TacoToma

タコとトマトが好き。
つまり食べることが好きってことです。
プラス、最近は韓国ドラマ関連も書いています。

「朝鮮ガンマン」を見始めた・・・そしてイ・ジュンギインタビュー

2017-05-12 15:12:39 | 韓国ドラマ・映画

イ・ジュンギつながりで次は「朝鮮ガンマン」に挑戦している。朝鮮王朝末期の話で、イ・ジュンギは武官の息子で武芸に優れた人物。

この前見ていた「夜を歩くソンビ」の時はアイラインばっちりで妖艶な雰囲気があったのに、こっちはわりとナチュラルなので印象が違う。

ガンマンは2014年作品、次がソンビで、さらにその次が「麗 花もゆる8人の皇子たち」と時代劇出演が続く。

その「麗」の時のインタビュー記事を、本当に本当に久しぶりに訳してみた。韓国語、忘れてるわー。

 

2016年11月のインタビュー。案外ジュンギさんのインタビュー記事は少ないんだよね。

 

きれいな容貌の俳優はあらゆる誤解と向き合う。強く打ち込まれたイメージやはりなかなか離れていない。イ・ジュンギは自身を囲んだ色々な話を努めて否定しない。率直に話せば自然に遠ざかるというのをよく知っている。

 

“20台の時にも友達が‘コンデ(先生や年長者を揶揄する隠語)’と呼びました。保守的な考え方を持ったためでしょう。その上他人に無視されたくなくてわざわざ強がったり、悩みが多そうに行動したりもしました。その時は大人っぽく見えるのが素晴らしいと思いましたよ。今は実際にコンデですよ。年齢もすでに30代半ばで。ところでこういうものまでみなそのまま書かれるんでしょう? ちょっといいように書いてくれませんか?”

 

撮影が進行されるスタジオの小さい入口の前が十人余りのファンで込み合う。 韓国語と日本語を混ぜて話す彼らはみな、イ・ジュンギの行くあとを追ってここまできた。 彼らは秩序正しく整然とバンの周辺に集まってイ・ジュンギに小さいプレゼントと挨拶をした。 イ・ジュンギに向かって先を争って走っていく人々の姿を想像したが心配する必要はなかった。 イ・ジュンギは全員に感謝の挨拶を残してスタジオに入った。 所属会社事務室や家からしつこくついてきたファンたちであるはずなのに、イ・ジュンギには彼らに向かった否定的な感情を見せなかった。 かえって彼は“スケジュール一つ一つに準備して応援するファンたちに、どうもありがとう”と話すほどだから。 そういえばイ・ジュンギは作品が終る時ごとにファンたちを集めて盛大なパーティーを開く。 “数千人のファンの前に一人で座って話をするのは非常に恥ずかしいことです。 その上対話だけすれば退屈でしょう。 お互いの話に共感できないままそのまま頭だけうなずいて時間が終わるでしょう? 皆が共に楽しむことができる時間を設けたかったです。”それで彼は歌を歌って踊る。 準備期間は1ヶ月程度. 歌の選曲、振りつけ構成、プログラムとイベントまで全部彼の手を経て決定される。 “最後の半月程度の間歌と振りつけ練習に熱中します。 人々がどのように見るのか期待が大きいです。”すでに新しい舞台が待たれるようにイ・ジュンギはウキウキと話す。

 

だが、とてもウキウキしたイ・ジュンギの表情が変わるのに長時間は必要でなかった。 ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のせいだ。 作品の話が出てくるとすぐに劇中配役であるワン・ソの悲しい目が重なるようだ。 “視聴率に対する悩みが大きいです。” 派手なキャスティング、すでに中国で大人気を享受した原作小説とドラマのおかげで製作過程から大きく話題になったことを考えれば「麗」は残念な成績になっている。 “残念です。 すべての俳優とスタッフが共に熱心に作りあげた作品だったんですよ。 皆とても苦労したのに….” 事実ドラマは視聴率とは別に放送の次の日ごとに大きい話題を集めている。 イ・ジュンギの演技は当然賛辞一色だ。 だが、彼は言い訳をしない。 “後悔はないです。 主演俳優だから視聴率が興行成績と同じなので責任感を持たなければなりません。 今はドラマを見て何が足りなかったかを探しています。”イ・ジュンギのモニタリングはドラマに終わらない。 関連記事に関するコメントまで几帳面にチェックする。 “私の作品だけでなく放送中であるドラマと封切り映画は可能な限り全部取りまとめて見ます。 人々はこの頃どんなスタイルが好きなのか、視聴率1位を記録したドラマが持っている魅力が何かそして惜しい成績をおさめた作品の原因などを分析するためですね。 より良い演技をして、次の作品選択するのに大いに役に立ちます。”

 

だが、これはデビュー13年目の俳優の自己管理ノウハウではない。 最後まで聞いてみると10年を越える長い時間の間、ありがちなスキャンダルの一度もなく過ごした秘訣が含まれている。 “家にいるのが好きです。 起きたら運動をして家に帰ってきてドラマと映画を見ます。 そうするうちに退屈ならゲームをします。 専用コンピュータを置くほどゲームが好きです。 日常がこのように退屈だと私生活を管理する必要がないんです。”クラブは20台後半以後で足を踏み入れたことがなく、会う友達は何人にもならない告白する。 “所属会社関係者、以前に共に作品を撮影した同僚俳優何人か、そうでなければ俳優活動と何の関係もない友達数人。 これがすべてです。 毎度同じ人々とだけしか会っていないので自然に私生活が知られなかったんですよ。” 数少ない友達らと親密な関係を維持しているわけでもない。 “自分が考えても私は良い友達ではありません。 現実をちょっと冷静に見ても、そんな見方は友達にとっても同じことでしょう。 称賛はもちろんお世辞も上手でありません。 友達が私に対して良い話をしてもそのまま聞くこともありません。 結局友達も同じことです。 類は友を呼ぶというでしょう(笑い).” 几帳面にファンミーティングを取りまとめる姿はどのように説明することができるだろうか? イ・ジュンギは愛情欠乏解消法だと話す。 “友達らと分かち合えなかった感情をファンたちの前で解くんです。 本物です! 友達が嫉妬するほどとですからね(笑い).”

 

固くかくされた私生活のせいで私たちはイ・ジュンギの実際の姿をあまり知らない。 美しい容貌の後にはナイスガイのように一心不乱にスタッフを指揮するリーダーシップがあって、真剣な表情がくずれると快活な性格を表わす。 イ・ジュンギはスタジオに入ってダンス曲を撮影中ずっと歌い、時には一人で踊ったりもする。 “撮影現場でもムードメーカーの役割をします。 俳優間で、もちろんスタッフとも壁を崩してこそ良い作品が出てくるためです。” 恋愛する時も同じだ。 “愛嬌が良い方です。” そういえば手が切れるおど鋭い目元が笑う時は丸く曲がる。 このような男たちはガールフレンドができれば自慢したくてこらえられないのに。 “ガールフレンドはもちろん周辺人々は本当に気が利く。 そうしたために公開恋愛は負担になります。 会う人には申し訳ないが家で多くの時間を過ごします。 おいしいものを料理して食べて、おもしろい映画を共に見ます。” いつのまにか30代半ば. もうそろそろ結婚に対しても悩まなければならない時になった。 “軍隊除隊後からずっと考えています。 だが急ぎません。” イ・ジュンギは‘会う人もないのに結婚を先に急いで考える必要があるか’あるいは‘良い人を探しています’のような明るい返事をしない。 代わりに少しあきれる理由を付ける。 “急ぐべきは他にあります。 俳優として席を占めることが優先でしょう。 単純に良い演技を見せることとは違います。 継続して人々の選択を受ける方法に対する悩みが大きいです。 これを先に解決してこそ恋愛や結婚を考えることができそうです。” 終日演技だけに悩むのが俳優の人生であってもこれはとても苛酷だ。 “そのとおりですよ。 私もこのような自分の姿が非常に苦しいです。”

 

しかし演技に対する悩みで夜を明かす俳優がなぜ最近では史劇作品だけ続けて出演したのだろうか?  似たジャンルや役割にぶらさがれば俳優としてマイナスということを分からないはずはないのに。 ぶすっとした表情のイ・ジュンギが大きく笑う。 “時代背景や役割はもちろんキャラクターが遭遇した状況がすべて違うでしょう。 作品自体とキャラクターにだけに気を遣って見たら思わず史劇だけ選んでたんです。 後日‘あ、また、史劇だな’と思いました。 事実「月の恋人」を選択する時は悩みが多かったです。 ロマンチック コメディやアクション物がしたかったんですよ。 だが、多様な人物の間でも表現できる私だけの魅力を探したかったんですよ。 「月の恋人」を通じて私が演技したワン・ソが愛されるのを見ればある程度は成功したと考えます(笑い).” イ・ジュンギの物足りなさは来年2月に封切りするハリウッド映画「バイオハザード レジデントイーブル:破滅の日」を通じてある程度解消される予定だ。 彼はすでに予告篇を通じて強烈なアクション演技を披露した。 “ハリウッド進出ではないです。 5~10分程度出てくる特別出演に過ぎません。 ハリウッド体験はとてもよかったです。”さあ、アクションは解決したのでもう残ったのはロマンチック コメディだ。 “10年以上演技をしているがまだ見せてあげたいことが沢山あります。 私の本物の姿が入った楽な役割にはまだ会えてないんですよ。 新しい日、個を出せる作品にはやく会いたいです。”

 

困難な質問を避けたり熱心に否定しようとしなかったせいであろうか? 真昼に始めた撮影とインタビューは予定された時間をとうに過ぎて終わった。 いつのまにか暗くなったスタジオの前にはファンたちが席をはずさないで彼が出てくるのを待っていた。(その上その数がさらに増えた!) イ・ジュンギが二十人近いファンたちに向かって組はなはだ入るとし手を振った。 その姿がいつもしたことのように非常に自然だった。 あたかもロマンス映画の一場面のように。

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夜を歩くソンビ」見終わる | トップ | 神戸ビーフへの疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。