Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

ありえたかもしれない過去

2017年03月19日 | 映画など

デイミアン・チャゼル監督「ラ・ラ・ランド」を見る。

アメリカ映画において、西部劇もそうだけど、

ミュージカル映画というジャンルも

衰退して久しいというか。

そんななか、これだけ本格的なミュージカルを作り上げた、

監督を始めとする作り手たちの志(こころざし)に敬意を表したい。

それが大評判を呼んでいるところもまた微笑ましいというか。

 

 

女優志望のミアと、ジャズピアニストを夢見るセブ。

この二人が出会い、恋が芽生え、歌い、踊り、

愛を育み、夢を語り合うが、次第にすれ違っていく。

愛とその喪失。そして夢と挫折が、

切なくも流麗に描かれていく。

 

ライアン・ゴスリングとエマ・ストーン。

ほぼカット割り無しのミュージカル場面で

歌って踊る二人の役者根性が素晴らしい。

二人ともミュージカル畑の人ではないようで、

プロのダンサーや歌手では出せない味というか、

ある種のぎこちなさと言ってもいいかもしれないけど、

観客はこの二人に、限りない親近感を抱いていくだろう。

 

色彩のカラフルさに

「シェルブールの雨傘」を思い出したり、

二人のタップダンスの優雅さに、

フレッド・アステアとエレノア・パウエルの

「踊るニュウ・ヨーク」を連想したりと、

世界中のシネフィルは感涙しているに違いないけど、

それはまた別の話。

 

感涙といえばクライマックス。

人生で失敗したことの多い人、

あるいは失敗したなと思ってばかりの人には、

涙なくしては見られない展開となる。

もちろん自分も感涙してしまったわけで、

はからずも人生の失敗者であることが

露呈したのでした(←ほっとけ)。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥のなかの花 | トップ | 僕には理想がなかった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。