立川湯屋敷 梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック10,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

立川にまた新店 in 「喜多方ラーメン坂内」さん

2017-07-17 23:00:00 | ラーメン

3連休だからと言って、どこにも行けるはずもなく、立川の街を連日うろうろしている若旦那でございます・・・今日は駅ビルで久しぶりに革靴を買いまして、ウキウキした気分でお昼のお店を探すことに^^

そういえば、最近テレビなどで「立川マシマシ」さんの冷やし中華が話題ですよねぇ・・・ということで、ラーメン館に行ってみることに・・・えっ?なにあの人ゴミ?・・・なんとなんと、こんなのはじめて見ましたけど、建物の外にまで行列が伸びてきている・・・こりゃあ、とてもじゃないけど、今日は無理だ!絶対に、あの冷やし中華のせいだよ!近いうちに食べたいと思ってたけど、こうなるとなかなか機会がないかもしれない、参ったな!

さて、ではどうしようか・・・あっ、そうだよ、思い出したぞ!ガードあがったところにお店がオープンしたってチラシが入ってたんだ・・・アソコ、行ってみよう^^・・・で、やってきたのがこちら!

6月の末にオープンしたばかりの「喜多方ラーメン 坂内」さん・・・さすがにお昼時、行列ってほどではないけれど、お店には入りきれず一瞬待ちまして、相席で着席^^

色々と悩んだ結果、注文したのはこちら!

「喜多方わんたんラーメン 炙り焼豚ご飯セット(1130円)」

さて、ではいただきましょう!・・・スープこちらの自慢であります「透明豚骨スープ」なんですけど、豚骨なのに透明ってどういうことなの?若旦那のバカ舌では、いくら飲んでもこれが豚骨だなんて信じられない^^

まったくの透明というわけではなく、少し醤油色なものだから、余計に豚骨感がない、とっても飲みやすいし、臭みもまったくない、塩ラーメンみたいと言えば、そんな気もするぐらいだ^^

麺は平打ち、ちょい太目で縮れてるこれまた透明感のあるのど越しのいいタイプ・・・この点でも、豚骨ラーメンというより塩ラーメンみたいな感じだけど、とにかく食べやすいんだよなあ、毎日食べられるラーメンというキャッチコピーがどこかに書いてあったけど、まさにそれだ!

そして一番の売りである、焼豚は薄切りのバラ肉で焼豚というよりは・・・いや、なんていっていいかわからないけどつまりはそのままバラ肉だよね・・・薄いんだけど、しっかりと肉の味がして、トロトロとあるんだけど、実際は最近のトロトロ焼豚ほどではなくて、むしろ、しっかりと肉感が残っていて、食べごたえがある・・・焼豚ラーメンだと1ダースくらいは乗ってるんだけど、多分、それでも問題なくいただける!

そして、今回チョイスしましたわんたん・・・わんたん好きなんですよ、いや、わんたんの皮が好きなんで、むしろ、ちょっとだけ入ってるお肉?あれいりませんな!

えっ?焼豚ごはん?そうですね、美味しいのは間違いないんだけど、正直、もう少しタレが欲しいかなあ、若旦那は味が濃いのが好きなので~~~、せっかく豚は香ばしいんで、ネギも増量してくれてもいいかも^^

えっ?玉子?そうですね、最近、こういうしっかりとした茹で玉子ってまず見ないから懐かしい気持ちになりますね^^

客層も若い人からご年配まで、まさに誰でも美味しくいただける一杯でした。ごちそうさまです。

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いわし三昧ってサイコ~~ i... | トップ | 博多の天ぷら? in 「天ぷ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL