフォローとしても良さげです

 で、恒例のチューンですがナマジーはフックを取り付けられるアイが3つも付いているのでいじりがいがあります。自分的にはこいつはフッキング率重視のセッティングにしたかったので、とりあえず小さめのトレブルフックを3つ付け絡み防止チューンを施し、一番前のアイにブレードを付けました。そして見づらく評判の悪いケミホルダーは使わず、自作の垂直ホルダー仕様としました。これで不満があれば随時手を加えていきましょう。

 
お決まりのチューンですが、自分が自信を持って投げ続けられることが何より大事だと思いますからね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エラン PG 81Lのベアリングチューン

2016年11月29日 00時37分29秒 | ロッド・リール
 まぁ、チューンなんて程のもんじゃありませんが、今更ながらスプール周りのベアリングに手を入れてみました。本来ベイトリールは買ったら使う前に真っ先にベアリングに手を入れるのですが、このエラン君はずっとノーマルのままで使われていました。大体スプールの立ち上がりの速さ、高回転を狙ってセラミックベアリングに交換することが多いのですが、手元の在庫を切らしていたので今回はオイルチューンのみにとどめました。

 と、スプールを抜いてスプールシャフトを見てびっくり!かなり水が付いていて、オイルと混ざり乳白色になっていました(・_・;)このリールを使っていて気になったのがパーミングしている手が結構濡れるな・・・と思っていましたが、構造的に水を拾いやすい構造なのか!?それともPEラインのせいでしょうか?同じラインを使っていてもダイワのSS SVの時はあまり気になりませんでしたが。

  
まずはサイドカバーとスプールに付いているベアリングを外します。
スプールベアリングはこれで外して下さい

 
小瓶にベアリングを入れて、ジッポーオイルをベアリングが浸かる位注ぎます


小瓶を音波洗浄器に入れて脱脂します
こちらを参考にして下さい


よく乾燥させてからワイズクラフト社のレボリューションBBで施工します
こちらを参考にして下さい


ついでにPEにシュッ!をラインに吹きかけてました。劇的に糸鳴りが軽減され、ラインの出し入れがスムーズになります


回転の悪かったベアリングもだいぶ使い物になりました♪
 
 結果、スプールの回転はかなり良好になりました♪あまりに回転が変わったのでブレーキ設定はやり直しですね。そしてノイズはオイルインよりも大きくなるのでそれが気になる人は粘度の低いオイルを挿したほうがほうがいいですね。自分はこの頑張ってる感じの音が大好きなのでオイルレスです。マメなメンテは欠かせませんが。こんな感じでメンテをしてみましたが、今年はもう使わないかもしれません(;^_^A


↓こちらからどうぞ!













コメント
この記事をはてなブックマークに追加