ちびもかの縁側

ちびモカ2猫との日々
2011年秋、むぎが加わり3にゃんとなる
2015年1月モカ、虹の橋へ
4月コタ仲間入り

体格差

2017-01-25 15:45:57 | 日記
午前中、2階はあちこち日が当たり、日向ぼっこスポットは多数。

猫達が好きなように寝られるよう、ふかふかムートンは当然。その他布団やら、猫ベッドやらたくさん。

みんな場所取りでもめないよう、工夫してる・・・つもり。

お気に入りムートンで寝てたコタ。隣の布団の上で寝てたむぎに、わざわざ起きて、ちょっかいを出す。

邪魔されたむぎ。ダンナの書斎に移動。

書斎のデスク下もね、日当たりサイコー。ベッドは置いてないけど、カーペットの上で毛繕い開始。

「さてと、寝ようっと」と、落ち着く。

・・・じきに



誰かが寝てると、わざわざやって来るのです。

他猫が寝てるトコが、快適に見えるのか? はたまた一緒に寝たいのか?

いや、もしかしたら遊びたくなるのか? 理由は分からない。

そうこうしてるうちに



むぎに乗っかって、ガブガブ~

コタが家族になった当初は、向かって来られると一目散に逃げてたむぎ。

最近は、と言うと

「・・・コタ坊って、実はたいして強くない」と気がついた模様。

乗っかられても、ガブガブされても、たいして抵抗せず。しつこくされると、ようやく立ち上がって・・・




少しばかり、取っ組み合い的な雰囲気になる。けど

むぎはモフモフと分厚い毛に覆われている為、コタがガブガブとじゃれた程度じゃ、体に歯は届かない。

コタがむぎの上にどーんと乗っても、むぎが立ち上がると、途端にはじかれる。

コタ5.3キロ、むぎ6.5キロ。ぱっと見、ひと回りの体格差あるもん。当然っちゃ当然。



ひにゃーひにゃーにゃっにゃっ

あきらかに文句と思われる。

やはりオスの本能なんでしょうか? 遊びでも、負けたくない!って思うのかしらん。

ただ、昔から言うじゃないですか「弱い犬ほど、よく吠える」と。

これが本当かどうかは知らないけど、この状況

コタ、耳ぺったんこ。姿勢低くして文句ぶーぶー言ってる。

むぎ、どーんと座ったまま、無言で片手だけは構えてる。これだけで体が大きく見える。

体が大きいって、それだけで有利だもんねぇ。

しばし向き合って・・・



むぎ、何もせず勝利

コタも、わざわざちょっかい出しに行って、コレって(笑)

念の為、別に2匹の仲が険悪な訳じゃないです。

2匹で寝てる時もある。

構ってちゃんコタと、限りなくマイペースのむぎ。ただ、それだけ。


こんな風に2匹でやり合ってる時、もう一匹はどうしてるか、気になりません?(笑)

それは・・・↓







コタが、ひにゃひにゃ言い始めると、どこからともなくすっ飛んで来て、ちょっとだけ離れた所で

心配そうに見てるんです。

母のような気持ちなのかなぁ。ちびさん、世話焼きだもんね。

ま、見てるだけで、鳴いて止めたり、まして間に入って制したりしないのも、ちびらしいっす。( ̄▽ ̄)




『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリップ | トップ | ほくろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。