Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

僕には理想がなかった

2017年03月20日 | 読んでいろいろ思うところが

小林秀雄「学生との対話」(新潮文庫)を読む。

「無常ということ」なんかを

教養のためとか、受験で出るからとかいう

ヨコシマな理由で読んでいたアホな学生時代を思い出す。

本書は対話集だからとても読みやすいのだけど、

含蓄のある言葉に打ちのめされる。

アホですいませんと小林秀雄先生に謝りたい気分というか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありえたかもしれない過去 | トップ | パスタと師匠 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。