Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

たまらなく、銭湯

2017年05月03日 | 映画など

中野量太監督「湯を沸かすほどの熱い愛」を見る。

実は、この映画の予告編は何度も見ていた。

難病モノなのは明らかだし、

あざとく泣かせる映画なんだろうなと。

宮沢りえは達者な女優さんだから、

絶対泣いちまうんだろうなと。

でも、違った。そんな映画じゃなかった。

というか、驚いた。作り手の強固な意志というか、

メッセージがぐんぐん伝わってきて、気がついたら

思い切り堪能していたという。

 

 

盛りだくさんの映画だと思う。

末期ガンを宣告される母親。

学校でいじめを受け不登校になりそうな娘。

行方不明になっていて、帰ってきたと思ったら、

別の女との間にできた小さな娘を連れてきた父親。

その他、クルマで旅行する母と娘にヒッチハイクする青年や、

母が夫を探し出すために依頼している探偵など、

登場人物一人ひとりにドラマがあり、

それが過剰になることなく決着し、

張られた伏線も綺麗に回収される。

つまりは脚本が良くできているということだろう。

 

人が生きて死に、残された者は

しっかりと生きていかなければならないのだけど、

その意味を問いかけてくる映画というか。

だから泣けない。安易に感動などできないなあ、と。

 

あと、銭湯が出てくる映画はハズレがない。

仕事など早めに切り上げて、銭湯行こうかな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一瞬の夢 | トップ | 集中とアレ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (denkihanabi)
2017-05-13 23:50:54
見たよ。
これを見る前の晩に「永い言い訳」を見ていたので、西川美和の圧倒的な深さに対して、これは浅いなと感じてしまった。オダギリジョーのキャラと関係性としてもTVの「おかしのいえ」の方がよかったな。
とはいえ、ベタになりすぎそうな話をギリギリ魅力的に持って行く俳優の力。それを引き出す演出と脚本の力はやるなと思った。
この監督は、数年後にすごいのを撮るかもしれない。
永い言い訳 (taco)
2017-05-14 21:15:53
お涙頂戴な映画だと思い込んでいたので、
やられた感じがあったんだよな。
「永い言い訳」か。あの映画、ほとんどホラーだと
思いながら見ていた。なんか怖いんだよな。
ヒマがあったらブログに書きます。
Unknown (denkihanabi)
2017-05-14 21:36:50
西川美和は桐野夏生と並んで(映画と小説の表現ジャンルの違いはあれど)人間観察が怖い女性作家の両巨頭だと最近感じているのだが、桐野夏生が女のダークサイドを怖く描くのに対して、西川美和は男のズルイサイドを見事に描いてみせる。この人どんだけダメンズWALKERだったんだろうって、見てて思う。意外と女は守られているんだよ、この人の映画では。

コメントを投稿

映画など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。