ちびもかの縁側

ちびモカ2猫との日々
2011年秋、むぎが加わり3にゃんとなる
2015年1月モカ、虹の橋へ
4月コタ仲間入り

朗報

2016-10-16 13:52:05 | 猫の病気
10月13日付、朝日新聞にこんな記事が。





猫が患う病気で多い腎不全。

高齢にゃんになると、腎機能低下が気がかりになる。

腎機能低下は、不可逆的に進行性。

つまり一度なると回復は難しい。維持する努力が治療のメインとなる訳で。

「偉い先生達、早く良い薬とか治療法を見つけてくれー!」と前々から思ってた。

そこに、ついに光明がっ

ざっくり言うと

なんでも、AIMという特定のタンパク質が活性化すると、腎不全を防ぐ効果があると判明。

猫の体には、AIMが多くあるのだが、いざって時に活性化してくれない。

このAIMを活性化させる事ができれば、腎不全の治療に繋がるのでは、という話。

3~4年で薬開発&実用化を目指す。とあったので、これはそう遠くない話!


ちびは現在9歳。色んな病気が気になるお年頃。

良い治療法や、お薬の開発は大歓迎なのです。

動物だって、人だって、病気になった時に

「現状維持、いや、少しでも回復の努力ができる」

これって暗闇の中の、一筋の光だなと思うのです。

モカちんが臥した時、以前のかかりつけ医にあっさりサジ投げられた経験が、そういう思いを強くさせるのかもしれない。


良い薬が1日でも早くできますように


『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変身~ | トップ | 気にしません! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。