Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

じっと手を見る

2017年02月13日 | 日々、徒然に

谷口ジロー先生。享年69。

「事件屋稼業」「『坊っちゃん』の時代」

そして「孤独のグルメ」。

端正な筆致のなかに

醸し出てくるユーモラスなところ。

 

 

 

「『坊っちゃん』の時代」で描かれた、

修善寺での大病で、喀血する漱石。

その凄まじさ。

浅草で活動写真を見て、吉原で遊ぶ啄木。

そのエロスティズム。

鴎外と別れ、日本をあとにするエリス。

その可憐さ。

日本に帰還する船上で息絶える四迷。

そのやるせなさと美しさ。

 

マンガの力をまざまざと見せていただいた気がします。

また読み直そうと思います。合掌。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェイシズ | トップ | This is the War »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。