Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

一目瞭然の可愛さ

2016年12月31日 | 映画など

ハワード・ホークス監督「教授と美女」を見る。

百科事典を編集する世間知らずの男と、

アバズレ(死語)な踊り子が織りなす恋愛コメディ。

 

 

学問に関する知識は豊富だけど、

恋愛にはまったくの奥手という

役どころのクーパーは、まさに適役。

そんな彼をとりまく編集者仲間の爺さんたちが、

いちいちキャラが立っているのだけど、

みんなちっちゃくて、なんか可愛い。

そんな爺さんたちが、

バーバラ・スタンウィックと意気投合して

踊り出す場面の心地良さ。

映画を見る快感ってこういうものかと思ったりする。

 

きびきびして、堂々として、何のてらいもない演出。

それでいて無類に面白くて、

登場人物、特に女優さんの魅力的なことといったら、ない。

 

山田宏一さんは、

その著書「ハワード・ホークス映画読本」で、

 

ハワード・ホークスとは一目瞭然の映画だ。

 

と書いている。

芸術とか思想。あるいはメッセージとかイデオロギー。

そうしたものから脱却できているのが、

ハワード・ホークスの映画なのだろう。

ただの娯楽。そして快楽。それが映画だと言わんばかりの。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師匠の言葉を胸に | トップ | アレとソレの前に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。