たちねぷたのやかた

「やってま~れ、やってま~れ~♪」

齊藤さんのこだわり。

2016年11月02日 13時38分50秒 | Weblog
みなさん、こんにちは
今日のブログはスギヤマです

早速ですが、今日は制作所に行ってみました
女性陣は色付けや紙貼り作業をしていたのですが、




奥の方では鶴谷さんと齊藤さんが何やら作業をしていました
鶴谷さんは平成29年の立佞武多「纏(まとい)」の8分の1のミニ立の骨組みの最中でした


まだ作り始めたばかりのようですが、


そばにはこちらが置いてありました

こちらは火消しさんの持っている纏なのですが、
8分の1サイズでもけっこう大きくて(1mくらいか、もう少しあったかと)、大型立佞武多の纏はどれほど巨大になるのだろうとワクワクしてしまいました


一方の齊藤さんはというと、こちらも8分の1のミニ立を制作していたのですが骨組みはずいぶん進んでいる様子。
こちらは「歌舞伎創生 出雲阿国」ですが、大型の阿国さんとはちょっと違う点があることにみなさんお気づきでしょうか??
写真が小さくてわかり辛いですが、


阿国さんの首から下げている数珠とひょうたんの紐が、


紙と針金で出来ているのではなく、リアルな素材で作られているんです




ちなみに数珠はウッドビーズを買ってきて、ビーズの順番にもこだわって作ったんだそう
さすが齊藤さん女子力高いですね~


中には針金を通しているので、ちょうどいい角度に曲げることができます


続いて、阿国さんの面の部分には大型と同じく透明アクリルが使われています
(アクリルについてはこちらのブログで詳しく取り上げています)
ミニ立にまでアクリルを使うとはこちらもすごいこだわりですね


そして、齊藤さんが「すごく明るいんだけど」と言ってライトも点けてくれました


大型と同じく白熱球、蛍光球、LEDが使われています
昼白色と電球色が場所によってうまく使い分けられていますね


こちらの細長いものがLED


左上のオレンジがかった電球色のライトもLEDです

大型もミニ立も制作者の細部へのこだわりによって、
完成した時により一層美しいねぷたになるのでしょうね
これから本格的に「纏」の制作が始まっていくかと思いますので、
またちょくちょくブログにてお伝えしていきますね~

明日は祝日ということで、
スタッフによるお囃子の実演がございます
10:10
11:10
14:10
こちらの実演時間です
皆さん、是非遊びに来てくださいね~

へばね~



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月ですよ。 | トップ | 今日は文化の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
細かいところまで (あんちゃん)
2016-11-02 20:31:57
赤いメガネのスギヤマさん、こんばんは。
製作所では齋藤さんがミニチュアのねぷた、こまごましたところまで緻密な作業お疲れさまです。
素晴らしいですね。
明日、生でじっくり見てみたいと思います。
お囃子には間に合いませんが、遊びに行きます。
お囃子、頑張って下さいね!
それでは明日、おじゃまします。へばね~。
あんちゃんさん、こんにちは(^ ^) (スギヤマ)
2016-11-03 11:53:10
齊藤さんをはじめとして、制作者のみなさんのこだわりすごいですよね!!ただ見ているだけでは気付かないようなこだわりが大型ねぷたにもたくさん隠されているのかもしれません。
今日はあいにくの雨模様ですが、あんちゃんさん気をつけて五所川原までお越しください〜!!そして、けっこう寒いので防寒対策はしっかりとしていただいた方がいいかも。
では、お待ちしております!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL