Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

釣られまくりの人生

2016年10月08日 | 日々、徒然に

資料本を探しに書店をまわる。

お目当ての本を探していたにもかかわらず、

つい、仕事に関係のない本に目移りしてしまう。

 

 

そうだった。

アンヌ・ヴィアゼムスキーの小説が出ていたんだった。

ゴダールの二番目の妻で、

「中国女」「東風」「ワン・プラス・ワン」などの

過激で政治的な映画群のヒロインを演じた女優さんだ。

そんな彼女、今は作家として活躍していて、

今回、ゴダールとの出会いの日々を描いた

自伝的小説が翻訳されたんだった。そうだった。

書店員さんの手描きポップもまたいい感じ。

ここでかなりのシネフィルたちが

釣られて購入しているのだろうと想像する。

いかん。こんなわかりやすいポップで

釣られたらシネフィルの名折れだ。

と、変な意地を張ってしまうのは何故だろう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スモーキーなひとが | トップ | 忘却は我にあり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。