Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

焼きそばブルースを聴かせてくれ

2016年12月07日 | たまには音楽でも

ザ・ローリング・ストーンズの新譜、

「ブルー&ロンサム」を聞く。

前作「ア・ビガー・バン」から11年。

ミックが73歳でキースが72歳。

チャーリー75歳。最年少のロニーが69歳。

そんなジジイたちの最新作はブルースのカバー集。

「新曲が聴きたかった」「青ベロのジャケって安易じゃね?」

といった雑音に心を惑わせていたけれど、

聞いてみたらなんともパワフルでスリリング。

ゾクゾクするような快感が全身を駆けめぐる。

 

 

それにしても、ミックのボーカルとハーモニカが圧倒的。

もちろん他のメンバーの演奏もすごいと思うのだけど、

このテンションの高さは何なんだろうというぐらいの勢いだ。

 

ブルースなんて、正直、よく知らないのだけど、

ビートルズやディラン、ザ・バンドにクラプトン、ツェッペリン。

あと、RCサクセション。憂歌団。

さらにクリント・イーストウッドのドキュメンタリーなどで

知らず知らずのうちに学んでいるというか。

でも、かろうじてブルースのことが理解できるのは、

なんといってもストーンズのおかげだと思うわけで。

 

個人的に、ブルースは仕事に疲れて焼きそばを喰らうときに

聞く音楽だと思っている。

やさぐれた心にじわじわと

しみわたってくるのがブルースというものだ。焼きそばブルース。

ストーンズのこの新譜は、じわじわというより、

ずんずんと心の中に迫ってくるのだけど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたが去ってからというもの | トップ | あなたの光を輝かせて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たまには音楽でも」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。