立川湯屋敷 梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック10,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

えっ?「立川湯屋敷 梅の湯」が「anan」に載った?

2017-06-18 23:00:00 | 銭湯

何十年も・・・というか、生まれてこの方、ずっとここに住所がある若旦那(3年ぐらい、外に出てたけどな!)ですから、郵便物の量がハンパじゃないんです・・・郵便屋さんも笑ってるんじゃないかと思うぐらいなんですけど、若旦那はものすごく適当な人間なので、すぐに郵便物をチェックしたりなんかしない(威張れることじゃないけどな!)

おかげで、大切な郵便に気づくのが遅れるのも日常茶飯事(ダメだよね、それってダメだよね、大人としてダメダメだよね?)

おっ?なにやら大きな封筒・・・こりゃあ雑誌かな?・・・で、開けてみますと、出てきたのはなんと若旦那にはまったく縁のない超有名一流ファッション誌、あの「anan」ではないですか!

一体なぜこのようなおしゃれ雑誌が中年オヤジの元へ?・・・と、そこで思い出した・・・そういえば、少し前に掲載許可のお電話を頂いた覚えがあるぞ・・・出たがり若旦那は基本的に掲載のお願いを断ったことがないので、すっかり忘れていた!

どれどれ、一体、このような雑誌の中に、銭湯の入り込む余地などあるものか?

あったよ~~ん、銭湯OLやすこさんの「銭湯Love」のコーナーではないですか^^

紙面を出しちゃおうと思ったけど、敵はあの「anan」なので(敵じゃないでしょ?)怒られるといやなので、自分のところの情報だけにしておく^^

ちょっと、なんて素敵な紹介なんでしょうか?「美しき趣味の城」・・・これ、新しい「立川湯屋敷 梅の湯」のキャッチコピーにしたほうがいいんじゃない?

そうそう、文面にもこんな部分が・・・

わかります?えっと・・・なになに?「なかでも好きなのは・・・」に続いて「梅の湯」って単語出てますか?・・・なぬなぬ、「優しさを感じる」?・・・誰に?あっ!若旦那にってことじゃないこれ!いやぁ、描写が正確だなあ(完全に墓穴掘ってるぞ!マジで炎上する前に、その調子に乗った態度を改めろ!!)

いやぁ、真面目な話、「立川湯屋敷 梅の湯」がということでなく、銭湯がファッション誌に片隅にでも取りあげて頂けたということを本当に嬉しく思っています。現実問題として若い女性にまったく相手にされていないということもあり、今後は是非、そういう層の方に足を運んでいただける店づくりをしていかないといけないなぁと、強く思う次第であります・・・まぁ、また最後に調子に乗ったことを言いますけど、「立川湯屋敷 梅の湯」は、若い女性のお客様が大変多い銭湯ベスト10に入るんじゃないかと、なんの根拠もデータもなく若旦那は思ってますけどね(思い込みをそんなに堂々と?)

女性誌で銭湯特集が組まれるその日まで、みんなで頑張ろう!!!(誰にたいしての、どういうテンションだよ?)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また「フレームアームズガー... | トップ | 「フレームアームズガール」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-19 22:29:41
全く、その通り
SEKAI NO UMENOYU
やめてください^^ (若旦那)
2017-06-20 18:12:03
ほめ殺しはやめてください、若旦那は本気で調子に乗って死にますよ^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL