たちねぷたのやかた

「やってま~れ、やってま~れ~♪」

文ストパネルの旅~中里編~

2016年12月10日 15時44分59秒 | Weblog
こんにちは アーヤです

突然ですが、1つのものを極めるのって難しいですね
ここ数日から揚げを極めたくて、から揚げばかり作っています

アーヤの求める至高のから揚げは、中は柔らかジューシー、外はカリッとした大ぶりのから揚げです

昨日は肉を柔らかくするために塩麹につけて、表面の衣は片栗粉を多めにしてみました
結果は、下味が薄すぎてさっぱり系のから揚げとなりました
至高のメニューへの道は険しいですね


から揚げパワーで元気いっぱいのアーヤ含め、土曜日は私達スタッフによるお囃子の実演日です


ちっちゃい子率が高くてにぐにぐしてしまいますね~


そして今日の14時10分の回
スタッフやや多めでいつもより余計に叩いております






並ぶとどうしても何かの「戦隊モノ」にしか見えません

名付けて、館戦隊『茶色いジャー』


冬の津軽は寒いのでぜひ実演に参加して見てください
手拍子や掛け声で参加するだけでも体がぽっかぽかになりますよ~
茶色いジャーの今後の活躍にもご期待ください


明日11日(響会さんによるお囃子の実演があります
時間は10:10 11:10 13:10 14:10 です

実演場所は立佞武多展示室(有料)ですので、入場券をお買い求めください



そして最後に、津軽中里駅で出会った文ストの等身大スタンディの谷崎潤一郎さん宮沢賢治さんです

かなぎ元気村「かだるべぇ」にいた谷崎潤一郎さんは、12月からは中里駅にお引越ししていました
ツリーを挟んでクリスマスコラボにもなっていて素敵ですね

では今日のブログはこのへんで~ へばね~

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

松 love (^◇^)

2016年12月09日 16時29分28秒 | Weblog

こんにちは(^^)/
今日のブログ担当は和島です!!

今日は、あまり寒くなく過ごしやすい日です
立佞武多の館前の道路も、雪がとけてアスファルトが…
雪道の運転はとても緊張するので、アスファルトが見えるとホッとします ε-(´∀`*)ホッ
今シーズンも事故なく乗り切りたいものですネ

さて和島も7日に函館研修に行ってきたのですが、第2班は全員女性という事でとても賑やかな旅になりました
北海道までの新幹線の中で石川マネージャーの一言で車内は騒然…
  石川M『わ、この中で2番目にわげんだはんで』 (訳:私、この中で2番目に若いんだから)
  一同 『……んだぁー 』 (訳:そうだ―!)

……ン?ということは…
和島、3番目???
テンションも一気に急上昇です

上機嫌のまま五稜郭に到着しました
タワーからの眺めを堪能し、歴史の勉強をして奉行所へ…



まあなんて立派で素敵な『松』でしょう





松が好きな私は、松ばかり写真に撮りました


ここで松について少しウンチクを…
お城の周りには松が多いですが、昔は松をいざという時の食料にしていたそうです!
籠城戦になった時には、松の生皮を利用してオモチを作って食べたんだそうですよ
防風、防火の為だけではなかったんですね…


さて、明日は土曜日です
スタッフによるお囃子の実演があります
10:10 11:10 14:10

へばね~

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第2班も行ってきました!!

2016年12月08日 16時22分06秒 | Weblog
こんにちは、東です
早速、物産販売コーナーから新商品のお知らせです
まずは本日12月8日(木)発売のこちら
第29回 津軽弁の日 1,296円(税込)

この津軽弁の日は、
県内外の一般の方から津軽弁に関する作品を募集し、
代表の伊奈かっぺいさんをはじめとした津軽弁の猛者たちが、厳正なる審査の結果選んだ作品ばかり

詩の部、俳句の部、短歌の部、川柳の部、体験記の部があります
笑える作品だけじゃなく、心にしみる作品もあるのがまたいいんですよね~


過去のCDも販売してますので、気になる方は是非聞いてみて下さい

そしてもう一つ
せんべいのみみ 108円(税込)

優しい塩味
おせんべいのみみが食べやすい形になっていて、
やみつきになる美味しさですよ
揚げてないおせんべいのみみなので、カロリー低めですよ
おやつにいかがですか~

さてここからは昨日のブログに引き続きますが、函館方面への研修の様子をお届けします
今日は第2班の様子
北海道新幹線、はこだてライナーを乗り継ぎ、


五稜郭タワーでガイドさんのお話を聞き、お勉強


高い建物の名物と言ってもいいんでしょうか
透けている床もありました…

私は五稜郭を見るのが初めだったので、
綺麗な星型に感動してしまいました

そして五稜郭タワーの後は「箱館奉行所」
タワーからも見えるんですよ~

タワーから徒歩5、6分なので景色を楽しみながら歩いているとすぐ着きました

前日から雪が降っていたのか、雪が積もっています
今でいう合同庁舎のようなものだそうで、
とにかく大きい建物でした

第2班、箱館奉行所に興味津々
写真はないのですが、復元されたトイレにも盛り上がりましたよ~


文献資料や発掘調査などで、五稜郭内には箱館奉行所を中心として、20数棟の付属建物などがあったことが分かったそうです。
そして平成18年に復元工事が始まり、平成22年に今の「箱館奉行所」が完成しました

この後は昼食を食べ金森倉庫へ行き、お土産をたくさん買い、
北海道の美味しいものを満喫できました~

おまけ1
五稜郭が1日で全く違う景色になっていました
春は桜、秋は紅葉、春夏秋冬楽しめますね
皆さんにまとめてお届けします
12月6日(火)                                    12月7日(水)

おまけ2
新幹線、はこだてライナーの乗車券に無効印を押してもらい記念に頂くと
こんな感じの可愛い北海道マークでした
思い出になりますね

それでは今日はこの辺で、へばね~
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

海の向こう

2016年12月07日 16時35分16秒 | Weblog
海の向こうには何があるんでしょう…

という意味不明な言葉から始まる今日のブログ担当はお米大使です。

昨日から立佞武多の館スタッフの研修が始まっています。
研修では海の向こうへ行ってきました。
とは言っても決して海外ではなく、津軽海峡の向こう側。北海道函館市です。

4日間、4班に分かれた研修は第1班が昨日でした。
まず第1班の研修の様子です。

コミュニケーションスタッフからはアーヤとお米大使
物産販売、ラウンジ、事務、駐車場、製作所とそれぞれの部署から総勢9名

さあ北海道新幹線でいざ函館へ

車内ではみんなで田子町の『タッコーラ』に舌鼓
   

さすが新幹線、あっという間に新函館北斗駅に到着。


インフォメーションと通訳担当の方です。


ちゃんと紫ラインの北海道新幹線カラーの床磨きマシンと上の方にはでっかい電気ストーブ
 
のっけから見たことないもの満載でテンション上がりまくりのお米大使。

新函館北斗駅からははこだてライナーに乗って、函館駅まで向かいます。


はこだてライナー内にて、となりに座った方が話しかけてきてくださり…


地元の方だと思ってお話していたところ、岩手県から来た方。そして立佞武多の館にも来たことがある方でした。
なんと北海道で再会できるなんて感動です
わたしたちの津軽弁会話を聞いて、「やっぱりフランス語みたいね~。」とほほえんでらっしゃいました。
またぜひ館でお会いしたいものです。

そんなこんなで和やかな時間を過ごしていたらあっという間に函館駅。


次の見学先は箱館戦争の舞台となった五稜郭です。

五稜郭タワーから五稜郭を眺めます。
チケットをそれぞれ配られたんですが…みんな絵柄が違いますね。
実はチケットの種類は11種類あるんだそうです。あ~集めたい

パンチの形も星形★です

五稜郭といえばこの3人。
左:旧幕府海軍の指揮官榎本武揚 右上:五稜郭設計者武田斐三郎 右下:新選組副長土方歳三

エレベーターの中にはこの3人の辞世の句があり、とても感動…代表して土方さんの句を。
 

五稜郭ではガイドさんと一緒に見学することができましたが
その際には耳にこんなイヤホンをつけて、そこから説明を聞きます。聞き逃すこともないのでとても便利でした。


ガイドさんが見せてくれた四季折々の五稜郭の姿。
春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪。季節によってさまざまな彩り。あ~…すてきです


五稜郭の模型。大きさは東京ドーム5個分。
武田斐三郎がヨーロッパの城郭都市をヒントに設計したそうです。


函館にまつわる歴史はキーになる出来事のジオラマを使いながら説明していきます。

展示ケースの正面には英語・中国語・ハングル語と4コマ漫画で場面説明があります。

 

 
作り物とは思えないくらいの表情。当時の緊迫感が伝わってくる感じがしました。

これはなんだかわかりますか

目が不自由な方のためのもので、こちらをさわることで五稜郭やタワーの形を知っていただくものだそうです。

英語・中国語のパンフレットも準備されています。

あらゆるお客様に楽しんでいただくための工夫に驚きました

この土方さんの像が記念写真スポットと聞いたので、さっそくみんなで記念写真です。


こっそり土方さんと2ショットだと思ったら…撮られてたみたいです


この後、函館奉行所に行きましたが今回のブログが長くなってしまったのでこの辺で

おまけ
奉行所の後はお昼ごはんを食べて、その後は自由研修。
函館駅前から市電にて金森倉庫へ。

かわいいラッピング電車~
北海道のお米キャラ ゆめぞうです
このダンダラ模様のはんてんを着ているということは…土方歳三からもらった「ゆめぞう」なのかしら。
 

金森倉庫ももうクリスマス一色
 


お米大使、金森倉庫にて漢おとことなりました

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ストーブ弁当

2016年12月06日 14時25分54秒 | Weblog
こんにちは

12月からストーブ列車の運行がスタートしました
そしてストーブ列車のお供といえばスルメや酒っこがありますが、こちらも忘れちゃいけません
ストーブ弁当
ストーブ弁当は津軽鉄道株式会社さんでお買い求めいただける12月~3月の期間限定販売のお弁当です。
昨日荒木関マネージャーが頂いたとのことで、ブログ用に写真を撮らせてくれました
 
ダルマストーブのプリントされた包装紙を外すと
 
竹で編んだお弁当箱がまたなんともおしゃれ
そしてふたを開けると~
 
おもわず一言めったら!(おいしそう!)

おにぎりは若生昆布で巻いたおにぎりと、もう一種類入ってます。今回は梅でした
 
こちらのストーブ弁当はストーブ列車をイメージして造られたお弁当で
エビフライの衣のあられはつぶ雪を、
 
写真右下は里いもにゴマをまぶして石炭に見立てているんです
 
こういう細かいところもぜひご注目ください
なお、中身の内容は変わる場合がございますのであらかじめご了承ください。

ストーブ弁当のご注文方法は
・津軽鉄道本社、津軽五所川原駅、金木駅のいずれかへお電話でご注文下さい。
・ご利用3日前の注文が必要となります。
・最低2個からの予約販売となります。

詳しくはこちらから津軽鉄道株式会社
ストーブ列車に乗りながらストーブ弁当を食べて堪能してください~

今日のブログは大高でしたへばね~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新商品が入荷しました~

2016年12月05日 16時07分07秒 | Weblog
みなさん、こんにちは
今日のブログはスギヤマです

今日は物産販売コーナー花菖蒲の新商品をご紹介します
まずはこちらのストラップ

まぐろクリアラメ玉根付¥378(税込)
ストラップのひもの部分がシルバーとブラックの2色あり、
シルバーの方が人気があるそうです

勾玉型のクリアラメの中にまぐろさんがいる面白かわいいストラップです



続いて、大人気のねぶたアイマスク¥378(税込)


青鬼の新バージョンが登場
血走る眼でにらみをきかせている青鬼さん
本物のねぶた並みの迫力ですね


付けてみるとこんな感じになりますよ~
小田切さんがモデルになってくれました



そして、こちらは新商品ではないのですが、
人気のりんごジュース雫~五所川原のりんごジュース~180ml¥140(税込)

本日から今年収穫されたりんごをを使用したしぼりたてが売り場に並んでおります
美しい黄色でしぼりたてだからなのか香りもフレッシュ
ぜひお土産にいかがでしょうか?


そして、こちらも以前もご紹介したことのあるゆめひみこ¥540(税込)


新しく3本入りパッケージが登場しました
こちらのパッケージは津軽伝統のこぎん模様のハンドバック型の箱になっているので、
このままギフトとしてもご利用いただけます

ゆめひみこ3本セット¥1,720(税込)

今回ご紹介した商品、みなさんぜひお土産のご参考にしてみてください
へばね~


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中泊町博物館

2016年12月04日 16時56分42秒 | Weblog
こんにちは~ アーヤです

昨日に引き続き空は青くて、風も穏やかでした
見学中のお客様もコートやダウンで来館されたけど、館内では手にもって歩いたり、ロッカーに預けている方が多かった気がします

日曜日の今日は、 毎週恒例のお囃子団体さんによる実演日です
今日の実演担当は、五所川原ねぷた囃子保存会の皆さんです




カメラの画像データを見て思わずニヤッ

一体感がすごい 揃ってる
今日のお客様はお囃子経験者さんばかりなのでしょうか

お客様も保存会さんも一緒になってみんな一緒に「ヤッテマーレ ヤッテマーレ






さて、今日の話題は中泊町からです
総合文化センター「パルナス」内にある中泊町博物館では、現在こちらの催し物を開催中です
平成28年度 秋の企画展
「よそほひ -装ひ/粧ひ―  nacaコレクション」
2016.10.22(土)~12.18(日)



こちらの企画は、NPO法人あおもり(naca)コレクションとして開催しているもので、アフリカやアジアをはじめとする、世界各国の装飾品、実用品、布製品を約400点紹介したものです

様々な産業が工業化される前の時代の、手作業で作られた「よそおいの美」
そして各部族、民族のアイデンティティーがぎっしり詰まった見ごたえのある博物館でした

おそるおそる確認したらば、こちらの企画展は写真撮影OKだったので撮影した写真の一部を抜粋して紹介させていただきます

博物館内は
ビーズ細工
櫛(くし)・簪(かんざし)
遊牧民の帽子
木枕(ヘッドレスト)

と、ジャンル別に展示されているのですが、そのどれもが現代では失われつつあるような繊細な、緻密な作業の繰り返しによって完成した日用品だと思うと、とてもゾクゾクしてしまいました



  

 

  


インドの少数民族のペンダント 目力ありまくり

おそらく今回の企画展の目玉
ミャンマー・タイの山岳民族の女性の頭飾り




パキスタンの少数民族の、冠婚葬祭用の頭飾り


壁に展示された部族、少数民族の写真の華やかさに見入ってしまいますね




遊牧民の帽子はどれもすべて一点ものひとつひとつが意味を持った刺繍です


  

  

  

  

  


動物がモチーフのものもあるのでしょうか?いろいろ独特な帽子もありますね

刺繍がふんだんに施された布や、絞り染めの技巧が素晴らしいものなどため息しかでてきません
  





  

  

アイヌ玉と呼ばれるガラス玉で作られた日本製のアクセサリー、イタリアはヴェネチアで作られたモザイク玉のアクセサリーなど、ほぼ世界中の装飾品が網羅されていました
  

簪(かんざし)は現代でも十分に通用すると思います
カエルの形とかポップですよね


博物館の出入り口付近には、近隣の学生さんがまとめたものなのか読み応えのある資料が展示されているので、こちらも一見の価値ありです


いかがでしたか?
もし興味を持たれたら、ぜひ行ってみてくださいね~

中泊博物館
青森県中泊町中里字紅葉坂210
TEL.0173-69-1111/FAX.0173-69-1115

開館時間9:00~16:45(最終入場16:15)
休館日:毎週月曜日、毎月第4木曜日、祝日

一般)200円 高校・学生)100円 小・中学)50円


では今日のブログはこのへんで へばね~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お囃子の笛

2016年12月03日 09時02分15秒 | Weblog
今日は久しぶりにいい天気です~

やっぱり青い空を見ると無条件にいい気分になりますねなんだか元気がわいてきます。
日照時間が少なくて日光にあたらないと、気分だけでなく体調にも影響するそうです。
すすんで日光に当たらなければ

今日は土曜日、スタッフのお囃子の日です。
全部の回の写真をしますね。

1回目 10:10の回
笛:お米大使 鉦:大高さん 太鼓:新岡さん


新岡さんはもう1人でも大丈夫ですねいいぞいいぞ








2回目 11:10の回
笛:アーヤ 鉦:大高さん 太鼓:スギヤマさん






3回目 14:10の回
笛:アーヤ 鉦:小田切さん 太鼓:和島さん










大使は今…笛の奥深さに迷走中ですね。安定して演奏するのがこれほど難しいとは…。

ちなみに大使が使っている笛は
弘前市にある「福士笛店」というお店から買いました。

値段はピンからキリまで。一番安いもので2000円ちょっと、高いものだと総津軽塗で1万5千円くらいのものもあります。
もちろん大使のは一番安い2000円ちょっとのものです。

弘前ねぷた・青森ねぶた・登山囃子・下山囃子・獅子舞と5種類ありまして
1本1本手作りなので太さや穴の位置などがそれぞれ微妙に違うので音色も微妙に違ってきます。
お店には同じ種類・値段の笛でもいっぱいあって
その中から実際に吹いてみたり、穴を指で実際にふさいでみておさえ加減を試してみたりして買う笛を決めます。


大使の笛
 

やっぱり笛は奥深し…。

買う時はいいものを買っても必ずしもいい音が出るとは限らないし
「始めは何の飾りもない笛を買って、上手になったらかっこいい笛買おう
と意気込んでいましたが、あれから早何年たったろう。腕前は一向に上がらず…

かっこいい津軽塗の笛を手にするのはいつのことになるのやら…

とはいえ、スタッフ一同がんばってます
一緒にお囃子を楽しみませんか

明日は五所川原囃子保存会さんのお囃子実演です。

10:10 11:10 13:10 14:10


へばね~


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

つくね芋♪

2016年12月02日 16時06分47秒 | Weblog
こんにちは、東です

まずは展望ラウンジ春楡からお知らせです
少しお知らせが遅くなりましたが、つくね芋が入荷したということで、
春楡では昨日からこちらが始まりました~

つくね芋とろろそばセット 700円(税込)


栄養満点のつくね芋の人気メニューが今年も登場です
私も早速食べに行ってきました~


この揚げ出しつくね芋がんも
これがもうさくっふわっとろっでとっても美味しいんです


とろろも味がついているので、
おそばに入れてもご飯にかけてもどちらでもいけちゃいます
五所川原特産のつくね芋は、長芋などよりも栄養価が高い高級食材です
寒い冬はつくね芋を食べて、元気になりましょう~

そして、もう1つお知らせ
こちらも昨日からでしたが、五所川原の冬の風物詩
ストーブ列車が運行開始しております

冬の津軽に来たら、是非乗っていただきたいストーブ列車
運行は12月1日(木)~来年3月31日(金)までですが

12月中は平日2往復、土・日・祝は3往復ですので、お間違えのないようにお願い致します

12月31日(土)~来年3月31日(金)までは、毎日3往復いたします
詳しくはコチラをご覧ください津軽鉄道ホームページ

最後に
立佞武多の館、五能線全線開通80周年を盛り上げたということで感謝状を頂きました

記念に1枚

ありがとうございます
これからもスタッフ一同、頑張って行きます

さて、明日は土曜日
スタッフによるお囃子の実演がございます
10:10
11:10
14:10
皆さん是非遊びに来てくださいね~

おまけ
…どんな時でもカメラ目線を忘れない石川マネージャー

それでは今日はこの辺で、へばね~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ12月です(;´Д`A ```

2016年12月01日 16時12分06秒 | Weblog


皆さん、こんにちわ
今日のブログ担当は、和島です

いよいよ12月ですねぇ…
この前、『明けましておめでとう』を言ったばかりな気がするのは、私だけでしょうか…
充実した日々が送れたという前向きな考え方をする事にしときます

さて、12月1日は何の日か調べてみました
『映画の日』……とか色々ありましたが、私の目にとまったのは『カイロの日』です
この時期にはありがたいポカポカの相棒です
今日はそんなに寒くないけど、『カイロの日』に因んで腰にペタッ...
しゃ...灼熱デス...
これからドンドン寒くなるので、カイロの無駄使いは、今日だけにしておきます


そんな話はさておき、今日から販売の新商品を紹介します

    2017年 立佞武多カレンダー』 税込1,000円  







    五所川原特産『つくね芋』 1個 税込250円 






そして、受付カウンターにて...
    ぽち袋』  1つ 税込100円  






ぽち袋は、私も購入して少ない中身をカバーするアイテムとして活躍させたいと思います( *´艸`)


それでは、今日はこの辺で…
へばね~(^_^)/~

    
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加