たっちゃんのフォトブラリー(*^ω^*)

たっちゃんのフォトギャラリー たっちゃんのフォトブログー
タイトルは何でも良かった。 まっ、暇つぶし・・・。

西谷の森公園

2017-11-27 17:05:30 | 山・ハイキング
 1日中家に居てもしゃーないので、近場の西谷の森公園(宝塚市)に行く。(2017年11月26日)
ここはチョウやトンボ、山野草撮りで、お世話になっている場所だが、この時期これと云って撮るべきものは無い。
よって久しぶりに、公園内の最高ポイント(標高350mほど)まで登る事とする。
本日歩いた距離は寄り道も含めて4.5kmほど、高低差は約110mだった。

最高ポイントからの展望~ 南東方向。



西方向



羽束山の左にある、ちんこいのが有馬富士。





矢印の約7km先に、鳥撮りで“よく行く公園”がある。



この時期これと云って撮るべきものも無い





リンドウまだ咲いていた



紺色のこの小さな甲虫は?・・・ あとで調べたら、ヨモギハムシと呼ばれる虫だった。



ミコシグサ(神輿草)なる植物を、最近ネットで見た。
ミコシグサ? 聞いたこと無いぞ。
それはゲンノショウコの別名で、種が弾けた後の姿の事だった。
で、これがミコシグサ(神輿草)。

この記事をはてなブックマークに追加

上山高原

2017-06-01 06:15:45 | 山・ハイキング
  大昔には毎年海水浴で行ってた新温泉町。
そして趣味としての滝巡りを始めた頃には、滝見でちょこちょこ行ってた新温泉町。
そんな新温泉町に久しぶりに行く。(2017年5月30日)
今回の目的は、一度行ってみたかった上山高原だった。

国道9号線から離脱して262号線に入ると、すぐに “おもしろ昆虫化石館” がある。
おもしろ昆虫化石館を過ぎて右折し、くにゃくにゃ道に入るとやがて海上の集落がある。

7年前に来た時には、こんなの無かったぞー。 海上集落に食堂が出来た!



海上集落を過ぎて行くと 布滝とかシワガラの滝など、滝の標識が幾つかある。
最後に茂平谷滝の標識を過ぎてしばらく行くと、見晴らしのよい所に出た。



それからどんどん行くと上山高原に到着。 そしてここに駐車する。



駐車場近くにあったテーブルで昼食にする。(日傘差しながら飯食ってるのはヨメハン)



食事してから更に先へ進むと、“ショウブ池” の標識の向こうに池が見えた。



林道の残雪



何の目的だか分からない広い草原。





やがて突き当りの丁字路に到着。
山登りでもしているのだろうか? そこには数台の車が駐車していた。



看板を見ると、ここは “水とのふれあい広場” であるらしい。



広場には高さ2mほどの人工滝があった。



これより先へ行くと鳥取まで行ってしまうので(もう鳥取だが)、ここで引き返し三角点を踏む事にする。

上山三角点登り口



ここから250m歩くのがしんどかった。(高低差 約50m)



上山三角点は360度見晴らしの山だった。







あわよくばイヌワシとかクマタカに出合いたかったのだが、それは無かった。
撮り損ねた鳥は、飛んで来て止まった2羽のカッコウ。(停車したら逃げた× カッコウと鳴いてた)

この記事をはてなブックマークに追加

西谷の森公園

2016-11-13 07:39:49 | 山・ハイキング
 昨日は天気まる晴れなれど、これと云って行く所も無い。
家に居るのはもったいないので、運動のため宝塚西谷の森公園に行く。
標高350mの展望台(黒岩)まで上がって、それからウロウロすれば私にとっては良い運動。

朝日の雑木林を歩く



展望台からの北望は、大船山(左奥)と竜王山(右手前)



北東方向は布見ヶ岳(左手前)と羽束山(右端)、そして向こうの小さいのが有馬富士。



有馬富士を望遠で撮るとこうなる



オオアオイトトンボはまだまだ元気



キトンボなど赤とんぼ類もまだまだ元気







咲き残りのツリガネニンジン



咲き残りのセンブリ



まだ沢山咲いていたヤマラッキョウ



今が盛りとばかりにリンドウが



 ・・・《終わり》。

この記事をはてなブックマークに追加

西谷の森公園ハイキング

2016-02-06 18:45:24 | 山・ハイキング
 どうせ行く所もないし・・・×
今日は暇つぶしと健康のため、西谷の森公園(宝塚市)で一人ハイキングだった。

出発点は農舎の見える、この駐車場。



途中は省略して、展望台(黒岩:標高約350m)に到着する。
でそこからの展望は~ 羽束山(左)から大船山。



角度を変えて、中央付近の小さな凸は有馬富士。



むこうに見えるは六甲山地(むこう山地?)



出発点近くの農舎が見える。



保与谷池



そ れ か ら・・・ 景観保護の意味からも、手すり用ロープ不要の “馬の背”。



馬の背から見た古宝山



峠の東屋で、先程通った展望台(黒岩:標高約350m)を仰ぎ見る。



峠の東屋で昼飯食ってたら~~
何と目の前の木立に、アオゲラちゃんが止まったではあーりませんか!
「逃げるなよ」と念じつつ、リュックからおごそかに鳥レンズ付きカメラを出して (^_-)☆



それから歩き始めて、コバノミツバツツジの開花を確認。



暇つぶしと健康のためのハイキングも、そろそろ終焉。



上から見えてた保与谷池に到着。



あとはつまらない車道を歩いて、駐車場所へ・・・。



寄り道も含めて徒歩およそ3.7km、高低差100m余り。
昼食時間も含めて、1時間20分のお手軽ハイキングでした。

(これが夏だったらシンドイぞ!) ・・・【完】





この記事をはてなブックマークに追加

雌岡山(めっこ山)

2014-07-26 12:10:47 | 山・ハイキング
 本日の12時の庭の寒暖計は、気温35℃である。
こんな暑い日には、自宅でじっとしてるのが無難だろう。
自宅缶詰の暇つぶしで、先日に行った雌岡山をアップする事にした。

そもそもの 出かけた目的は、ここで『うどん』を食べる事だった。
以前にたまたまここで食べたら、カツオの効いたうどん出汁が美味かった。
その味が忘れられなくて・・・ (2014年7月24日:三木市~神戸市西区)



さて うどんを食べてから、どうするか?
近くにはわりと有名な、雄岡山(おっこ山・241.2m)と、雌岡山(めっこ山・249m)がある。
それらは神出富士(または播磨富士)とも呼ばれる山で、まだ登った事は無い。
徒歩で登る雄岡山はパスして、車で上がれる雌岡山にした。
頂上には木陰があって、そこのベンチからの眺めが良かった。



左端に雄岡山が見える。



山が低いわりには、意外と涼しいのである。
最近の中国の影響とかで、空気が濁っているのだろう。
近くにあるはずの明石海峡大橋は、霞んで見えた。



頂上には神出神社(かんで神社)がある。



頂上近くの梢には、アカネトンボが止まっていた。
撮った写真を拡大したら、ネキトンボ(♀)のようである。
秋になったらこれらの赤トンボは、産卵のため里の水辺に集まるんでしょうね。



Pから頂上まで、往復約200mのハイキングでした。 ・・・終わり

この記事をはてなブックマークに追加