TacoToma

タコとトマトが好き。
つまり食べることが好きってことです。
プラス、最近は韓国ドラマ関連も書いています。

神戸ビーフへの疑問

2017-05-19 18:04:29 | 神戸

ここ最近、神戸の元町から三宮にかけて歩くと、やたらと「神戸牛」という看板や垂れ幕が目につく。

特に海外からの旅行客を念頭においてのアピールと思われる。

ともかく、中国のサイトで「神戸」を検索すると、神戸ビーフのことが膨大に出てくるから、中国人は神戸に行ったら牛肉を食べようと思っているに違いない。

 

そこでずっと疑問に思っていたことがある。

「こんなに沢山、神戸牛の看板が出てるけど、本当に神戸ビーフを使ってるんだろうか?」

という疑問である。

よく、魚沼産コシヒカリの95%は偽物とか、ロマネ・コンチの99%は偽物と言われるが、神戸ビーフも○%が偽物なんじゃないか? ・・・と。

 

調べてみたら、神戸牛として出荷されるのは年間5000頭ということだ。そして枝肉は1頭から400㎏とれるという。大目に見積もって枝肉の中でロース、ヒレ、カルビなどステーキや焼肉に主に使われる部位が1頭あたり200㎏としてみよう。仮に一人が一食当たり200g食べるとしたら1頭から1000人分がとれることになる。出荷数が5000頭なので、のべ1000×5000=5,000,000人分もあることになる。

5百万人分というのは相当多いので、まあ、ズルをしている店があったとしても、周囲の目もうるさいことだし、看板を出している店では、本物の神戸ビーフが出てくる確率は高そうだ。ちょっと安心した。

 

ちなみに、私たちのような庶民は神戸ビーフをめったに口にできません。高いもんね。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「朝鮮ガンマン」を見始めた... | トップ | 「ビューティフル・マインド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。