Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

アルトリウスも喉の手術へ・・・

2017-04-05 22:31:01 | 一口馬主
トップガン厩舎の3歳馬、アルトリウスが喉の
手術をすることになりそうです。
(まだ、決定ではありませんが、ほぼそうなり
そうな状況です・・・)

TOPの写真の仔がアルトリウス
(写真提供:G1TC)
父:キングカメハメハ
母:レジネッタ(母父:フレンチデピュティ)
鹿毛の3歳牡馬です。

クラブからの最新レポートによると

先週(土)・(日)と坂路コースを66秒程度で駆け上がり
ました。その際、跨がるスタッフから「ノドが気になる」
との指摘があったため、すぐに開業獣医を呼んで内視鏡
による検査を行ったところ、DDSPの症状に加えて、
ノド鳴りとの診断が出ています。今日4月5日(水)は北馬場
のダートコースを軽く乗るにとどめました。近日中にトレセン
内の診療所で詳しい検査を行った後に、手術を施す方向で考え
ています。
「じっくりと調整を続け、ここまでのところ順調にきていた
のですが、ノド鳴りの診断が出てしまいました。DDSPに
ついては、ちょっとした刺激で症状が出るものの、これは成長
とともに良くなってきます。ただ、ノド鳴りについては、手術
が適用になるぐらいのレベルです。左側の披裂軟骨が下がり、
形が非対称になってしまっていて、麻痺している様子でした。
再度検査をして、その結果を見てからの判断になりますが、
美浦TC内で手術を行うことになりそうです」(藤沢調教師)

と言うことです。

1月29日の東京で、待望の初勝利を挙げ、さあこれからと
言うタイミングでのノド鳴り発覚には、正直凹みました・・・。
ここまで順調に来ていて、そういう兆候は全くなかったので、
とにかく驚きました。
当たり前の話ですが、競走馬は生き物なので、いろいろなこと
が起こります。その度に一喜一憂することにもダンダン慣れて
ある程度の覚悟はできているつもりでしたが、やはり凹む時は
凹みます。
手術をしたことで、症状がどこまで改善されるのかは分かりま
せんが、このままではどうしようもないので、今は手術に賭ける
しかありません。

喉の手術でのアルトリウスの休養は非常に残念で厳しいですが
同期のクープデュモンドに頑張ってもらいながら復帰を待ちたい
と思います。(カラ元気&プラス思考で・・・)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイティーゴールド 喉の手... | トップ | 今週の出走 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは痛い… (萩野神威王)
2017-04-07 20:39:01
これは痛すぎですね…
もどかしい競馬が続いて、距離が短くなったとたんに勝つあたり、前から兆候があったのかもしれませんね。

かつて持ってたハーツクライも、この喉で引退しましたので悲しいです。
でもダイワメジャーみたいに克服した馬もいますので、一縷の望みに賭けたいです!
手術 (トップガン)
2017-04-07 22:39:21
萩野神威王さん、こんばんは。

ご一緒のアルトリウスが喉鳴りの手術をすることに
なりました。
今まで、喉に関するコメントは一切なかったので、
レポートを読んでビックリしました。
距離短縮で一変したところを見ると、喉の弱さは以前
からあったのかもしれません・・・。
個体差があるので、何とも言えませんが、手術が成功
して、大成した馬もいるので、今はとにかく手術が
上手くいってくれることを願うのみです。

今度の日曜日は、いよいよ桜花賞ですね。
私たちは去年、メジャーエンブレムで悔しいを思いを
しました。
萩野神威王さんの愛馬、ソウルスターリングの走りに
注目しています!

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL