たっちゃんのフォトブラリー(*^ω^*)

たっちゃんのフォトギャラリー たっちゃんのフォトブログー
タイトルは何でも良かった。 まっ、暇つぶし・・・。

岩屋観音

2017-03-21 09:26:56 | 神社仏閣
 歩いてまで行く気はなかったが、比較的最近になってから車道が出来た。
そのうち行こうと思っていたが、忘れていたので今頃になってしまった。(2017年3月19日)

岩屋観音は、鷲原寺(朝来市岩津)の奥の院である。
集落の最奥ある鷲原寺(わしはらじ)は、法道仙人開基のお寺。



直進すれば岩津不動滝で、岩屋観音は左の車道に入る。



この場にしては良すぎる車道だ。(車があった方が道路の状況が理解し易いだろう)
このように車道の大半が、普通車クラスなら行き違い可能である。



岩屋観音は左の岩の付け根辺りにある。



鷲原寺の名と関係があるのか? 岩の上で鷲が羽を休めているとの事。
云われれば、鷲に見えなくもない。



駐車場に到着





駐車場から5分も歩かないうちに、観音堂に到着。



観音堂の中の岩屋(画像では右の岩)に、15体の石仏が安置されている。
石仏のご開帳は毎月18日の午前中。 じつは昨日がその日だったのだが・・・
別に石仏に興味がない訳ではないんだが、混雑するのは嫌なので翌日の訪問にした。
お蔭で、人だ~~れもいませんでした。







試しに扉を開いてみようと思ったが、やはり中から鍵がかかってた。



岩の面にピッタリ合うように、壁板が加工されている。



ガラス越しに15体の石仏のレプリカがあった。
ご本尊の千手観音を中心とする石仏群である。





“道の駅あさご”で、今が旬の岩津ネギを買って帰った。



この記事をはてなブックマークに追加

キジ

2017-03-20 16:20:00 | 
 初トンボを求めて散策に出かけるが、結果スカだった。×

キジがいたので車窓から撮る。(我がフィールドにて)



ファインダー覗いてから気が付いたが、♂の傍に♀もいた。



以後♀をストーカー





 ストーカーするもむなしく、これで終わり。×

この記事をはてなブックマークに追加

トンボ探しの結果は・・・?

2017-03-18 17:40:10 | 
 今年の初トンボを求めて、我がフィールドを散策する。
例えばオツネントンボとか・・・・

オツネントンボ (今から4年前の明日に撮影したもの。)



・ ・ ・結局トンボはいなくて、カメラしたのは鳥のクサシギだけだった。×







飛んでるクサシギは、尾羽のほぼ全体が白く見える。



それに対し 似た鳥のイソシギは、飛んでる時の尾羽で白いのは、縁の部分だけ。(以前の写真)



ついでにクサシギの側面の写真。(以前の写真)



それからイソシギの側面の写真。(以前の写真)



表題から外れてしまって・・・
“よく分かる! クサシギとイソシギの違いはどこだ?” の学習図鑑になってしまった。

この記事をはてなブックマークに追加

あっ 鳥だ!

2017-03-16 08:12:10 | 
  ・ ・ ・ ・ ・アトリだあ~。 (いつもの公園にて 2017年3月14日)












すっかり人馴れした、いつものジョウビタキ君。

この記事をはてなブックマークに追加

何かとドライブ丹後方面・・・

2017-03-14 18:48:33 | グルメ
 久し振りに火水風(ひみか)で新鮮魚貝類でも購入したいし、滝にも行ってみたい。
そして花も愛でたいし、何かと色々である・・・。
そんなことで、何かとドライブ丹後方面。(2017年3月13日)

まずは小町公園・・・
京丹後市大宮町五十河(いかが)に、小町公園なるものがあるのは知らなんだ。







イベント広場



展望台からは、五十河集落が一望できる。



小町公園の近くにある妙性寺は、小町のお寺とも呼ばれる。





五十河は、小野小町がお亡くなりになられた地のようです。

それから花などを愛でに・・・ Mさんに教えていただいた場所に、フクジュソウ探しに行く。
これが(↓)教えていただいた、フクジュソウの場所と思うのだが・・・?
時季尚早で、周囲は雪に埋もれていた。×



その近くで、一株のフクジュソウを発見!



でもこれでは面白くない! で、横にあった雪を利用する。
雪割りフクジュソウ完成~ 力作です。(*^ω^*)



それから産直市場・火水風ひみか(久美浜町)で、魚貝類とか野菜を購入する。



確かこの時期は、カキ(牡蠣)の季節のはず!
昼食は久しぶりに “みつなべ” で、カキでも食べよう。



2人で焼カキ一人前を注文する。
久美浜湾産の大きなカキが6個で800円とは、リーズナブル。(美味しゅうございました)



それと、おまかせ定食。



ついでに滝2本を拝む。
その1. 安養寺滝不動



その2. 久しぶりの清竜の滝



家の夕食のメインディッシュは、火水風で購入したチヌを塩焼きにする。
34cmの新鮮なチヌ(400円)は、リーズナブルで美味しゅうございました。



  ・・・終わり。

この記事をはてなブックマークに追加