【タックの放浪記】  思えば遠くへきたもんだ・・・     by Tack SHIMIZU

心に刻まれたその一瞬、心に響いたその一言、心が震えたその想いを徒然と書き記したい。この記憶から消え去る前に…

雑魚釣り夏合宿2017 『 沖から吹く北西の風との戦いから〜のにぎり寿司 大作戦 』

2017年08月14日 | 旅三昧!釣り三昧!


NO FISH NO LIFE!

Looks very calm sea, the scenery of which taken from our base now.

However, the Northwesterly Wind around 10km off-shore was too strong to enjoy jigging. Therefore, obliged to return back in the early afternoon... Pity


雑魚釣り夏合宿2017に行ってきた。

3日間海に出たが、どの日も午後から予想外の強風により三角波が立ち始め、とてもジギングが出来る海況ではなく撤退となったのだが、それでも楽しい釣行であった。



今回、愛船のロッドホルダーを新調した。コレでロッド22本を装備する事が出来るようになった。



今回初めて、クロシビカマスという凶暴そうな魚を釣り上げた。ネットで調べると普段は海底500メートル辺りに住み、夜になると150メートル辺りまで餌を捕食する為に上がってくるバラムツの様な魚であった。歯が鋭く噛まれたら大変な魚である。



なかなか立派なアオハタである。

今回、僕が釣り上げた魚種はクロシビカマス、アコウ、アオハタ、アヤメカサゴ、ホウボウ、ケンサキイカ、ゴマサバ、マトウダイ、エソと9魚種であった。



釣った魚を捌いて、その粗を用いワタリガニを狙ったのだが、最終日に小さなカニと何故かフグが入っていただけであった。



ゴマサバはコンロで炙って〜



土佐流タタキにしたら美味!





ゴマサバとアオハタのにぎりが炙ると美味美味!



翌日は、真鯛とアコウのにぎりが美味美味美味!



真鯛のあら煮も美味美味美味美味!



マツモト兄が釣り上げたブリでマスジが魚拓を取った。



そして3日目の今日は目津の瀬を中心に探ると潮止まりにも関わらず小物だが沢山の魚がヒットしたのであった。

そこでマスジは78センチの大鯛を釣り上げて雑魚釣り隊真鯛記録を更新させた。近いうちにマスジの記録を塗り替えしたいものだ。

深場の為に用意していたジグを次回は深場で試してみたい。

釣りロマンを求めて〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箕面高校の仲間と梅田で飲ん... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。